ne5

中国のスパイ気球から 3 か月後、国防総省は UFO オフィスの取り組みに遅れをとっている

この記事を共有する

Google ニュースで oneechanblog をフォローする

(jp) = 米国上院情報委員会は、少なくとも160万ドルを費やして無害と思われる3つの未確認物体を撃墜してから3か月が経過したにもかかわらず、国防総省がUFO分析部隊の強化に進展がないことに懸念を表明した。 昨年末、議会は国防総省に対し、2023年国防権限法の一環として、比較的新しい未確認航空現象対策本部(UAPTF)を強化するよう命令した。 上院委員会のメンバーらは、諜報機関や国防指導者にUFO目撃情報を通知するため、庁内に「国家情報交換所および分析センター」を設置するよう同庁に要請した。

同じカテゴリの投稿

BG_oneechanblog
アライグマはいつ赤ちゃんを産むのですか?
BG_oneechanblog
2023年のNFLドラフト・サーガが終了すると、リーバイスはタイタンズによってドラフトされます