sports

グループEのスケジュールについて

この記事を共有する

(jp) =

元チャンピオンのスペインとドイツで構成されるグループ E は、FIFA ワールド カップ 2022 で紙上で最もタフなチームの 1 つと思われます。コスタリカと日本は、グループの残りの 2 つのチームです。

グループ E の開幕戦で、2014 年のワールドカップ優勝国であるドイツは、11 月 23 日にハリファ国際スタジアムで日本と対戦します。 グループ E の 2 回目の対戦では、2010 年ワールド カップ チャンピオンのスペインが、同じ日にドーハのアル トゥママ スタジアムでコスタリカと対戦します。

グループ E スケジュール:

11月23日

ドイツ対日本-ハリファ国際スタジアム-午後6時30分IST

スペイン vs コスタライス – アル トゥママ スタジアム – 午後 9 時 30 分 (IST)

11月27日

日本 vs コスタ ライス – アル ライヤーン スタジアム – 午後 3 時 30 分(IST)

また読む: FIFA ワールド カップ 2022 グループ H の分析と予測: ガーナがウルグアイの再戦を手渡したときのポルトガルの目の歴史、韓国は春のサプライズ

11月28日

スペイン vs ドイツ – アル バイト スタジアム – 午前 12 時 30 分 IST

12月2日

日本対スペイン – ハリファ国際スタジアム – 午前 12:30 IST

コスタリカ vs ドイツ – アル バイト スタジアム – 午前 12:30 IST

ドイツ代表:

GK- マヌエル・ノイアー (バイエルン・ミュンヘン)、マルク・アンドレ・テア・シュテーゲン (バルセロナ)、ケビン・トラップ (アイントラハト・フランクフルト)

ディフェンダー – マティアス・ギンター (フライブルク)、アントニオ・リューディガー (レアル・マドリー)、ニクラス・ズーレ (ボルシア・ドルトムント)、ニコ・シュロッターベック (ボルシア・ドルトムント)、ティロ・ケーラー (ウェストハム・ユナイテッド)、ダビド・ラウム (RB ライプツィヒ)、ルーカス・クロスターマン、アーメル・ベラ・コチャップ(サウサンプトン)、クリスティアン・ギュンター(フライブルク)

ミッドフィールダー – イルカイ・ギュンドアン (マンチェスター・シティ)、ヨナス・ホフマン (ボルシア・メンヒェングラートバッハ)、レオン・ゴレツカ、セルジュ・ニャブリ、リロイ・サネ、ジャマル・ムシアラ、ヨシュア・キミッヒ、トーマス・ミューラー (すべてバイエルン・ミュンヘン)、ジュリアン・ブラント (ボルシア・ドルトムント)、マリオ・ゲッツェ (アイントラハト)フランクフルト)

フォワード – カイ ハフェルツ (チェルシー FC)、ユスファ モウココ (ボルシア ドルトムント)、ニクラス フルクルグ (ヴェルダー ブレーメン)、カリム アディエミ (ボルシア ドルトムント)

コーチ – ハンジ・フリック

スペイン代表:

GK: ウナイ シモン (アスレティック クラブ)、ロバート サンチェス (ブライトン & ホーヴ アルビオン)、デビッド ラヤ (ブレントフォード FC)

DF-セサル・アスピリクエタ(チェルシーFC)、ダニ・カルバハル(レアル・マドリー)、エリック・ガルシア(FCバルセロナ)、ウーゴ・ギジャモン(バレンシアCF)、パウ・トーレス(ビジャレアルCF)、アイメリク・ラポルテ(マンチェスター・シティ)、ジョルディ・アルバ(FCバルセロナ) 、ホセ・ガヤ(バレンシアCF)

ミッドフィールダー – セルヒオ・ブスケツ (FC バルセロナ)、ロドリ・エルナンデス (マンチェスター・シティ)、ガビ (FC バルセロナ)、カルロス・ソレール (パリ・サンジェルマン)、マルコス・ジョレンテ (アトレティコ・デ・マドリード)、ペドリ・ゴンサレス (FC バルセロナ)、コケ・レスレシオン (アトレティコ・デ・マドリー)マドリッド)

フォワード – フェラン トーレス (FC バルセロナ)、ニコ ウィリアムズ (アスレティック クラブ)、エレミ ピノ (ビジャレアル CF)、アルバロ モラタ (アトレティコ デ マドリード)、マルコ アセンシオ (レアル マドリード)、パブロ サラビア (パリ サンジェルマン)、ダニ オルモ (RB)ライプツィヒ)、アンス・ファティ (FCバルセロナ)

監督 – ルイス・エンリケ

日本代表:

GK – 川島英治 (ストラスブール)、権田修一 (清水エスパルス)、ダニエル・シュミット (シント・トロイデン)

守備陣 – 長友佑都 (東京)、吉田麻也 (シャルケ 04)、酒井宏樹 (浦和レッドダイヤモンズ)、谷口翔吾 (川崎フロンターレ)、山根美希 (川崎フロンターレ)、板倉航 (ボルシア・メンヒェングラートバッハ)、冨安健大 (アーセナル)、伊藤宏樹(シュトゥットガルト)

ミッドフィールダー – 柴崎岳 (レガネス)、遠藤航 (シュツットガルト)、伊藤潤也 (ランス)、南野拓実 (モナコ)、森田秀将 (スポルティング CP)、鎌田大地 (アイントラハト・フランクフルト)、相馬勇樹 (名古屋グランパス)、三苫薫 (ブライトン&ホーヴ・アルビオン)、堂安律(フライブルク)、田中蒼(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)、久保建英(レアル・ソシエダ)

FWは浅野琢磨(ボーフム)、前田大善(セルティック)、上田綾瀬(セルクル・ブルッヘ)、町野周人(湘南ベルマーレ)。

コーチ – 森保肇

また読む: FIFA ワールド カップ 2022 グループ H の分析と予測: ガーナがウルグアイの再戦を手渡したときのポルトガルの目の歴史、韓国は春のサプライズ

コスタリカ代表

ゴールキーパー – ケイラー・ナバス (パリ・サンジェルマン)、エステバン・アルバラード (ヘレディアーノ)、パトリック・セケイラ (CD ルーゴ)

ディフェンダー – フランシスコ カルボ (コンヤスポル)、フアン パブロ バルガス (ミロナリオス FC)、ケンドール ワストン (サプリッサ)、オスカー ドゥアルテ (アルウェダ)、ダニエル チャコン (コロラド ラピッズ)、キーシャー フラー (ヘレディアーノ)、カルロス マルティネス (サン カルロス)、ブライアン・オビエド (レアル・ソルトレイク)、ロナルド・マタリタ (シンシナティ)

ミッドフィールダー – エリツィン・テヘダ (ヘレディアーノ)、セルソ・ボルヘス (アラフエレンセ)、ユスティン・サラス (サプリッサ)、ローン・ウィルソン (グレシア)、ゲルソン・トーレス (ヘレディアーノ)、ダグラス・ロペス (ヘレディアーノ)、ジュイソン・ベネット (サンダーランド)、アルバロ・サモラ (サプリッサ)、アンソニーヘルナンデス (プンタレナス FC)、ブランドン アギレラ (ノッティンガム フォレスト)、ブライアン ルイス (アラフエレンセ)

FW:ジョエル・キャンベル(レオン)、アンソニー・コントレラス(ヘレディアーノ)、ヨハン・ベネガス(アラフエレンセ)

監督 – ルイス・フェルナンド・スアレス

ここですべての最新のスポーツニュースを読む

Tags: , , , , ,
飛ぶ史上最大の捕食者であるアズダルコに会いましょう
ハティンはVリーグ残留
飛ぶ史上最大の捕食者であるアズダルコに会いましょう
犬はどんぐりを食べてもいい? 彼らは実際に有毒ですか?

最新ニュース

ほくろの意味

ホロスコープ

ペットカテゴリー

ワールドシネマ

あなたも好きかも