古代の動物

あなたの犬はパパイヤを食べることができますか? リスクとメリット

この記事を共有する

あなたの犬はパパイヤを食べることができますか? リスクとメリット

一部の犬の飼い主は、ほとんどすべての食事を毛皮の友達と共有し、子犬はそれらを楽しんでいます。 ただし、ペットの品種や年齢を考慮して、ペットに与える果物は慎重に選ぶ必要があります。 そして、あなたはあなたの犬と食べ物や果物を共有することに慣れているので、それはパパイヤを食べることができますか?

パパイヤは、パパイヤとも呼ばれる熱帯の木の果実です。 人間や犬に役立つ多くのミネラル、ビタミン、抗酸化物質が含まれています。 したがって、 あなたはあなたの犬の友人のパパイヤを養うことができますが、適度に。

パパイヤが多すぎると、子犬に胃腸の問題を引き起こす可能性があります。 それに加えて、消化しやすいという理由だけで、犬に柔らかい質感の部分を与えるようにする必要があります。 以下はあなたの犬にパパイヤを与えることの健康上の利点とリスクです。 あなたはまたあなたの小さな犬の友人のために良くて健康的な果物についての提案を得るでしょう。

犬はパパイヤを食べることができますか?

パパイヤは、犬にとって柔らかく、健康的で、おいしい果物であり、多くの犬が食べることを楽しんでいます。 したがって、 あなたの子犬はこのおやつを楽しむでしょう。 おいしいだけでなく、パパイヤは犬に栄養価が高い。 犬の健康を増進し、肌を完璧に保つのに役立つミネラルとビタミンが含まれています。

パパイヤは、犬の消化を助ける繊維の供給源でもあります。 それに加えて、果物は消化酵素と良い水源を持っています。

でも、 犬の飼い主はペットに特定の量のパパイヤを与える必要があります。 果物が多すぎると、胃腸の閉塞などの合併症を引き起こす可能性があります。 あなたがあなたの犬を養うためにあなたの獣医にパパイヤの適切な量について尋ねることを確認してください。

獣医は、犬の品種、年齢、体重、サイズを考慮して、特定の食品の正しい量を計算します。 彼らはまた、子犬の健康状態を考慮します。 これらの要素は、犬に何を与えるかを選択するときにも不可欠です。

年齢、サイズ、体重に合わないドッグフード、または犬種に適さないドッグフードを与えると、アレルギー、過敏症、その他の合併症を引き起こす可能性があります。 さらに、間違ったドッグフードは、一部の犬にとって糖尿病や癌につながる可能性があります

最高のパパイヤトリート

バディジャックのパパイヤグレインフリー犬用おやつ

風味と栄養素を保持するために風乾します
ビーガンで、防腐剤、抗生物質、その他の有害な添加物は含まれていません
完全にパパイヤから作られました
敏感な胃を持つ犬に最適
すべてのサイズの犬に安全

あなたの犬を与えないパパイヤの部分

パパイヤは人間と犬に利益をもたらすおいしい果物ですが、子犬に与える部分には気を配る必要があります。 果物には、消化しにくい部分や、有毒な液体やガスを含むその他の要素が含まれています。 したがって、パパイヤを犬に与えるときは、次のような部分を与えないでください。

パパイヤスキン

一部の犬の飼い主は、パパイヤの皮は繊維に最適であると主張していますが、犬が噛んだり消化したりするのは難しいです。 皮膚はまたあなたの犬に窒息を引き起こす可能性があります。 さらに悪いことに、それは犬の消化管に詰まり、獣医への緊急訪問を引き起こす可能性があります。

パパイヤの皮膚はまた、犬に胃腸の閉塞を引き起こし、それは不快で致命的です。 これが起こると、体の衰弱、吐き気、嘔吐、下痢などの症状に気付くでしょう。 これらの症状のいずれかにすぐに気づいたら、ペットクリニックに電話してください。

シード

多くの犬の飼い主はパパイヤの種を取り除くのが面倒ですが、犬の友達にリスクをもたらします。 この果実の種子には、有毒な化合物であるシアン化物が少量含まれています。 少量の種を食べても害はありませんが、とにかく取り除きます。 獣医への緊急訪問に対処するよりも、子犬を安全に保つ方が簡単です。

その上、種は苦く、犬がそれらを噛むとき、彼らはパパイヤの健康な部分を食べないかもしれません。 しかし、人間は健康上の利点があるため、パパイヤの種を食べることができます。

犬へのパパイヤの健康上の利点

皮と種を取り除くと、犬は果物の柔らかい肉を楽しむことができます。 おいしいだけでなく、果物はあなたの子犬に多くの健康上の利点があります。 パパイヤで最も価値のある栄養素のいくつかは次のとおりです。

ビタミンA

犬のキブルにはビタミンAが含まれていますが、パパイヤからより多くを得ることができます。 パパイヤに含まれるビタミンAはベータカロチンと呼ばれ、肝臓で変換されます。 驚いたことに、犬の体は、通常のキブルから十分に得られれば、抗酸化剤としてパパイヤのビタミンAを使用することができます。

ビタミンC

強力な免疫システムはビタミンCによって構築されており、あなたの子犬はこれをパパイヤの果実から得ることができます。 一部の犬の飼い主は、オレンジから犬に適したビタミンCを摂取すると主張していますが、パパイヤにはさらに多くのビタミンが含まれています。

ビタミンはまたあなたの犬の関節への損傷を防ぐのに役立ちます。 ただし、パパイヤ全体を一度に犬に与えないでください。 腹部膨満や胃腸の問題などの悪影響を引き起こします。

ファイバ

繊維はほとんどの果物に含まれる重要な化合物であり、子犬の消化を助けます。 また、化合物は便秘を防ぐために正常な排便を維持するのに役立ちます。 パパイヤは腸内細菌叢をサポートするのに役立つため、犬にとっても完璧な果物です。

しかし、あなたの犬にとって繊維が多すぎると、体がミネラルを吸収するのが難しくなります。 食物繊維が多いと、下痢や過度の鼓腸を引き起こす可能性もあります。 さらに、犬は肉食性であるため、植物材料よりも大量の肉を必要とします。

最高のサプリメント

マグネシウム

人間のように、犬は筋肉の発達と心臓の健康のためにマグネシウムを必要とします。 ミネラルはまた、さまざまな体の部分の機能と神経系の電気信号を助けます。

カリウム

パパイヤの主要なミネラルの1つはカリウムで、これは犬の体内での栄養素の吸収を助けます。 カリウムは骨や筋肉の成長にも効果があり、ミネラルは犬の友達に走ったり遊んだりするエネルギーを与えます。

パパイン

パパイヤには、パパインと呼ばれる植物ベースの酵素が含まれています。これは、他の食品のタンパク質を分解してエネルギーを増やすのに役立ちます。 ただし、パパインは熱に敏感なので、パパイヤを熱にさらさないように注意してください。

リコピン

リコピンは、植物ではめったに見られない化合物です。 抗酸化物質であり、心臓、脳、目、皮膚に役立ちます。 リコピンはまた、癌細胞の成長を遅らせ、犬の免疫力を高めます。

あなたの犬にパパイヤを与えるリスク

パパイヤは、ミネラルや栄養素が豊富に含まれている犬の健康的な果物です。 しかし、果物は過剰に与えられると下痢や嘔吐などの症状を伴う胃腸の合併症を引き起こす可能性があります。

これらの症状はあなたの犬に脱水症状を引き起こします、そしてあなたはすぐに獣医のアドバイスを求める必要があります。 犬にパパイヤを与え始めるときは、少量から始めてください。 これはあなたのペットが果物にアレルギーがあるかどうか、または彼らがそれを快適に食べることができるかどうかを判断するのに役立ちます。

アレルギー症状が見られる場合は、犬へのパパイヤの給餌を中止してください。 年齢、体重、犬種に応じて、子犬に与える適切な量のパパイヤについて獣医にアドバイスを求めるようにしてください。

犬にパパイヤを導入し、副作用がない場合は、測定量でパパイヤを与え続けます。 また、犬に悪影響を与えるため、パパイヤの皮をむき、種を取り除くようにしてください。

あなたの犬が食べることができるまたはできない他の果物

犬は果物や野菜の恩恵を受けますが、犬の飼い主は子犬を養うために果物に気を配る必要があります。 避けるべき果物のいくつかは次のとおりです。

アボカド

アボカドは人間にとって多くの健康栄養素を持っていますが、犬には優しいものではありません。 この果実の皮、くぼみ、葉には、ペルシンと呼ばれる有毒な化合物が含まれています。 残念ながら、内部の果物の肉質にもこの有毒な要素はほとんどありません。 ペルシンは犬に嘔吐と下痢を引き起こし、脱水症状を引き起こします。

さくらんぼ

さくらんぼは、犬に絶対に味わわせてはいけない果物のカテゴリーに属します。 この植物には、犬の細胞内酸素の輸送を妨げる有毒な化合物であるシアン化物が含まれています。

この化合物は、酸素が犬の血球に到達するのを困難にし、致命的となる可能性があります。 あなたのペットがあなたのサクランボをむさぼり食った直後にあなたがあなたの獣医に電話することを確認してください。

あなたの犬に与える安全な果物
ブルーベリー

果物には抗酸化物質が含まれているため、犬はベリーを食べることで恩恵を受けるでしょう。 これらはあなたの犬の細胞損傷を防ぎ、輝く健康な肌を残します。 ベリーには犬の消化を助けるのに十分な繊維も含まれていますが、子犬に果物を与えすぎないようにしてください。

りんご

あなたはおそらくリンゴを噛むのが好きでしょう、そしてあなたはあなたの犬の友人にいくつかを持たせることもできます。 ビタミンAとCが含まれているので、彼らにとって価値のある果物です。さらに、タンパク質と脂肪が少ないので、忠実な友人の肥満やその他の太りすぎの問題を心配する必要はありません。

ただし、犬に渡す前に、必ずリンゴの皮をむき、種を取り除いてください。 また、それらを凍結して、夏の間にあなたの犬にそれらを与えることができます。 果物が手に入らない場合は、リンゴ風味の犬用ビスケットを購入してください。 あなたの子犬はそれらを愛し、楽しむでしょう。

バナナ

あなたの犬の友人があなたが傾いた頭とそれらのとがった無邪気な目をしたバナナを食べるのを見ているなら、あなたは彼らにいくつかを持たせることができます。 果物はカロリーが低く、カリウム、ビタミン、繊維が含まれています。 ただし、バナナは糖分が多いので、適度に犬に与える必要があります。

結論

パパイヤはミネラル、栄養素、ビタミンが豊富であるため、小さな子犬にとって健康的な果物です。 食物繊維のおかげで、果物は消化を助けます。 ただし、犬の安全のために種と皮膚を必ず取り除いてください。

次に

ブロッコリー

ヒヨコマメ

ケール

全世界でトップ10のかわいい犬種を発見する準備はできましたか?

最速の犬、最大の犬、そして率直に言って、地球上で最も親切な犬はどうですか? AZアニマルズは毎日、このようなリストを何千もの電子メールサブスクライバーに送信しています。 そして最良の部分は? それは無料です。 以下にメールアドレスを入力して、今すぐ参加してください。

あなたの犬はパパイヤを食べることができますか? リスクとメリット

同じカテゴリの記事をもっと見る

  1. かつてクジラを食べた70フィートの捕食者ウナギを発見する
  2. スピノサウルス対モササウルス:誰が戦いに勝つでしょうか?
  3. 猫がビスケットを作る理由
  4. クロノサウルス対モササウルス:誰が戦いに勝つでしょうか?
  5. ダイオウイカvsシロナガスクジラ:2匹のジャイアントの比較
  6. 犬はエビを安全に食べることができますか? リスクは何ですか?
Tags: , , , , ,
キリンの妊娠期間:キリンはどのくらい妊娠していますか?
男性と女性のカミツキガメ:違いは何ですか?

最新ニュース

ほくろの意味

ホロスコープ

ペットカテゴリー

ワールドシネマ

あなたも好きかも