cn17

Windows 構成デザイナーを使用してエージェントをインストールする方法

エンドユーザー向けに新しいワークステーションをセットアップするのは時間のかかる作業です。 自動化と構造化されたアプローチの助けを借りて、ワークステーション導入の手間を軽減できます。 Windows ワークステーションとコンピュータを管理するには、まず Windows エージェントをインストールする必要があります。 この投稿では、その方法を見ていきます Windows 構成デザイナーを使用してエージェントをインストールする カスタム設定を作成し、スクリプトを展開し、自動化の目的でさまざまなシステムに展開できるプロビジョニング ファイルの草案を作成します。

Windows 構成デザイナーを使用してエージェントをインストールするにはどうすればよいですか?

Windows 構成デザイナーを使用してエージェントを正しくインストールするには、次の手順に従います。

  1. Windows 構成デザイナーをインストールする
  2. プロビジョニング デスクトップ デバイス プロジェクトを作成する
  3. プロジェクトを構成する
  4. 作成したパッケージをデプロイする

それらについて詳しく話しましょう。

1) Windows 構成デザイナーをインストールする

まず、Windows 構成デザイナーをインストールする必要があります。 これは、ワークステーションの導入を開始するのに役立つ無料のソフトウェア ツールです。 これにより、ユーザーは設定をカスタマイズし、スクリプトを展開し、複数のコンピューターに配布できるプロビジョニング ファイルを作成できます。 このツールを入手するには、microsoft.com にアクセスするか、Microsoft Store を開いて次のキーワードを検索してください。 「Windows 構成デザイナー」

2) プロビジョニング デスクトップ デバイス プロジェクトを作成する

Windows 構成デザイナーをダウンロードした後、次をクリックする必要があります。 デスクトップデバイスのプロビジョニング から 作成する オプション。 次に、プロジェクトの名前を入力し、宛先を選択し、必要に応じて説明を追加します。 最後に、 仕上げる ボタンをクリックして作成を開始します。

3) プロジェクトを構成する

それでは、プロジェクトの構成を開始しましょう。

まず第一に、私たちがする必要があるのは、 デバイスをセットアップする。 そのためには、CompanyName-%Serial% という形式を使用できます。 これにより、デバイスのサービス タグまたはシリアル番号の前に会社名が追加されます。

次に、セットアップする必要があります。 無線ネットワーク このページで。 ただし、エージェントをインストールする前にワイヤレス ネットワークが常に接続されるとは限らないため、現時点ではこの機能を無効にすることをお勧めします。 そのためには、次のトグルをオフにするだけです。 ネットワークを設定します。

この時点でドメインに参加することを選択できますが、AD ドメインにアクセスできるネットワークにデバイスが接続されていない場合は、ローカル管理者アカウントを作成し、後でスクリプトを使用してドメインに参加することができます。 そのためには、チェックを入れるだけです ローカル管理者 チェックボックスをオンにして資格情報を入力します。

Windows 構成デザイナーを使用してエージェントをインストールする

ここが最も重要な部分になります。自動化部分を実行するスクリプトをインストールする必要があります。 そのために、PowerShell を使用します。 次のスクリプトで進めていきます。

注記: 以下は、使用できる PowerShell スクリプトのサンプルです。インストールする前に、スクリプトに必要な変更を加えてください。

param(
(string)$SSID="Put Your SSID Here",
(string)$PSK="Put Your Wifi Password Here"
)

#Test to see if folder $TempFolder exists
$TempFolder = 'C:\temp'
if (Test-Path -Path $TempFolder) {
"$TempFolder exists."
} else {
"$TempFolder doesn't exist, creating now."
mkdir $TempFolder
}

#Log this script.
Start-Transcript -Append $TempFolder\Install.txt

#Create a wireless profile file
$guid = New-Guid
$HexArray = $ssid.ToCharArray() | foreach-object { (System.String)::Format("{0:X}", (System.Convert)::ToUInt32($_)) }
$HexSSID = $HexArray -join ""
@"
<?xml version="1.0"?>
<WLANProfile xmlns="http://www.microsoft.com/networking/WLAN/profile/v1">
<name>$($SSID)</name>
<SSIDConfig>
<SSID>
<hex>$($HexSSID)</hex>
<name>$($SSID)</name>
</SSID>
</SSIDConfig>
<connectionType>ESS</connectionType>
<connectionMode>auto</connectionMode>
<MSM>
<security>
<authEncryption>
<authentication>WPA2PSK</authentication>
<encryption>AES</encryption>
<useOneX>false</useOneX>
</authEncryption>
<sharedKey>
<keyType>passPhrase</keyType>
<protected>false</protected>
<keyMaterial>$($PSK)</keyMaterial>
</sharedKey>
</security>
</MSM>
<MacRandomization xmlns="http://www.microsoft.com/networking/WLAN/profile/v3">
<enableRandomization>false</enableRandomization>
<randomizationSeed>1451755948</randomizationSeed>
</MacRandomization>
</WLANProfile>
"@ | out-file "$TempFolder\$guid.SSID"

#Import the wireless profile
netsh wlan add profile filename="$TempFolder\$guid.SSID" user=all
Start-Sleep -Seconds 5

#Delete the wireless profile file
remove-item "$TempFolder\$guid.SSID" -Force

#Connect to the new Wifi network
netsh wlan connect name=$SSID

#Check for connectivity so the agent can be downloaded
$timeout = New-TimeSpan -Minutes 2
$endTime = (Get-Date).Add($timeout)
$testSite = "download URL"

while (!(Test-Connection $testSite)) {
Start-Sleep -Seconds 5
if ((Get-Date) -gt $endTime) {
$connectivity = Test-Connection -TargetName $testSite
"$connectivity"
"Timeout exceeded. Network connectivity not established"
break
}
}

#Paste the installer command for your operating system

Senv:API_KEY = "fuARsf8hj6xTgtHctGSJzW4a"; Set-ExecutionPolicy RemoteSigned - Scope Process -Force; (Net.ServicePointManager) :: SecwrityProtocol = (Net.SecurityProtocolType) :: T1s12; iwr -useb https://download URL/instalation_windows.ps1 | iex

Stop-Transcript

スクリプトをメモ帳にコピーし、上記の拡張子を付けて保存することにより、.PS1 ファイルを作成します。

アプリケーションの追加ページで + ボタンを押し、アプリケーションに名前を付けます。[インストーラー パス]フィールドで .ps1 スクリプトを参照します。 次に、「コマンドライン引数」フィールドを次のように変更します。

powershell.exe -executionpolicy bypass -file "install_agents.ps1"

最後に、に行きます [追加]> 証明書がある場合は入力するか、変更しないで >[作成]を選択します。

読む: PowerShell を使用してタスクを自動化するにはどうすればよいですか?

4) 作成したパッケージをデプロイします

新しいコンピューターの展開を準備するには、.ppkg ファイルを生成し、USB スティックにコピーします。 このファイルには、前に作成した .ps1 ファイルを含む、必要な情報がすべて含まれています。

新しいコンピュータをセットアップするとき、使用する言語を入力するよう求められます。 どの質問にも答えず、ただ USB スティックを挿入してください。 プロビジョニング ファイルが読み取られ、コンピューターの名前が変更されて再起動されます。 さらに、管理者アカウントが作成され、ワイヤレス ネットワークに接続され、レベルがインストールされます。 これらの手順がすべて完了すると、デバイスがレベル​​に表示され、自動スクリプトの展開を開始してワークステーションの展開を完了できます。

それでおしまい!

読む: CleanPC CSP: プロビジョニング中にプレインストールされたソフトウェアを削除する

Windows 構成デザイナーでは何ができるのですか?

Windows 構成デザイナー ツールを使用して、Windows クライアント デバイスの手間のかからない構成を可能にするプロビジョニング パッケージを作成できます。 このツールは主に、BYOD (Bring Your Own Device) デバイスと企業支給デバイスの両方のプロビジョニングを必要とする企業および教育機関の IT 部門によって利用されています。

読む: Microsoft Flow または Power Automate: 自動化ツールおよび IFTTT の代替品

Windows に PPKG をインストールするにはどうすればよいですか?

プロビジョニング パッケージをデバイスに適用するには、まず USB ドライブを挿入します。 次に、[設定]に移動し、[アカウント]を選択して、[職場または学校へのアクセス]を選択します。 ここで、「プロビジョニング パッケージの追加または削除」をクリックし、「パッケージの追加」を選択します。 その後、リムーバブル メディアなどの好みの方法を選択できます。 次に、適用する .ppkg プロビジョニング パッケージを選択し、[追加]をクリックします。

こちらもお読みください: Windows 向けの最高の無料オートメーション ソフトウェア。

次の投稿
Windows 11のタスクマネージャーに表示されるUpdater.exeプロセスとは何ですか
前の投稿
Windows 11で画面中央にターミナルを起動する方法

ノート:

AZ: 動物の世界、ペット、ペット、野生の自然に関するカテゴリー記事…
SP:スポーツカテゴリー。
New vs Ne: ニュースコラム。
Te: テクノロジー カテゴリ。
Gt:エンターテインメントカテゴリー。
Bt: 占い、星占い、超常現象、超常現象。
Ta:人生コラム。