cn16

Windows 11にOracle Databaseをインストールする方法

Oracle Database (Oracle RDBMS) は、Oracle Corporation が開発したデータベース管理システムです。 事前定義されたデータ型を保存し、データの管理と操作のための SQL をサポートします。 しかし、私たちができることを知っている人は多くありません Windows に Oracle データベースをインストールします。 このガイドでは、Windows コンピュータに Oracle 11g を簡単にインストールする方法を説明します。

Windows 11 に Oracle データベースをインストールする

Windows に Oracle Database をインストールする場合は、以下の手順に従います。

  1. Oracle データベース ファイルをダウンロードして抽出する
  2. Oracle 11gをインストールする
  3. Windows が URL を見つけられない問題を解決する
  4. Oracle 11g のセットアップ
  5. Oracle 11g を使用する

それらについて詳しく話しましょう。

1) Oracle データベース ファイルをダウンロードして抽出します。

まず、システムに Oracle 11g をインストールする必要があります。 すでにファイルを持っている場合は、この方法をスキップしてインストール部分に進んでも問題ありませんが、持っていない場合は、Oracle の公式 Web サイトである oracle.com に移動してください。 ダウンロード リンクに直接リダイレクトされます。 をクリックする必要があります ダウンロード アイコンをクリックしてダウンロードを開始できるようにします。 Oracle アカウントをお持ちでない場合は、サインインするように求められます。Oracle アカウントを作成して、ZIP ファイルをダウンロードします。

ZIPファイルをダウンロードしたら、開きます ファイルエクスプローラー、 に行く ダウンロード 場所を指定してファイルを抽出します。 これにより、別のフォルダーが作成され、その中に次のフォルダーが作成されます。 ディスク1。

2) Oracle 11g をインストールする

ZIP ファイルを解凍して DISK 1 フォルダー内に入ったら、セットアップ ファイルを実行する必要があります。 そこで、 セットアップ.exe ファイルを使用してインストールプロセスを開始します。[次へ]ボタンをクリックし、利用規約に同意し、必要に応じてインストール場所を変更します。 Oracle 11g を D ドライブにインストールしたいので、「参照」アイコンをクリックして必要な場所を選択しました。 インストールする前に、必ずその特定の場所にフォルダーを作成してください。

SYS および SYSTEM ユーザー (ユーザー アカウントとも呼ばれる) のパスワードを設定するように求められます。 何度も使用することになるので、覚えやすいものを設定してください。 最後に、画面上の指示に従ってインストール プロセスを完了します。

読む: SQL と MySQL の違い : 比較

3) Windows が URL を見つけられない問題を解決する

Oracle データベース アイコンをダブルクリックしたときに次のエラーが表示される場合は、いくつかの変更を加える必要があります。

Windows は「http://127.0.0.1:%HTTPPORT%/apex/f?p=4950」を見つけることができません。 名前を正しく入力したことを確認してから、再試行してください。

これを解決するには、Oracle 11g をインストールした場所に移動し、次の場所に移動します。 アプリ > oracle > 製品 > 11.2.0 > サーバー。 私にとってその場所は、 D:\oraclex\app\oracle\product\11.2.0\server。 目的の場所に到達したら、右クリックします 始めましょう をクリックし、「プロパティ」をクリックします。

最後に、以下のことを確認してください。 ウェブドキュメント タブ、URL が指している場所 http://127.0.0.1:8080/apex/f?p=4950。 必要に応じて変更を加え、「適用」をクリックします。

4) Oracle 11g のセットアップ

Windows に Oracle データベースをインストールする

前述の変更を加えた後、Oracle を起動できるようになります。 これを実行すると、コンピュータ上でローカルにホストされている特定の Web サイトにリダイレクトされます。 ユーザー名を次のように入力します 「シス」 または ‘システム’ そして先ほど設定したパスワード。

次に、ワークスペースを作成する必要があります。 これを行うには、必須フィールドに入力して、 ワークスペースの作成。 作成したワークスペースに入るリンクが表示されます。 開始するには、正しい認証情報を入力してください。

読む: SQL Server 経由で SQL ストアド プロシージャを作成する方法

5) Oracle 11g を使用する

最後に、Oracle の使用を開始できます。 このガイドは DBA によって書かれているため、すぐに次のページに進みます。 SQLワークショップ。 そのためには、 SQLワークショップ アイコン。 ここから SQL クエリを実行し、スクリプトやテーブル、ビュー、インデックスなどのオブジェクトを作成できます。

クエリを作成するには、SQL コマンドをクリックします。 データベースに対してあまり多くの作業を行っていないため、簡単なクエリを試してみましょう。

select sysdate, user from dual;

DUAL テーブルは、1 つの列と 1 つの行のみを含む一意のテーブルです。 これは、Oracle およびその他のデータベースのインストールにデフォルトで存在します。 テーブルには DUMMY という名前の列が 1 つあり、その列の型は VARCHAR2(1) で、値は「X」です。 このテーブルを使用して、SYSDATE や USER などの疑似列を選択できます。

同様に、コンソールを調べてレイアウトを理解してください。

読む: Windows に SQL Server をインストールできない問題を修正する

Windows に Oracle 19c データベースをインストールするにはどうすればよいですか?

Oracle 19c をインストールするプロセスは 11g のプロセスと似ています。 ただし、docs.oracle.com にアクセスし、ガイドに従って Windows コンピュータに Oracle 19c をインストールすることをお勧めします。 これは、Oracle がリリースした詳細なガイドで、この取り組みを支援します。

読む: オープンソース データベース ソフトウェアの比較と機能

Windows で Oracle データベースを実行するにはどうすればよいですか?

Windows での Oracle データベースの実行は、他のプラットフォームでの実行と似ています。 Oracle データサーバーに移動し、CMD で次のようにする必要があります。 sqlplus /NOLOG を実行します。 これで、次を使用して Sysdba として接続できます 接続 / SYSDBA として SQL クエリ。

こちらもお読みください: Microsoft SQL Server データベースを別のドライブ パーティションに移動します。

次の投稿
PC で Xbox コントローラーのバッテリーを確認する方法
前の投稿
最高の無料アナグラムジェネレーターソフトウェアとオンラインツール

ノート:

AZ: 動物の世界、ペット、ペット、野生の自然に関するカテゴリー記事…
SP:スポーツカテゴリー。
New vs Ne: ニュースコラム。
Te: テクノロジー カテゴリ。
Gt:エンターテインメントカテゴリー。
Bt: 占い、星占い、超常現象、超常現象。
Ta:人生コラム。