ニュース

Roeのリークは、最高裁判所が今春の銃の権利、気候、移民事件を決定する方法に影響を与える可能性があります

(oneechanblog) – 彼らの会議では、秘密が守られているので、他の誰もその部屋に入ることができません。 エイミー・コニー・バレット裁判官は、最年少の裁判官として、誰かがノックした場合にドアを開ける責任があります。

しかし、そのような予防策は今ではほとんど古風なもののようです。

今後数日のうちに、ロバーツによって開始された調査が開始され、おそらく長期的な影響があり、プロトコルの変更がトリガーされ、新しいレベルの機密性が追加されます。

ただし、短期的には、リークの影響はさらに深刻になる可能性があります。 これは、今後数週間で、裁判官が中絶紛争と、移民、宗教の自由、環境を扱った主要な修正第2条の訴訟を解決しなければならないためです。

ニール・ゴーサッチ裁判官の元書記官であるマイク・デイビス氏は、「9人の裁判官、3ダース以上の法務官、および行政補佐官は、最高裁判所が機能するために、意見を起草するために絶えず協力して協力しなければならない」と述べた。 「これには厳格な信頼と最大限の信頼が必要であり、どちらもこの前例のないリークが打ち砕かれました。」

チャンバー間の注意深い振り付けを含むこれらの審議は、今後損傷を受ける可能性があります。 そのような仕事は率直な会話と共有された信頼を必要とします、そしてそれは密室で起こっていることが世界に放送されるかもしれないことを知っていることを集めるのは難しいかもしれません。

これは、米国の生活に大きな影響を与える可能性があると裁判所が検討している主な事例です。

ロー対ウェイド事件と中絶

アリトの意見草案については多くのことが語られてきましたが、裁判所のスポークスマンは、それが最終的なものではなく、裁判所のメンバーの最終的な投票を反映していないことを明らかにしました。

それは、おそらく最初の票を投じてRoeを覆す1人か2人の裁判官が関与している可能性がまだあることを示唆している。 ロバーツが支持した1つの選択肢は、ミシシッピ州の15週間の中絶禁止を支持することですが、中絶の権利に関するRoeの保証を明示的に覆すことはありません。

投票が変更されたり、反対派が非常に雄弁に書いたりして、最初は大多数の同僚の予期しない支持を得る可能性があることは前例のないことではありません。

修正第2条の権利
裁判所は、10年以上の間、米国憲法修正第2条の主要な訴訟で意見を発表していませんが、今ではそれ以前に機会があります。

裁判官は、1世紀以上前に制定された、隠された銃を家の外に持ち出すことを制限するニューヨーク州の銃法を無効にするかどうかを検討しています。

裁判官はこの問題を秘密裏に議論しているので、武装権は家の外に拳銃を持ち運ぶ権利にまで及ぶという幅広い決定を下すか、それとも少数の法律にもっと狭く焦点を当てるかを決定します。これにより、許可を取得する人を決定する際に、ライセンス担当者に大きな裁量が与えられます。

学校のバウチャーと祈り

舞台裏では、親がバウチャーを使用して子供を公立または私立の学校に送ることを許可するメイン州の授業支援プログラムから宗教学校を除外することに関する事件で、裁判官が分かれている可能性があります。

関連:政教分離に関する最高裁判所の進化

法廷の保守派は最近、宗教の自由の権利を拡大しましたが、リベラル派は時々、政教分離を強化するために動いています。

別の係争中の事件は、試合後に50ヤードラインで祈りたい元高校フットボールのコーチに関するものです。 口頭での議論では、保守派はコーチの宗教的権利に同情しているように見えたが、リベラル派は学生がコーチ主導の祈りに参加することを強要されていると感じていることへの懸念を表明した。
気候危機

裁判官はまた、環境保護庁には電力部門からの地球温暖化排出を規制する権限がないと主張する共和党の検事総長によって提起された事件を検討しています。

彼らは、代わりに、権威は議会を通じてもたらされるべきであると主張している。 その結果は、バイデンの気候アジェンダと環境規制全体の将来に多大な影響を与えるでしょう。

「メキシコに留まる」と移民

法廷での移民に関していくつかの論争があります。

1つは、バイデン政権がトランプ時代の「メキシコに留まる」政策を終わらせようとしていることです。この政策では、非メキシコ人移民は米国移民法廷の日付までメキシコに留まる必要があります。 下級裁判所は、バイデンが政策を終わらせることを阻止した。 裁判官は、今後の移民プログラムを大幅に変える可能性のある下級裁判所の抜本的な決定を検討する予定です。

学期の終わりまでに、ロバーツは、裁判所の人気が史上最低であったときに、最近の歴史の中で最も分裂的なドックの1つを通り抜けて裁判所をナビゲートしました-そしてそれは中絶ドラフト意見のリークの前でした。

調査を発表した彼の声明の中で、ロバーツはリークを「特異でひどい違反」および「侮辱」と呼んだ。

彼は「裁判所の仕事はいかなる形でも影響を受けないだろう」と主張したが、それはすでに影響を受けている。

他の同様の投稿

その他の情報を探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

動物の世界

テクノロジーの世界

コミックの世界

メニュー