ペットカテゴリー

犬にトレーニングカラーを使用する必要があるのはいつですか? -フミペット

この記事を共有する

犬にトレーニングカラーを使用する必要があるのはいつですか? -フミペット

犬にトレーニングカラーを使用する必要があるのはいつですか?

避難所からの愛らしい小さな子犬のように、家族の新しいメンバーを家に連れて帰るとき、次の仕事はあなたの地元のペットショップへの訪問であるべきです。 他のみんなと同じように、あなたの新しい毛皮の赤ちゃんはいくつかの必需品を必要とします:フードボウル、ドッグフード、犬のシャンプー、おもちゃなど。 しかし、あなたは疑問に思います:あなたの小さな友達にトレーニングカラーを買うのは時期尚早ですか?

トレーニングカラーとは何ですか?

首輪はあなたの犬のためのトレーニングツールと学習体験ですが、それが適切に使用された場合に限ります。 適切なトレーニング用首輪は、特に頑固な犬を飼っている場合に、犬と一緒に散歩する1日を楽しむのに役立ちます。

トレーニングカラーの適切な使用

正しく使用する方法がわからない場合、トレーニングカラーは役に立ちません。 あなたの犬にそれを置く前に、その適切な使用法を知っていることを確認してください。 典型的なエラーは、襟をきつく締めすぎることです。 正しくフィットするように、犬と首輪の間に2本の指を挿入します。

トレーニングカラーの使用を開始するタイミング

専門家によると、彼らがまだ若いうちにあなたの犬にトレーニングカラーを使い始めるのが理想的です。 これは、犬も犬の着用に慣れるのに時間がかかるためです。 首輪を初めて首に巻いたとき、犬の同伴者が快適に歩き、それに慣れることは期待できません。

犬の訓練は、犬を家に持ち帰った後すぐに開始する必要があります。 しかし、トレーニング用首輪を使い始めるのに「十分な年齢」であるかどうかを尋ねる場合、すべての犬に適用される一般的な規則はありません。 それぞれの犬はユニークであり、首輪の訓練に関する決定は、個々の成長、発達、および状態に依存します。 一部の子犬は生後約14〜15週でこのトレーニングの準備ができていますが、他の子犬は通常生後約6か月で始まります。

首輪のトレーニングを開始するためのもう1つの信頼できる兆候は、犬が座る、とどまる、転がるなどの簡単なコマンドを理解し始めたときです。 したがって、あなたは彼らがあなたが彼らに求めていることを理解していることを知るでしょう、そして彼らはどんな否定的な行動と「ショック」の間の相互関係を伝えることができます。

適切な襟の選択

正しい首輪を選ぶことはあなたとあなたの犬にとって非常に重要です。 使用される最も一般的な首輪は、フラットカラー、ヘッドカラー、犬用ハーネス、およびマーチンゲールカラーです。

一部の犬は他の犬よりも早く学習しますが、頑固で絶望的な犬もいます。 犬の飼い主は、頑固な犬を屋外で安全に行動させるために、電子首輪の略である電子首輪をますます検討しています。 市場には頑固な犬のための良質の犬の訓練用首輪があります。 あなたの犬のニーズを満たす首輪を選択してください。

幼い頃にトレーニングカラーに快適にフィットするのに十分な大きさの大型犬を飼っているが、頭が強い場合は、トレーニングツールにe-collarを追加して、トレーニングを開始する場合よりも早くトレーニングを開始できます。穏やかで静かな犬。

より臆病な子犬は、屋外を探索し、さまざまな前向きな経験に遭遇することを奨励するために、飼い主からの特別な注意と注意を必要とします。 これは、コントロールに集中するのが早すぎて、子犬に混乱や躊躇を引き起こす可能性があるよりも望ましいでしょう。

トレーニングカラーを使用するかどうかに関する重要な考慮事項

トレーニングカラーの使用を決定する際の最も重要な要素は、ペットの親およびトレーナーとしてのデバイスの理解と、これらのデバイスおよび犬のトレーニングにどれだけの時間とお金を投資するかです。

あなたが首輪を適切に使用する方法を理解することができる忍耐強い個人であるか、または彼または彼女の犬の訓練スキルに自信がある人である限り、それは重要です。

あなたとあなたの犬の両方が準備されている場合は、作品を撮影し、首輪のトレーニングを開始します。 しかし、それを楽にすることを忘れないでください。 首輪のトレーニングは犬に感覚に適切に対応する方法を教えるので、一度に小さなステップが不可欠です。 あなたはあなたの犬を圧倒したくないでしょう。

あなたの犬のニーズに焦点を当てる

あなたの犬の年齢に照らして異なるのは、あなたがトレーニングセッションにどれだけの仕事をすることができるか、そして彼らが学ぶのにどれくらいの時間がかかるかです。 トレーニングを開始する前に、犬の能力、制限、能力に焦点を当てて認識してください。

各コマンドにうまく応答したことに対して、犬に報酬を与えることを躊躇しないでください。 犬に与える可能性のある危険に注意し、トレーニングセッションを短くしてください。

あなたは犬の心理的忍耐力を高めますが、それは物事が正しく行われた場合に限られます。 軽罪または不服従のためにあなたの犬を罰する方法として首輪を使用しようとしないでください。 何よりも、あなたは思いやりのある責任あるトレーナーであり、時間とエネルギーを投資しないでください。 ただ 犬ですが 最愛の人。 ことわざにあるように、「タンゴには2つかかります」。

犬にトレーニングカラーを使用する必要があるのはいつですか? -フミペット

あなたが見るべき有用な記事

  1. テルシオペロヘビアメリカ大陸のミニ水族館で最も危険なヘビ
  2. 60年後に発見されたトウブインディゴヘビミニ水族館
  3. 侵入種が環境に危険な理由ミニ水族館
  4. オオカミは危険ですか
  5. あなたがミニ水族館を知らなかったキングコブラについての8つの事実
  6. ゴキブリは有毒ですか、ゴキブリは危険ですか
10の信じられないほどのユキヒョウの事実
ラット対オポッサム:違いは何ですか?

最新ニュース

ほくろの意味

ホロスコープ

ペットカテゴリー

ワールドシネマ

あなたも好きかも