ne6

ルイビルの射手コナー・スタージョンはスター選手だったが、「複数回の脳震盪」に苦しんだ

この記事を共有する

Google ニュースで oneechanblog をフォローする

(jp) = ケンタッキー州ルイビルのオールド・ナショナル銀行での銃撃事件で4人を殺害、9人を負傷させた銃撃犯容疑者は、何度も脳震盪を患った元高校のスター選手だった。 警察は銃撃犯が23歳の銀行員コナー・スタッグスであると特定した。 スタッグスさんは高校ではバスケットボール、フットボール、陸上競技をしていたが、フットボールのプレー中に何度か脳震盪を起こしたため、バスケットボールのプレー中はヘルメットをかぶっていた。 最近の研究では、慢性外傷性脳症(CTE)と運動選手の頭部損傷が関連付けられており、脳変性疾患を引き起こす可能性があります。 警察は現在も銃撃の動機を調べている。

同じカテゴリの投稿

BG_oneechanblog
真庭の呪い
BG_oneechanblog
オーバーウォッチ 2 シーズン 4 は、ゲームの償還アークの始まりになる可能性があります