cpet

イタリアの国旗: 歴史、意味、象徴性

この記事を共有する

Google ニュースで oneechanblog をフォローする

(jp) =

この素晴らしいビデオを見るために読み続けてください

正式にはイタリア共和国またはイタリア共和国と呼ばれるイタリアは、地中海の真ん中にある南ヨーロッパに位置しています。 国の一部は西ヨーロッパの一部とも見なされ、フランス、オーストリア、スイス、バチカン市国などの他のヨーロッパ諸国と国境を接しています。 その景色や複数の観光スポットなど、いくつかのことがイタリアを非常に魅力的な国にしています。 これらに加えて、この国のもう 1 つの興味深い部分は国旗です。 イタリアの国旗には長い歴史があり、団結とアイデンティティの象徴です。 この記事では、イタリアの国旗の歴史、意味、象徴性、および国に関するさまざまな興味深い事実について詳しく説明します。

イタリア: 地理と気候

ヨーロッパ中南部に位置するイタリアには、世界で最も多様で美しい景観がいくつかあります。 この国の最も際立った特徴の 1 つは、さまざまな山岳地帯であり、その一部は国境を接する他の国にまで広がっています。 国土の 35% 以上が山に覆われており、北側の境界の大部分はアルプスが占めています。 国の最高点はモンブランで、15,780 フィート (4,810 m) の印象的な高さに立っています。 イタリアで見られるその他の人気のある山には、スイスとイタリアの国境にあるモンテ ローザ、東のドロミテ、14,000 フィートを超える最高峰のマッターホルンなどがあります。 この国は、その領土の多くに火山が存在することでも知られており、シチリア島にあるヨーロッパ最大の活火山であるエトナ山の本拠地でもあります。

イタリアは北を除いて四方を地中海に囲まれており、この広大な水域は国の気候に影響を与えています。 イタリアは世界の温帯地域に位置し、さまざまな地域で気候が異なります。 ヨーロッパ大陸につながる北部地域と、地中海に囲まれた南部地域では気候が異なります。 アルプスを擁する北部地域は、気温が低く降水量が多い山岳気候であることが知られています。 中部および北部の内陸部のほとんどは、湿潤気候から亜熱帯気候、海洋性気候にまで及びます。 国の他の地域は、涼しい冬とほとんどが暖かい夏に恵まれています。

イタリア: 文化と料理

イタリアの旗
イタリアは、西洋文明発祥の地の 1 つであり、文化的超大国と見なされています。

©フィリップ・ダース/Shutterstock.com

この国には、301,230 平方キロメートル (116,306 平方マイル) の総土地面積をカバーする 6,000 万人以上の住民が住んでおり、そのうち 294,020 平方キロメートル (113,522 平方マイル) が陸地で、7,210 平方キロメートル (2,784 平方マイル) が水域です。 その結果、ヨーロッパで 6 番目に人口密度が高く、大陸で 10 番目に大きい国土面積を持つ国です。 半島のさまざまな地域における多くの人々の歴史的支配は、イタリア人が単一の文化によって特徴付けられない理由を説明するのに役立つかもしれません.

イタリアは、西洋文明発祥の地の 1 つであり、文化的超大国と見なされています。 イタリアの文化は、何世紀にもわたる政治的および地理的な分裂の結果として、数多くの地域の伝統の影響を受けてきました。イタリアは、1861 年の統一で終わりました。イタリアは、何世紀にもわたって世界のさまざまな地域で西洋文化において重要な役割を果たしてきましただから今日。 この国は、その文化的伝統と芸術家で認められ続けています。

人々と同じように、この国の料理も多様ですが、主な特徴はパスタ、チーズ、ワイン、ソースです。 特定の人気のある料理があるにもかかわらず、国のさまざまな地域には特定の食事の作り方が異なります。 さまざまな食材やスパイスを組み合わせて、さらにユニークなものにしています。

イタリア:言語と宗教

国の主要言語はイタリア語で、19 世紀までは行政言語や文学言語として受け入れられていました。 主要な言語があるにもかかわらず、国内のさまざまな地域にはまださまざまなバリエーションの言語があります。 また、国の膨大な人口とその居住者のさまざまな文化を考慮すると、人々の間で話されている他の言語があります。 ある場所では他の場所よりも多く。 フランス語、アルバニア語、スペイン語、アラビア語、クロアチア語が含まれます。

イタリアは多宗教の国ですが、ローマ カトリック教会が国の発展に重要な役割を果たしたため、この国で最も実践されている宗教はローマ カトリックです。 現在、イタリアのカトリック人口は世界で 5 番目に多く、ヨーロッパ最大のカトリック国家です。 国内で実践されている他の宗教には、ユダヤ教、ヒンディー語、シーク教などがあります。

イタリア国旗の歴史

イタリア国旗の三色旗は、フランス皇帝ナポレオンが最初に使用したと言われています。

©iStock.com/okfoto

現在のイタリアの国旗は 1946 年 6 月 18 日から掲げられていますが、正式な国旗となったのは 1948 年 1 月 1 日です。トリコロールのデザインは、フランス皇帝ナポレオンによって最初に使用されたと言われています。 白、赤、緑の色からなる最初の旗は、1797 年 1 月 7 日に正式に採用されました。色は、フランスの影響下で 1700 年代の終わりに選ばれました。 この旗の色は赤、白、緑ですが、上から下まで横に並んでいます。

国の統治がナポレオンとフランス人から他国に移り変わるにつれて、イタリアの国旗は繰り返し変更されました。 ただし、国の公式色は、採用されたほとんどの旗で一定の繰り返しのままでした.

イタリアの国旗: 意味と象徴

イタリアの国旗の赤い色は、国の独立をもたらした戦争中に建国の父たちが流した血を象徴しています。

©iStock.com/titoOnz

緑、白、赤のイタリアのナショナル カラーは、国の国旗に同じサイズの 3 つの縦縞で表示されます。 旗の緑色の部分は、イタリアの広大な土地と、国とその国民の社会的平等、自由、希望を表しています。 国のほとんどの人によると、白は国内にある多くの山々の雪をかぶった頂上を表しています。 また、人々の信仰を象徴すると信じられています。 最後に、赤は、国の独立を生んだ戦争中に建国の父たちが流した血を象徴すると一般に信じられています. 赤い色は慈善を意味するとも信じられていますが、これは祖先の闘争にも関連する信念です。

次に:

縞模様の旗を持つ国

白、緑、赤の旗: ブルガリア国旗の歴史、意味、象徴性

黄色い星の付いた赤い旗: ベトナム国旗の歴史、意味、象徴性

広告

BG_oneechanblog
アーセナルのまとめと目標
ここで月曜日の予測を確認してください

広告

ショートストーリー

ほくろの意味

ホロスコープ

ペットカテゴリー

ワールドシネマ

あなたも好きかも