ニュース

妊娠中にCOVIDの予防接種を受けた母親は、乳児がCOVID-19で入院するリスクを減らす可能性があります

Booking.com

( oneechanblog ) – 疾病管理予防センター(CDC)による新しい研究によると、妊娠中にCOVID-19のワクチン接種を受けた母親から生まれた赤ちゃんは、ウイルスによる入院のリスクが低くなります。

報告によると、この研究では、母親が2回接種のCOVID-19ワクチンを接種した場合、生後6か月未満の乳児が入院する可能性が61%低いことがわかりました。

CDCは、妊娠しようとしている、妊娠している、または授乳中の女性は、ワクチン接種を受けた母親がウイルスに対する免疫保護を引き継ぐ可能性があることを発見した後、ワクチン接種を受けることを推奨したと報告書は述べています。

魅力的な人々はより良​​い免疫システムを持っています、研究は言います

妊娠中の女性から採血する看護師

「CDCの研究により、妊娠中の母親に対するCOVIDワクチン接種の追加の利点が再確認されました。生後6か月までの新生児の保護です」とノースウェルヘルスのOb / Gynサービスのシニアバイスプレジデント兼エグゼクティブディレクターであるマイケルニマロフ博士は述べています。ニューヨーク。 彼は研究の一部ではありませんでした。

CDCの報告によると、研究者は2021年7月から2022年1月まで17州の20の異なる小児病院で6か月未満の379人の新生児を調査しました。CDCによると、COVID-19で入院した176人の乳児の84%が生まれました。ワクチンを受けなかった母親に。

この研究はまた、集中治療室に入院したCOVID-19の乳児の88%がワクチン未接種の母親から生まれたことにも注目しています。 研究中に死亡した1人の乳児の母親はワクチン接種を受けていなかったと報告書の著者は述べています。

食品医薬品局は、5歳未満の子供に対するCOVID-19ワクチン接種を許可していません。

これは、急性呼吸不全などのCOVID-19感染による生命を脅かす合併症のリスクがあると公衆衛生機関が述べた、生後6か月未満の乳児に潜在的な問題を提示します。

重度の重大なCOVID-19がビタミンD欠乏症の可能性が高い症例:研究

ルリー小児病院のレジスタードナースであるキャロリン・レイルは、2021年11月5日にシカゴでファイザーCOVID-19ワクチンの接種を準備します。

「妊娠中のCOVIDワクチン接種は、妊娠中の安全性と、母親と発達中の子供の両方に対する症候性COVID感染のリスクの増加の両方から、しばらくの間推奨されてきました」と、Ob / Gyn部門の会長でもあるNimaroffはニューヨーク州ロングアイランドにあるノースショア大学病院とロングアイランドジューイッシュメディカルセンターはフォックスニュースに語った。

昨年、CDCは妊婦にCOVID-19ワクチンを公式に推奨しました。 健康の専門家はフォックスニュースの研究によると、COVID-19に感染した妊婦は重篤な合併症や死亡のリスクが高いことを示しています。

「妊娠中の女性が自分の体に無関係なものを入れることを心配していることは非常に理解できますが、女性は妊娠中にCOVIDを取得することがはるかに悪いことを理解する必要があります」ロングアイランドのマウントシナイサウスナッソーでの薬。

「COVID-19ワクチン接種が妊娠中に危険であることを示唆するデータはありませんが、妊娠中にCOVID-19を接種すると致命的となる可能性があることを示すいくつかの研究があります」と、感染症の責任者であり、アメリカ感染症学会。

FOXニュースアプリを入手するには、ここをクリックしてください

CDCは報告書の中で、「母親が妊娠後期にワクチン接種を受けた乳児の方が防御力が高かった」と述べ、妊娠前と妊娠中のワクチン接種のタイミングを比較するさらなる研究が必要であると述べました。

CDCの報告書はまた、妊娠中の女性、母乳育児をしている人、妊娠しようとしている人は、COVID-19ワクチン接種の最新情報を入手する必要があると述べています。

他の同様の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

多分あなたは興味があります