anime vs manga

エピソード32-銀河英雄伝説:ダイノイエこれら-衝突

この記事を共有する

(oneechanblog) – 銀河英雄伝説 正確には知られていない いいえ 言葉の多いシリーズであること。 それでも、このエピソードの早い段階で、ヤンがアライアンスと帝国の現在の政治状況の違いの影響について話し合うために数分を費やし、すぐにカメラ(フレデリカ)ととりとめのないことをお詫びします。 私たちは、視聴者が特定の好みに順応するために複数の適応があった物語の3シーズンになります。したがって、まだ見ている人は、彼らが何のためにここにいるのかを知っていると思います。 そして、それは正直なところ、この段階での政治思想の適切に配置された情報分析へのかなり面白い句読点です。 LOGH:民主主義の効果のない、腐敗した反復と、慈悲深い、リベラルな独裁の概念。

この段階でその比較を行うことは理にかなっています。今週のプロットでは、ヤンが以前の種類の裸で腐敗した、自己奉仕的な「民主主義」の例に足を踏み入れたことが特徴です。 しかし、その幅広い主題のレイアウトとは別に、ここでのヤンの仮定は、理論的にはより基本的なレベルでアライアンスのリーダーシップと対立する現在の紛争の偏った性質を明らかにすることに関するものです。 つまり、ヤンは、アライアンスとの暗黙の共存に基づいて、ラインハルトが帝国を率いることに満足している。 政府として、同盟は名目上は自分たちの装置に任せたいだけですが、以前は王朝主導のファシスト専制政治の要請を受けていた帝国は、支配を取り戻そうとするために「反逆者」に侵入することを主張している帝国ですそのうちの。 ラインハルトが彼自身の人々の社会的状況の改革にもっと焦点を合わせているので、ヤンは彼がアライアンスとの戦争を多かれ少なかれ無視するために輝かしいブロンドを得ることができ、おそらくゴールデンバウム王朝の残りの部分に集中することができると考えているようです代わりに社会的に団結する敵として(ラインハルトと彼の内輪の少なくともいくつかも考慮していることを私たちは知っています)。 ヤンが示唆するように、複雑な問題は、アライアンスのリーダーシップ自体が、ラインハルトを弱体化させるために王朝と同盟を結ぶことを検討している可能性があることです。 それは、同盟に対する彼自身の不忠の疑いへの調査に向かう途中のヤンの考察の皮肉であり、軍事クーデターでの彼の以前の行動は現在権力を握っている人々の最善の利益であったが、彼は必ずしも彼らの長い間見ているわけではない-価値のある長期的なリーダーシップ行動-

真剣に、あなたが行方不明になっている場合 LOGH のエピソードとして ヤンショー、このエピソードはあなたを満足させるはずです。 それは彼を威嚇しようとするそれらの高官のための彼の有名なレベルのサスと一緒に彼の必要な徹底的な政治的教訓を持っています。 アライアンスの高官がヤンがすぐに心理的なコントロールをする調査のために彼を召喚するので、それはこのエピソードの中心的な前提でさえあります。 はい、彼は明らかに議事の無邪気さに疲れ果てており、エピソードの終わりまでに見るように、ヤンが彼のポストから離れているおかげで、演習は実際に全体的な紛争における同盟の努力に有害であることがわかります。 しかし、今のところ、彼が軍隊への応答中に「疑わしい」と彼らが信じる行動に関する彼の正直な思考プロセスと考慮事項であるという理由で、彼が裁判所の調査質問に答えるのがいかに簡単であるかについて見るのはかなりのことです。クーデター。 彼はセッション中に非常に多くの連続したジンジャーを入れて、彼の表向きの告発者の多くが笑っている男です と それの終わりまでに彼。 そして、彼が後で真剣に明確にするために設定したポイントは、国はその国民の要請で存在しなければならず、その逆ではなく、エピソードの冒頭で物事をレイアウトするためにその「とりとめのない」ことが必要だった理由を明らかにします。

のこの段階での政治システムの分析の構造 LOGH 特に、市民主導の民主主義とその官僚的な失敗に対する批判として、この努力全体を投げかけることができます。おそらく、ラインハルトの現在成功しているグレートマン独裁政権に直面して、ストローマンが少なすぎます。 しかし、物語は、ヤンの成功に対するこの敵対的な行為のどれだけが、調査を主導している一人の男性、ネグロポンテのささいな不満と個人的な不安の要請で行われているのかを特に明確にしています。 そしてそれでも、このプローブはフェザーンの策略によって植えられた拮抗作用に触発されたことを理解しています。 LOGH 非常に頻繁に明確に表現されているので、それはガバナンスの無能なシステムの起訴ではなく、弱い個人がシステムをいかに簡単に妨げることができるかをより強調しています。 たとえば、帝国の内戦の弧のような部下を強力に武装させようとするこのような自我の失敗がたくさん見られました。このエピソードの終わりの緊急事態は、ネグロポンテのような誰かが彼の決定をどれほど早く後悔するかを明らかにします。

そして、ショーがここにあり続けるのと同じくらい特徴的におしゃべりであるために、それはそれがあった品質に戻されるプレゼンテーションによって持ちこたえられます 衝突の前の週。 ヤンと同じくらい強い個性に物事を集中させることは、もちろん、彼が物語の進行中の歴史に与えた影響を実現する彼の個人的なレンズを通して、質問のより要約の重い部分をフィルタリングする、賢明で明白な動きです。 しかし、特に、時間の経過を示すために日没の光を浴びているか、ヤンのロックの「カチッ」という音が鳴るたびに、彼の独房ではない捕虜とのドアを閉める相互作用が中断されました。 私のお気に入りのタッチは、実際には、部屋にいる間、ヤンの通信信号がブロックされることを含む、真剣に現代的な新しいギャグです。つまり、彼は辞表を物理的に提出する必要があります。 紙の上には、この反復でのフラストレーションのたまる最後の手段です。

これは、の豊かで充実したエピソードでした LOGH、私が言おうとしていることです。 政治的なものは、背景の詳細​​に付随する単なる反省ではなく、私たちが触れているプロットポイントに特に関連していると感じました。 そして、ヤンは明らかにこのすべてのエネルギーの焦点ですが、他のキャラクターもスポットライトのシェアを獲得しています。 フレデリカが、ヤンを支援するための彼女の努力を妨害しようとする技術的に上位の人々からのがらくたを取ることをまだ真剣に拒否しているのを見るのは良いことです(明らかに、この時点で彼女なしでは絶対に自分の世話をすることはできません)。途中で上司のスナークをさらに拾ったようです。 ここにあるすべてのものは、少しとりとめのないときでさえ、これを見るのに完全に楽しいエピソードにします。

1931年のミシガン州の法律では、Roeが倒れた場合、中絶は重罪になります:ショット
一次内戦に苦しむアイダホGOP

最新ニュース

ほくろの意味

ホロスコープ

ペットカテゴリー

ワールドシネマ

あなたも好きかも