ニュース

サイバー攻撃:一連のハッキング事件に見舞われた主要なウクライナ政府のウェブサイト

Booking.com

(oneechanblog) – ウクライナ内閣のウェブサイト、および外務省、インフラストラクチャー、教育省などのウェブサイトは混乱を経験していました。

サイバーセキュリティの研究者によると、数時間前の別の、より深刻な可能性のあるハッキング事件で、ウクライナの数百台のコンピューターでデータ消去ツールが見つかり、ロシアの軍事的エスカレーションの中で破壊的なサイバー攻撃が展開されていることが懸念されました。

まとめると、米国とその同盟国がウクライナへのロシアの侵略が差し迫っていることを警告し、ロシアの銀行やエリートに制裁を加えたため、事件はウクライナのインフラストラクチャに対するサイバー攻撃の明らかなエスカレーションを表しています。 ロシアのウラジミール・プーチン大統領は、テレビでの発言の中で、木曜日の朝、ウクライナのドンバス地域での軍事行動を発表し、ウクライナ軍に武器を置いて帰国するよう促した。

「今日、破壊的なマルウェアの影響を受けているウクライナの複数の商業組織や政府組織を認識しています」と、サイバーセキュリティ会社Mandiantの上級副社長兼最高技術責任者であるCharlesCarmakalはCNNに語った。

ハッキング事件は、国連事務総長のアントニオ・グテーレスがロシアに軍事行動を削減するように11時間訴えたときに起こりました。

「実際に作戦が準備されているのなら、心の底から言うことが一つだけある。プーチン大統領、あなたの軍隊がウクライナを攻撃するのを止めなさい」とグテーレスはニューヨークで水曜日の夜に国連安全保障理事会の緊急会議に語った。 。 「平和にチャンスを与えてください。すでに多くの人が亡くなっています。」

米国当局は、ロシアがウクライナでの軍事行動と組み合わせてサイバー作戦を使用する可能性が非常に高いと警告しています。 ジョー・バイデン大統領は先月、ロシアがウクライナで追加のサイバー攻撃を行った場合、米国は独自のサイバー作戦で対応できると述べた。

ウクライナで木曜日の初めにウェブサイトが混乱したのは、水曜日の午後、ウクライナ議会、セキュリティサービス、閣僚のウェブサイトを一時的にオフラインにしたサイバー攻撃のニュースに続いた。

破壊的なハッキング事件や、木曜日の早朝にWebサイトが中断した原因は、誰が原因であるかはすぐにはわかりませんでした。 ウクライナ政府は、CNNのコメント要請にすぐには応じなかった。

ウクライナの国家特別通信情報保護局は、水曜日に報告されたウェブサイトへのサイバー攻撃は、2月15日にウクライナ政府のウェブサイトを襲ったサイバー攻撃の「継続」であると述べた。は、サービス拒否(DDoS)攻撃として知られています。これは、偽のトラフィックでコンピューターサーバーを圧倒し、Webサイトをオフラインでノックするためです。 ワシントンにあるロシア大使館は告発を否定した。

ただし、すべてのサイバーインシデントの中で、破壊的なデータ消去ツール(「ワイパー」マルウェアとして知られている)が最も影響を与える可能性がありました。 ワイパーマルウェアは通常、コンピューターからデータを削除し、コンピューターを動作不能にします。 これは、紛争の中でオンラインを維持しようとする組織を困惑させる可能性があります。

ブロードコムのサイバーセキュリティ部門SymantecのテクニカルディレクターであるVikramThakur氏は、CNNに対し、このハッキングは少なくとも1つのウクライナの金融機関と2つのウクライナ政府の請負業者を襲った。

ウクライナに複数のクライアントを抱えるサイバーセキュリティ会社ESETによると、悪意のあるコードはウクライナの「大規模な組織」に影響を及ぼしました。 ハッキングツールは2か月前に作成されたようですが、「今日だけ展開され、ウクライナでしか見られませんでした」と、脅威調査ESETの責任者であるJean-IanBoutin氏は述べています。

国土安全保障省の高官は火曜日、ロシアとウクライナの間でより大きな紛争が発生した場合、ウクライナの輸送ネットワークと放送メディアが動的攻撃またはサイバー攻撃によって閉鎖される可能性があることを懸念していると述べた。

ウクライナの政府機関と主要なビジネスの現在の目標は、ハッキングの波に直面したときの回復力です。 一部の機関は、先週のDDoS攻撃を受けて、比較的迅速にオンラインに戻ることができました。 米国および多数の連合国政府は、民間部門の専門家とともに、地上および遠隔地でウクライナにサイバーセキュリティサポートを提供しています。

上院情報委員会の議長を務めるバージニア州民主党のマーク・ワーナー上院議員は、「ロシアのような一流のサイバー大国では、100%を排除するつもりはないので、回復力が目標だ」と語った。

ワーナー氏は、ウクライナでのロシアの活動に対応して米国が独自のハッキング活動を行うべきかどうかを尋ねられ、米国は一般的に「サイバーエスカレーションの観点からパンドラの箱を開ける」ことを避けていると述べた。

「これまでのところ、それは正しいアプローチでした」とワーナー氏は付け加えました。 「しかし、プーチンが19万人の軍隊を解き放つことをいとわないこの種の状況を見たことがない」と彼は付け加えた。 「彼がサイバー領域で何をするかはわかりません。」

他の同様の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

多分あなたは興味があります