anime vs manga

エピソード8-ありふれた-ありふれた職業から世界最強のシーズン2まで

この記事を共有する

(oneechanblog) – 見事な物語の転覆で、今週のエピソード ありふれた ハジメのクラスメートと一緒にそのセグメントを王国の 始まり ショーの終わりではなく! そして、異世界のジャンルは創造性が不足していると彼らは言います。 リラックスして、この時点で私はダンクしました ありふれた、まあ、必ずしも私が 愛 しかし、私は少なくともそのfoiblesと、この2番目のシーズンの間にそれらをアイロンをかけた公正な方法について理解しているからです。 ハジメではないこれらすべての人々への構造的に繰り返される訪問は、私たちが物語のこの特定のクライマックスに準備ができていることを意味し、それでエピソードを開始することは、先週そこに残したクリフハンガーを解決するのに役立ちます。 メルドが実際に彼の人生の試みを生き残ることができるかどうか(彼は生き残れない)、そしてダイスケと彼の新しい修道女の友人によって実行されている腐敗リングについてのいくつかの前兆は、リリー王女が数エピソード前に逃げ出した理由であるかどうかについていくつかの疑いを抱きます。

ちなみに、これらのエピソードのエピローグで、これらすべての動きと動機を追跡することがあまりにもぼやけていても心配しないでください。前述のリリーは、このエピソードの途中で戻ってやり直すことができてとても幸せです。 -後半で全体を説明します。 構造的なつまずきと言えば、これはおそらくエピソードの最大の抵抗になりますが、私の別の部分は、すべてを語り、次の段階に進むことを直接知らせるリリーのスピルに本当に感謝しています。 いくつかの点で、それは確かに少し突然外れます。 彼らが迷宮を探索している間、ハジメハーレムがこの物語から切り離されたのは、実際の陰謀が彼らに追いついて説明するのを待っている間、単に気が狂っただけだったという感覚があります。

私は確かに、ストーリーテリングの「フィラー」のアイデアに反対するつもりはありません。 計画されたプロットのすべての部分にその場所があり、前の週に分析したように、 ありふれたの迷宮-ハジメ、カオリ、および他のいくつかの間の探索と相互作用はすべて、いくつかの特性評価または主題の進歩の要請で存在しました。 彼らは、ハジメが愛らしいマー・フォスター・ドーターを完全なキャラクター・アークに取り入れ、最後に注目に値する具体的な発展を遂げることについて少し考えました! しかし、グループがランダムにリリーに出くわし、魔法のハンビーの後部座席に彼女をロードし、物語の次の脚が何であるかを彼女に説明させたので、その「切断」の感覚はまだこのエピソードで私が戻ってきたものですすることが。 このターンは、この第2シーズンが始まってからいつでも展開できたように感じました。それ以外の場合は、これらの人々が見ている全旅程に配置の感覚がありませんでした。

それは確かに、それ以外の場合は75%の情報しか得られないエピソードの分析をさらに進めるために、私が直面している瞬間的な批判です。 そして、その情報の伝達は、その名誉のために、今シーズンを通してコメントされているハジメの発展に今でも語りかけることができます。 以前は、彼はカオリをパーティーに参加させたり、リリーが彼のように簡単に彼を探して近づくことができるような方法で彼女のつながりを知っていなかったでしょう。 そして、今シーズンの大きな最後の戦いにつながる可能性が高いこの争いにすぐに飛び込むのは、誘拐された愛ちゃん先生への感謝の気持ちから始まります。認める。 ある意味、それはほとんどのように感じます ありふれた このすべての交際によって彼がどれほどうまく和らげられたかについて、ハジメ自身と同じようにツンデレになろうとしています。 かわいいこともありますが、実際には、ショーが他の方法でかなりうまく説明しているスルーラインを曖昧にすることもあります。

ありがたいことに、それはこのエピソードの終わりに適切に表示されています。 愛ちゃん先生を救うためのハジメのワープスピードの到着は、私がすでにこれから得ていたペーシングむち打ち症に追加されますが、私がコメントしているその接続を実現する方法でこれら2つが相互作用するのを見る価値があると思いますしばらくの間オンにします。 そもそも、ここには愛らしい量の化学があり、学生/教師のロマンスがそうであるに違いないので眉をひそめています。 はじめ自身は、おかしなことに気づかず、先生がうっかりかわいそうな小さな家庭教師を壁ドンで洗うよりも、洗脳される可能性があることを心配しています。 しかし、愛子がハジメのシーズン終了の清水派遣をより考慮しており、状況全体を彼のせいにするわけではないことを知ると、2人の継続的な開放に対する真剣さも確立されています。 それは、彼女や他の人が彼に対して感じている愛情から彼が持つべき自己価値をハジメに印象づけようとする義務を示していますが、彼の応答は、彼のすべての超能力と愛の利益のためにさえ、彼がまだ自分自身に問題を抱えていることを示しています-その価値を実現する。 それは驚くほど単純で、現実世界に関連するポイントです。私たち全員が、私たちをこの程度まで信じている教師または同様の大人を私たちの生活の中で使うことができるということです。

これはテーマ別の加速であり、このエピソードが続いていたと感じる、速すぎるプロットの加速の打撃を和らげるのに役立ちます。 先生を救うことが彼の最優先事項であり、必要な副作用としてここで大きな悪者との対立につながる可能性があるとハジメがすでに述べていたので、それはうまくいきます。 したがって、オープニングシーケンスからの使徒の天使の悪役(ちなみに、彼女の名前は「Noint」であることがわかります)がその瞬間に現れたとき、それは少し機能的であると感じますが、少なくとも構造的に予見された機能的でした。 そして、選択肢があれば、ハジメが神のメッセンジャーを顔に殴る前に、先生と心からの感情的な理解に達するのを見たいと思います。完全に理解したり気にかけたりしないでください。

新しいモービウスの静止画はマットスミスの吸血鬼の悪役を示しています
今朝、中国のロケットが月に打ち込まれました

最新ニュース

ほくろの意味

ホロスコープ

ペットカテゴリー

ワールドシネマ

あなたも好きかも