ニュース

ポーランドはカタール2022の試合でロシアと対戦することを拒否します

Booking.com

(oneechanblog) – 3月24日に予定されているポーランドとロシア間のカタール2022ワールドカップの予選試合は行われないようです。 そしてそれは、ロシアとウクライナの周りで起こったすべての後、ポーランド連邦の大統領は、 ツェザリー・クレッサ、今週の土曜日にツイッターで、ポーランド代表チームによる試合の論争がないことを確認するコメントを公開しました。

ポーランドは「予選試合を行う予定はない」と出版物は述べている。 これは、ポーランドの国が数千人の難民の到着を歓迎しなければならない状況で、連邦大統領自身によって発表されました。

「十分に話して、行動する時が来ました。 ロシア連邦のウクライナへの攻撃性が高まっているため、ポーランドチームはロシアとのプレーオフマッチを行うつもりはありません。 これが唯一の正しい決定です。 私たちは連盟と話し合って、FIFAとrdquorに共通の立場を示しています;、ツイートを叫びます。

いくつかの反応を引き起こした出版物。 その中で、代表チームのキャプテンのそれは、 ロベルト・レヴァンドフスキ、別のツイートで次のように述べています。 ウクライナで武力攻撃が続いている状況で、ロシアのチームと試合をすることは想像できません。 ロシアのサッカー選手とファンはこれに責任を負いませんが、何も起こらないふりをすることはできません。

ゲームが最終的にプレイされるかどうか、いつプレイされるかを確認します。 そして、この会議は、イタリア-マケドニア、ポルトガル-トルコ、スコットランド-ウクライナ、スウェーデン-チェコ共和国、ウェールズ-オーストラリアの5つの会議とともに来年3月24日に予定されています。

他の同様の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

多分あなたは興味があります