を使用したUbuntuでの静的IPv4アドレスの構成

(oneechanblog) – Ubuntu17.10以降のシステムは ネットプラン ネットワークインターフェイスを管理するための新しいコマンドラインユーティリティとして。 それはで動作します Systemd-networkd また ネットワーク管理者 レンダリングします。 Netplan構成ファイルはYAML形式で記述されているため、単純から複雑なネットワーク構成が可能です。 デスクトップからサーバーへ、そしてクラウドからIoTデバイスへと機能します。

この記事は、Netplanコマンドラインツールを使用してUbuntuシステムで静的IPv4アドレスを構成するのに役立ちます。

ネットワークインターフェイス名を確認してください

まず、ネットワークインターフェイス名を特定する必要があります。 インストールの種類やシステム環境によって異なる場合があります。

インターフェイス名のタイプを見つけるには:

sudo nmcli device status

Output:

DEVICE TYPE STATE CONNECTION eth0 ethernet connected Wired connection 1 lo loopback unmanaged —

を使用してインターフェイス名を確認することもできます ip 指図:

sudo ip a

ネットワークインターフェース名の確認

上記の出力は、システムがネットワークインターフェイス名で構成されていることを示しています eth0。 これは、システムによって異なる場合があります。 したがって、システムネットワークインターフェイス名を次のように確認してください。 ip a 上記のようなコマンド。

Netplanを使用した静的IPアドレスの構成

Netplanは、すべての構成ファイルを / etc / netplan ディレクトリ。 上記のコマンドで見つかったネットワークインターフェイス名をすでに持っているので。 次に、NetPlanユーティリティを使用して、そのインターフェイスへの静的IPアドレスを構成します。

設定ファイルを作成して、お気に入りのテキストエディタで編集しましょう。

sudo vi /etc/netplan/01-netcfg.yaml

YAML形式でネットワーク構成を追加します。 以下の構成では、厳密なインデントとそれに続くYAMLのため、4つのスペースを使用しています。

network:
version: 2
renderer: networkd
ethernets:
eth0:
addresses:
– 192.168.0.210/24
nameservers:
addresses: [8.8.8.8, 8.8.4.4] routes:
– to: default
via: 192.168.0.254

上記の構成では:

eth0 –はネットワークインターフェイス名です
192.168.0.210/24 –はインターフェースに設定するIPv4アドレスです。 必ずCIDRを定義してください。 複数のIPアドレスを追加することもできます。

routes via 192.168.0.254 –ネットワークのゲートウェイIPアドレスを設定します

8.8.8.8, 8.8.4.4 –はGoogleDNSサーバーのIPアドレスです。

IPv4アドレスがシステムネットワークに属し、正しいゲートウェイIPアドレスを持っていることを確認してください。

確認したら、を押します ESC と :wq ファイルの内容を保存して閉じます。

次に、次のコマンドを実行して変更を適用します。

sudo netplan apply

これにより、ネットワークインターフェイスに静的IPv4アドレスが構成されます。 これで、上記で構成した新しいIPアドレスを使用してシステムにアクセスできるようになります。

結論

このチュートリアルでは、Ubuntuシステムでネットワークインターフェイスを構成する方法を学びました。

他の同様の投稿

見つかりませんでした。

動物の世界

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

多分あなたは興味があります