anime vs manga

第9話-佐々木と宮野

Booking.com

(oneechanblog) – 私はここ数週間、佐々木の所有格のファンではないということを何度か言いました。 それは、ロマンスがきしむようにきれいである必要があると思うからではありません。 クズの本懐 そして、あなたは一本の指でそのショーでなされた健康的なロマンチックな決定の数を数えることができます。 私がこのレビューを書いているとき、私は人の有毒な残骸に恋をしていることと恋をしていることの両方についての歌を聞いています。 私は恋愛小説の道徳的な警察になるためにここにいるのではありません。 むしろそれはフレーミングの問題です– 多く 嫉妬深いまたは過保護な恋人のドラマにふけるロマンスの、そしてそれらは厄介な楽しい時間である可能性がありますが、それは落ち着いた根拠のあるラブストーリーとは明らかに矛盾しています 笹宮 オールシーズン行ってきました。

私は、初恋を経験している厄介な10代の若者が、自分の気持ちを理解し、それを自分の思いやりに表現しようとしているときに、間違いを犯したり、ラインから外れたり、境界を越えたりすることを100%購入できます。 どちらかといえば、彼にそれらの間違いをさせることは、佐々木にキャラクターとしてのより多くの質感を与えます。 でも、不合理に嫉妬しているので、宮野に何もしないように頼むなど、わがままな要求をして、かわいい愛情のしるしとしてフレームに入れるとしたら、問題が発生します。 そして、このエピソードの冒頭の議事録で、宮野が先週の「誰かを好きになるということは、彼らのために何かをしたいということ」について熟考したとき、それが私たちがたどったルートだったように思えました。

ですから、宮野がすぐに佐々木に神に正直なコミュニケーションを求めて近づき、彼が美の競争に参加するだろうとはっきりと言ったときに私が作った幸せな小さなアザラシの拍手が想像できます。 主に義務として始まったのは、宮野が比較的安全な、しかしまだ公の場での彼の外見についての彼自身の不安を探求する機会になりました、そして彼はそれについて恍惚ではありませんが、彼は参加したいと思っています。 彼は自分自身をよく説明し、決して対立することはありませんが、彼は自分の境界についてしっかりしていて、佐々木が議論する余地を残していません。 この少年は、彼がショーを始めたときの臆病な不安の球から遠く離れて来ました、そしてそれがここに例示されているのを見るのは本当にうれしいです。

私の唯一の疑問は、佐々木は、宮野の決意が、彼が一線を越えたことを実際に内面化するのではなく、彼を好きになることから部分的に来ていることに気づいたことによって、甘やかされているということです。 赤ちゃんのステップだと思いますが、重要なのは、宮野がほぼ関係において平等であると主張し始めたことです。 全体として、私たちの中心的なロマンスのこの部分がどのように実行されたかについてはまだいくつかの問題がありますが、残りのエピソードが物事を思慮深く処理できるようになることを新たに期待しています。 私が本当に求めているのはそれだけです。

そして、そのハードルがクリアされると、エピソードの残りの部分はすぐにかわいいたわごとモードに戻ります。 あなたは佐々木が学校で病気になっているという古典的な設定を持っています、そしてそれを知らないでしょう、学校の看護師は不在なので、今宮野は彼の世話をしなければならず、そして彼を家に連れて帰ることさえしなければなりません! そこから学園祭に切り替わるのはとても悲しいことです。それは、宮野が病気の佐々木を家に訪ねるエピソードと、必然的に続くすべてのアニメロマンスのシェナニガンのエピソードの時間がないことを意味します。 しかし、佐々木さんのクラスがやっていることがわかったので、それは大丈夫なトレードオフです 滞納カフェ フェスティバルのために、そして私たちは彼が完全なヤンキーギアで飾られているのを見ることができます。 余分なピアス、柄物のシャツ、不機嫌そうな態度、作品。 それは素晴らしく、宮野が現れた瞬間に彼が彼の甘い性格に戻ったときにのみ良くなりました。 それは純粋なロマンティック・コメディであり、私はそれをすべてステートフェアの綿菓子のように食べます。 クロージングエピソードには間違いなくドラマがありますが、3週間で外出したいのなら文句は言いません。

他の同様の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

多分あなたは興味があります