cpet

黄色、青、赤旗: コロンビア国旗の歴史、意味、象徴性

この記事を共有する

Google ニュースで oneechanblog をフォローする

(jp) =

正式にはコロンビア共和国として知られるコロンビアは、南アメリカの北西部に位置する国です。 東はベネズエラ、北はカリブ海、北西はパナマ、南東はブラジル、南と南西はエクアドルとペルーと国境を接しています。 コロンビアの旗は、国の最も識別可能な特徴の 1 つとして機能し、国の歴史、文化、およびアイデンティティの象徴です。 このブログ投稿では、コロンビアの国旗の起源、重要性、象徴性を、国とその市民に関するいくつかの興味深い事実とともに調べます.

コロンビア:地理と気候

コロンビアはさまざまな国に囲まれており、7 つのカリブ海協定と 3 つの太平洋協定を通じて、これらの国との海上国境も引き合っています。 赤道に近いため、この国は気候、植生、土壌、作物の範囲がまったく異なる世界でも数少ない国の 1 つです。 国の自然の特徴により、6 つの主要な自然地域に分かれており、最大の自然地域はアンデス山脈です。 世界最大の山脈の 1 つであるアンデス山脈は、人口のほとんどが住む国の西部地域を支配しています。

コロンビア:文化と料理

コロンビアは比較的大きな国で、総人口は 5,200 万人を超え、1,141,748 平方キロメートル (440,831 平方マイル) の地域に散らばっています。 この国は、土地面積で大陸で 4 番目に大きく、人口で 2 番目に大きい国です。 人口が非常に多いため、人々の多様性を考えると、この国にはかなり興味深い文化がいくつかあるはずです. この国には多様な民族性があり、地域の先住民、アフリカから連れてこられた奴隷、スペインの入植者、ヨーロッパや中東からの移民などと先祖代々のつながりを持っている人々がいます。

国の料理も多様です。これは主に、国内に多くの民族グループが住んでいるためです。 コロンビアの 6 つの主要地域 (カリブ海、太平洋、オリノコ、アマゾン、アンデス、インシュラー) の料理の習慣がコロンビア料理を構成しています。 この国はかつてスペインの植民地だったため、この国の料理はスペイン料理と歴史を共有しています。 コロンビア、スペイン、アフリカのネイティブ料理の影響を受けて、料理とレシピは地域によって異なります。

コロンビア:言語と宗教

コロンビアの地域によって、さまざまな言語がルーツを持っています。 国土の 99% 以上がスペイン語を話しますが、サン アンドレスや他の島々などの一部の地域では英語が公用語と見なされています。 国の公用語であるスペイン語を除いて、コロンビアで話されている言語の正確な数はわかっていませんが、約 100 かそれ以上と推定されています。 しかし、これらの言語の多くはもはや使用されておらず、国内のさまざまな民族グループは 70 の言語しか使用していません。

コロンビアは宗教的にも多様な国ですが、この多様性はそれほど発達していません. 国教はキリスト教であり、特にローマ・カトリックはコロンビア社会に深く根ざしており、政府に大きな影響を与えています。 キリスト教が最も実践されている宗教であるにもかかわらず、国の憲法は宗教の多様性を認めています。 そのため、ユダヤ教、仏教、モルモン教などの他の宗教と並んで、他のキリスト教の宗派が国内で成長しています。宗教や宗派は法律の下で平等に扱われます。

コロンビアの国旗の歴史

コロンビア国旗は 1861 年 11 月 26 日に正式に採用されました。

©iStock.com/ミルザ・カディック

コロンビアの国旗は、ベネズエラのフランシスコ・デ・ミランダ将軍によって作成され、1861 年 11 月 26 日に正式に承認されました。しかし、19 世紀にデザインされたにもかかわらず、国の歴史を通じてさまざまなバリエーションの黄赤青の旗が使用されてきました。 現在のコロンビアの国旗は、エクアドルとベネズエラと共有するシモン・ボリバルによって設立された大コロンビアの旗の 3 つの主要な色を保持しています。

大コロンビアは南米の共和国で、19 世紀に分裂し、コロンビア、エクアドル、パナマ、ベネズエラの国を形成しました。 コロンビア国旗の他のバリエーションには、1831年のもので、新しい水平の赤青黄のトリコロールの中央に国章があり、1861年のものは垂直に反転し、国章が欠けていた.

コロンビアの国旗:意味と象徴

コロンビア国旗の黄色い部分は、金、主権、調和、正義、農業、太陽を表しています。

©iStock.com/ABEMOS

コロンビアの国旗は、1810 年 7 月 20 日に達成されたスペインからの国の独立を表しています。国旗は、黄色、青、赤の横三色旗です。 黄色のストライプは旗の半分を占め、残りの領域は青と赤のストライプに均等に分割されます。 現在の解釈では、旗の黄色の部分は、金、主権、調和、正義、農業、そして光源である太陽を表しています。 また、国とコロンビアの土地の富を象徴しています。 いくつかの話では、この意味で言及されている金は、スペインの侵略前に実際に国に存在していたと主張しています.

ある解釈によると、青色は忠誠心と警戒心を表しています。 同時に、別の人によると、それは上空、コロンビア沖の海、そして流れる川を象徴しています。 赤の意味は、さまざまな解釈に関係なく同じです。それは、コロンビアの自由のために流された血と、コロンビアの人々の努力、忍耐、決意を表しています。 過去の困難にもかかわらず、コロンビア人がどのように繁栄してきたかを象徴しています。

次に:

白、緑、赤の旗: ブルガリア国旗の歴史、意味、象徴性

緑、白、およびオレンジ色の旗: アイルランドの旗の歴史、意味、および象徴性

黒、赤、黄色の旗:ドイツ国旗の歴史、象徴、意味

青、黄、赤の旗:ルーマニア国旗の歴史、象徴、意味

広告

BG_oneechanblog
自動運転を宣伝するテスラのビデオが上演された:エンジニア
ノバク・ジョコビッチの全豪​​オープンへの復帰について

広告

ショートストーリー

ほくろの意味

ホロスコープ

ペットカテゴリー

ワールドシネマ

あなたも好きかも