cp8

Keepit は、保護されていない SaaS アプリケーションのバックアップと復元を可能にします

組織は多くの場合、最大 200 の異なるクラウドおよび SaaS (Software-as-a-Service) 製品を使用しており、それらを 1 つの製品でバックアップできる必要があります。

これは、顧客が SaaS アプリケーション データを保護する機能を迅速に追加できるようにすることを目的とした、クラウド間の SaaS アプリケーション バックアップ プロバイダーである Keepit の見解です。

これは、SaaS データをバックアップするという基本的なニーズに加えて、デフォルトではほとんど保護されておらず、何億ものユーザーのデータがバックアップされていません。

Keepit の最高技術責任者である Jakob Østergaard 氏は、「SaaS アプリケーションはバックアップ用に構築されたことはなく、バックアップもありません」と述べています。 「誰かがランサムウェアに感染した場合、責任共有モデルでは、クラウド プロバイダーはそれを支援できません。 Microsoft は、ハード ドライブに障害が発生した場合、データを失うことは絶対にありませんが、誰かがデータを侵害した場合、問題を解決することはできません。 たとえば、Microsoft 365 を使用している顧客の 90% はバックアップを持っていません。 これは何のバックアップもない1億議席であり、EU(欧州連合)が間もなく企業にそうすることを法的に義務付けるという文脈でのことである。」

Keepit は、SaaS アプリ向けの実際のバックアップをネイティブに提供していないクラウド プロバイダーによって残されたギャップを埋めるために登場した、数多くの SaaS (クラウド間バックアップ) 製品およびサービスの 1 つです。

デンマークを拠点とする Keepit の主な特徴は、独自のデータセンター容量を実行するため、すべてのバックアップがソース SaaS アプリケーションが存在する場所から独立して保持されることです。

「私たちが独自のオブジェクト ストアを運営しているのは、クラウドの停止によってバックアップが利用できなくなることがないように、バックアップを主要データの取得元から分離したいからです」と Østergaard 氏は述べています。 「そうしないと、365 をバックアップした場合、G-Suite と GCP、または Salesforce と AWS と同様に、そのバックアップを Azure に保持できません。 そこで、パブリック クラウドでデータをホストしないことにしました。」

Keepit には、コペンハーゲン、フランクフルト、ロンドン、チューリッヒ、シドニー、トロント、ワシントン DC のデータセンター容量に基づいたリージョンがあります。 各リージョンはソブリン アベイラビリティ ゾーンとして扱われ、顧客の承認がない限り、リージョン間でデータが移動されることはありません。 各リージョンには 2 つのアクティブ/アクティブ データセンターがあり、それらの間でフルサイト フェールオーバーが行われます。 Keepit は、入場、降車、定員に応じて料金を請求するのではなく、座席ごとに料金を請求します。

データは、Microsoft 365、Microsoft Dynamics、Entra ID (旧称 Azure Active Directory)、Google Workspace、Salesforce.com、Azure DevOps、Power Platform、ZenDesk で保護できます。 「クラウド バックアップ製品としてゼロから構築されました」と Ostergaard 氏は言います。

Keepit バックアップは、永久増分スキーマで 1 日に 1 回または 2 回実行されるように設計されています。 個々のファイルを表示してプレビューすることは可能ですが、それはワークロードによって異なります。

「Salesforce には完全な UI はありませんが、顧客はコンテンツを表示できます」と Østergaard 氏は言います。 「バックアップを念頭に置いて構築された SaaS アプリはありませんが、オブジェクト レベルの粒度を与えることができます。」

クラウドサービスのサポート

オスターガード氏によると、Keeit はこれまで Microsoft 365 のポイント ソリューションとみなされていたが、現在は複数の SaaS サービスをサポートしており、最大 200 のクラウド サービスを実行している可能性がある顧客が、それらの数百の SaaS アプリケーションのいずれかを簡単に追加できるようにする予定であると述べました。

「その目的は、最新のクラウド サービスをより迅速にサポートすることです」と彼は言いました。 「新しいワークロードを迅速にサポートできるように、バックアップ エンジン上にレイヤーを構築しました。 それが私たちが目指している方向ですが、これはほんの始まりにすぎず、現時点ではいくつかの SaaS アプリケーションでその機能を備えています。 今後数か月以内にそれを拡大する計画です。」

「これはゲームチェンジャーになるだろう」とオスターガード氏は語った。 「その 200 のうち 90% をサポートできるようになると予想しています。2024 年の夏から、Keeit で新しいアプリケーションを追加できるようになりますが、長期的には、それを行うのは顧客と開発者になるでしょう。」

次の投稿
American Express の顧客が第三者による侵害により被害に遭う
前の投稿
無制限の無料メッセージを備えた CrushOn.AI の最良の代替品

ノート:

AZ: 動物の世界、ペット、ペット、野生の自然に関するカテゴリー記事…
SP:スポーツカテゴリー。
New vs Ne: ニュースコラム。
Te: テクノロジー カテゴリ。
Gt:エンターテインメントカテゴリー。
Bt: 占い、星占い、超常現象、超常現象。
Ta:人生コラム。