ペット

オオカミは危険ですか

オオカミは危険です。 オオカミは、ユーラシア大陸と北アメリカ原産の信じられないほどの野生の犬です。 犬のようなこれらの肉食動物は他の多くの社会的な動物の中にあり、それらについて非常に多くの魅力的な事実がありますが、野生で危険な痕跡をそれらから消すことは難しい場合があります。 ある人にとっては、彼らはかわいいと感じられるかもしれませんが、他の人にとっては、彼らは激しく見えます。 私たちがそれらをどのように見ても、イヌ科の最も著名な現存するメンバーを扱うときは細心の注意を払う必要があることに注意することが最も重要です。

オオカミは主に野生で最も古い捕食者として知られています。 彼らは、齧歯動物、ノウサギ、ワピチ、バイソン、鹿など、小型から大型までの多種多様な動物を捕食します。 国際分類情報システムによると、これらの野生生物は3つの異なる種と、さまざまな色合いとサイズの30を超える亜種を持っています。 コヨーテは人間と密接な相互作用はありませんが、個人はこれらの野生動物の周りに注意する必要があります。

オオカミが人間にとってどれほど危険かを調べてみましょう。

オオカミは人間にとって危険ですか?

オオカミは非常に用心深い動物なので、人間との接触を避けます。 したがって、それらは人間に脅威を与えません。

オオカミと人間との相互作用は、ロムルスとレムスの初期のローマ時代以前にさかのぼり、どちらもオオカミを子供として育てていました。 しかし、オオカミは、長い間人間と共存してきたヘビとは対照的に、人間との相互作用は高くありません。

多くの牧歌的な集落での家畜に対する後の破壊的で卑劣な攻撃によって引き起こされた人間とオオカミの間の競争の長い歴史で、これらの野生生物は彼らの食欲を満足させながら多くの家畜農家の生活を簡単に破壊しました。 人間とオオカミの間の競争の結果として、オオカミが人間への攻撃を開始することを計画するとき、いくらかの抵抗があります。 そして、突然人々を攻撃することへの恐れは、彼らが彼らを殺すために罠、餌、毒、誘惑、罠、そして穴を使ったと牧場主とハンターを非難した彼らの先祖の経験から生じたと言うことができます。

オオカミは猛烈な捕食者であり、その名前には年間10人の死者が記録されており、これらの恐ろしい生き物の単なる考えが世界にかなりの脅威をもたらすことは間違いありません。人間と小動物。 さらに、彼らは背の高い犬の家族の一員であると考えられており、飼いならされた犬よりも高いランクを持っています。

何より? オオカミに噛まれると、獲物を斬首する可能性があることに注意することが重要です。 これにより、犬科の他のメンバーと比較して、彼らが悪であると確信することができます。

ほとんどの野生のオオカミは狂犬病の自然な保因者です。 数十年前、これらの凶暴な捕食者からのすべての噛みつきは致命的でした。 そしてこれは、それ自体で、攻撃された人々を傷つけました。 しかし、ワクチンの開発以来、これらの野生動物に襲われた人々にとって、迅速な治療が日常茶飯事になっています。

オオカミは他の動物にとって危険ですか?

この質問は本当にクレイジーだと思うかもしれません。 ただし、これらの野生生物は頂点捕食者であるため、他の頂点捕食者を除いて、他の動物にとって危険であると結論付けるのは合理的です。

言うまでもなく、オオカミは必要が生じたときに獲物を追い詰めたいという飽くなき欲求を持った肉食動物です。 彼らはエルク、ムース、鹿、バイソン、ノウサギ、アライグマ、ビーバー、ウサギ、その他の動物を捕食します。

オオカミはどのように獲物を攻撃しますか?

オオカミは機会主義者であり、彼らの飽くなき飢えで、彼らは潜在的な獲物を狩ることにとどまりません。 彼らは、優れた聴覚と感覚で数分以内に獲物を注意深く追跡し、食い尽くします。

魅力的に、彼らは獲物を狩るときに魅力的で危険な技術を採用しています。 この技術により、オオカミは、動物の首や喉に頑丈な牙を放ちながら、潜在的な食事や希望する食事の弱点を分析して指摘することができます。 彼らの歯からのグリップはしばしば獲物をショックまたは無意識の状態に陥らせ、ほとんどの場合死に至ります。 悲しいことに、獲物の皮膚と重要な器官は、残念ながら、パックやオオカミの餌を作るために引き裂かれています。

コヨーテキャリアですか?

オオカミの生活は病原体、寄生虫、ウイルスによって揺さぶられていると言っても過言ではありません。 感染したオオカミに見られるいくつかのウイルス性疾患には以下が含まれます。 狂犬病、犬の肝炎、犬パルボウイルスなど。

狂犬病に感染すると、ウイルスが破壊的な微生物の発生を引き起こし、無謀を引き起こし、オオカミが群れを捨てて長距離を移動するのに8〜21日かかります。 これが起こると、感染したオオカミは、旅の途中で遭遇する他のオオカミに感染する可能性があります。

乳頭腫はオオカミが生き残ることができます。 それらは横行していませんが、オオカミの摂食習慣を変えることもできます。 成体のオオカミは、子犬よりもパルボウイルスを生き残る可能性が高くなります。

オオカミに関するその他の事実

  • オオカミは食べ物を探すときに多くの成功した狩りを記録することができます。
  • 彼らは4-6カブスまでのくずを持っています。
  • 興味深いことに、オオカミが生まれると、世界では耳が聞こえなくなり、盲目になります。
  • オオカミは野生で10年以上生きることができます。
  • 驚いたことに、彼らは42の歯を持っており、これは彼らの危険な殺害をサポートしています。
  • オオカミは昼も夜も吠え、お互いにコミュニケーションを取ります。
  • 驚くべきことは、オオカミは移動せず、パックで移動して広いエリアを狩ることです。
  • 男性のオオカミは女性よりも目立ちます。
  • 時々、オオカミは性的指向が成熟するにつれて、生まれたばかりのパックを離れて既存のパックに参加します。

ソースCacanhmini.com

他の同様の投稿

その他の情報を探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

動物の世界

テクノロジーの世界

コミックの世界

メニュー