ニュース

CentOS / RHEL8およびFedora35 / 34にPython3.10をインストールする方法– TecAdmin

Booking.com

(oneechanblog) – Python開発チームは、Python3.10の最新バージョンをリリースしました。 これには、より多くの新機能、セキュリティパッチ、およびその他の多くの改善が含まれます。 このバージョンには、括弧で囲まれたコンテキストマネージャーである新機能が含まれています。 コンテキストマネージャで複数行にわたって継続するための囲み括弧の使用がサポートされるようになりました。 詳細については、完全な変更ログをお読みください。

このチュートリアルは、すべてのFedoraバージョンおよびCentOS / RHEL 8LinuxシステムへのPython3.10のインストールに役立ちます。 このチュートリアルでは、Python3.10ソースコードをコンパイルしてシステムにインストールします。

前提条件

システムには、システムにGCCコンパイラがプリインストールされている必要があります。 必要なすべてのパッケージをインストールするには、sshまたはシェルアクセスを使用してサーバーにログインし、次のコマンドを実行してPythonのすべての前提条件をインストールします。

sudo dnf install wget yum-utils make gcc openssl-devel bzip2-devel libffi-devel zlib-devel

ステップ1-Python3.10ソースコードをダウンロードする

最初のステップは、Python3.10ソースコードをダウンロードすることです。 公式ダウンロードサイトhttps://www.python.org/ftp/pythonにアクセスして、Pythonの最新バージョンまたは必要なバージョンをダウンロードします。

コマンドラインユーザーは、コマンドラインからPython3.10をダウンロードできます。

wget https://www.python.org/ftp/python/3.10.2/Python-3.10.2.tgz

次に、システム上のアーカイブファイルを抽出します

tar xzf Python-3.10.2.tgz

これにより、という名前のディレクトリが作成されます Python-3.10.2 Python3.10のすべてのソースファイルを含む現在のディレクトリにあります。

ステップ2– Fedora / CentOSにPython3.10をインストールする

ディレクトリをPython-3.10.2に変更します。 次に、コンパイルする前に、必要な値を使用してソースコードを準備します。

cd Python-3.10.2 sudo ./configure –with-system-ffi –with-computed-gotos –enable-loadable-sqlite-extensions

次に、makeを使用してソースコードをコンパイルします。 ここ nproc システムで使用可能なCPUコアの数を提供します。 そのため、makeはうまく機能します。

sudo make -j $nproc sudo make altinstall

altinstallを作成します デフォルトのPythonバイナリファイル/ usr / bin / pythonが置き換えられないようにするために使用されます。

ダウンロードしたアーカイブファイルは必要ないので、削除して空き容量を増やしてください。

sudo rm Python-3.10.2.tgz

ステップ3–Pythonバージョンをテストする

このステップで、Python3.10がFedoraまたはCentOS / RHELシステムに正常にインストールされました。 次に、インストールされているPythonとPIPのバージョンを確認します。

Pythonバージョンを確認してください:

python3.10 -V Python 3.10.2

PIPバージョンを確認してください:

pip3.10 -V pip 20.2.3 from /usr/local/lib/python3.10/site-packages/pip (python 3.10)
ステップ4–仮想環境を作成する

Pythonアプリケーションごとに個別の仮想環境を作成することをお勧めします。 これは、Pythonプロジェクトが独自のモジュールと依存関係のセットを持つ分離された環境を提供します。

Python仮想環境を作成するには、次を実行します。

cd ~/python-app/ sudo /usr/local/bin/python3.10 -m venv appenv

ここで〜/ python-appにはPythonアプリケーションが含まれています。 すべてのenvファイルは以下で生成されます 〜/ python-app / appenv ディレクトリ。 次のコマンドを実行して、環境をアクティブにできます。

source appenv/bin/activate

ここで隔離された環境であなたの仕事をしてください。 作業が終了したら、次のように入力して環境を非アクティブ化します。

deactivate

これにより、メインシステムプロンプトに戻ります。

結論

このチュートリアルでは、ソースコードを使用してPython3.10をFedoraおよびCentOS / RHEL8システムにインストールする方法について説明しました。

他の同様の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

多分あなたは興味があります