ニュース

ロシアが撤退を発表したように、バイデンはウクライナの侵略がまだ可能であると警告します

Booking.com

( oneechanblog ) – ロシアのウラジミール・V・プーチン大統領は、西側諸国との交渉を継続するつもりであり、ロシアはウクライナの国境から一部の軍隊を撤退させると述べた。 米国当局は、彼らがまだロシアの軍隊の動きを評価していると言いました。クレジットクレジット…SergeyGuneevによるプール写真

モスクワ—ウラジミール・V・プーチン大統領は火曜日、ロシアが「軍隊を部分的に撤退させる」ことを決定したと述べ、ロシア国防省はウクライナに隣接する軍事地区からの一部の軍隊が駐屯地に送り返されていると発表した。侵入の脅威から離れて。

この発表は、ロシアがウクライナ国境近くの軍事的スタンドオフをエスカレート解除しようとしている可能性があるというこれまでで最も強力な合図でしたが、戦争の脅威が過ぎ去ったことは明らかではありませんでした。 軍事アナリストは、これ以上の情報なしに部隊のドローダウンについて確固たる結論を出すのは時期尚早であると警告した。

ほんの1日前に、キエフの米国大使館を閉鎖したアメリカの当局者は、侵略が差し迫っているように見えると警告した。 バイデン大統領は火曜日の午後、ホワイトハウスのイーストルームからウクライナの状況に対処し、「侵略は明らかに可能性が残っている」と述べた。

その日の早い段階で、プーチン氏は、ドイツのオラフ・ショルツ首相と一緒にクレムリンで話し、ロシアは東欧でのNATOのプレゼンスのロールバックとウクライナが決して同盟に参加しないことの保証という中心的な要求を押し続けるだろうと述べた。

「私たちは交渉を続ける準備もできていますが、前に述べたように、これらすべての質問は包括的に見られなければなりません」とプーチン氏は言いました。

その後、ドイツの記者とのブリーフィングで、ショルツ氏は、ウクライナの将来のNATO加盟(クレムリンが赤い線と呼んでいるもの)が「議題にない」ことを考えると、スタンドオフが続くことに不満を表明した。 NATO諸国は、ウクライナが検討されるまでに何年もかかることを明らかにしており、今週のウクライナの指導者は、同国の加盟希望が交渉の対象になる可能性があることを示唆した。

ショルツ氏は、「誰もがここで少し後退し、議題にない問題をめぐって軍事紛争が発生する可能性はないことを明確にする必要がある」と述べた。

「すべての関係者」が真実であることを知っているので、彼は、「私たちが不条理な状況に陥らないようにすることは、ロシア、ウクライナ、NATOのすべての関係者のリーダーシップ能力の問題です」と付け加えました。

ビデオ

ロシア国防省は、一部の軍隊が本拠地に送り返されているが、大規模な軍事演習は継続すると述べた。 米国当局は、彼らがまだロシアの軍隊の発表を評価していると言いました。クレジットクレジット…セルゲイ・ピボバロフ/ロ​​イター

プーチン氏が軍の撤退を発表したにもかかわらず、ロシア国防省のスポークスマン、イゴール・コナシェンコフは、一部の軍隊は ベラルーシや黒海を含む、ウクライナに対する攻撃の恐れを引き起こした演習は継続されるでしょう。

米国当局は、ロシア軍の発表をまだ評価中であると述べ、NATO事務総長のイェンス・ストルテンバーグは、同盟のメンバーは「脱エスカレーションの兆候を見たことがない」と述べた。 ストルテンバーグ氏は、ロシアは以前、重火器を残したまま軍隊を動かしたことがあると述べた。

それでも、プーチン氏のコメントは、モスクワが即時の軍事行動を開始するのではなく、交渉を通じてその目的を追求する用意があるという兆候に追加されました。 プーチン氏は、ロシアが次にどのように行動するかについて尋ねられたとき、「計画によると」と微笑みながら答えた。

しかし、その結果は「私たちだけに依存しているのではない」と彼は語った。

「私たちは、外交の道をたどることによってそれらを解決するために、私たちが提起した質問について私たちのパートナーと合意に達することを意図し、そして努力するつもりです」とプーチン氏は言いました。

モスクワは、クレムリンが支援する下院の議員が火曜日にプーチン氏にウクライナ東部の離脱国を独立したものとして認めるよう求めたとき、あらゆる会談にいくらかの影響力を加えた。 それは、ロシアがそのような認識を利用して、より多くの軍隊をその地域に移動させることができるのではないかという懸念を引き起こした。

プーチン氏は記者会見で、彼らの独立をすぐには認めないと述べた。

引き戻されたと説明されている軍隊は、ウクライナに最も近い軍事地区から来ています。つまり、彼らが基地に引き戻されたとしても、彼らは国に比較的近いままです。 声明は、遠くからこの地域に到着した軍隊、つまりシベリアとロシアの極東は、今のところウクライナの近くに配備されたままであると述べた。

ウクライナのドミトロ・クレーバ外相は、モスクワの発言に懐疑的な理由があると述べた。 「私たちが撤退を見るとき、私たちは脱エスカレーションを信じます」と彼はキエフからのビデオブリーフィングの間に記者団に語った。

他の同様の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

多分あなたは興味があります