未分類

LinuxでMySQLのパフォーマンスを監視するためにdbWatchをインストールする方法

(oneechanblog) – dbWatch は、強力なクロスプラットフォームのフル機能のエンタープライズグレードのSQLデータベース管理および監視ツールであり、データベースインスタンスとそのシステムのリソースを完全に制御できます。 非常にスケーラブルで安全であり、大規模なデータベースファームを管理するように設計されています。

dbWatchの機能

主な機能の一部を次に示します。

PostgreSQL、MySQL、Oracle、MS SQL、Sybaseなどを含むいくつかのデータベースシステムをサポートします。

フットプリントが小さく、ハードウェアリソース要件が低くなっています。

単一の統合ビューで複数のインスタンスの監視をサポートします。

サーバーとグループに名前を並べ替え、グループ化し、フィルタリングし、割り当てて、視聴するものを調整できます。

パフォーマンスの監視、稼働時間、負荷、接続、使用されるディスクスペース、増加率、テーブルスキャン、読み取りロジック、キャッシュヒット率などをサポートします。

すべての定期的なメンテナンスおよび監視タスクの自動化を可能にします。

パフォーマンスを追跡するためのカスタムダッシュボードとレポートの作成を許可します。

任意のデータベースサーバーでSQLクエリを実行できます。

監視モードからデータベース管理モードに簡単に切り替えることができます。

詳細なビューとレポートによるサーバー統合もサポートします。

データベースサーバーのライセンスレポートをサポートし、完全なOracleデータベースライセンスレポートなど、テスト中の予期しない事態の準備と回避に役立ちます。

セキュリティの面では、暗号化された接続と証明書、役割ベースのアクセスプロファイルをサポートし、ActiveDirectoryとKerberos認証システムなどをサポートします。

ライセンスをリクエストする

使用するには dbWatch次のライセンスタイプのいずれかが必要です。

テストまたは開発ライセンス–クラスターのサポートやメンテナンス作業はありません。

単一ノードの通常ライセンス–実稼働環境用。

クラスタをサポートする通常のライセンス–本番環境用。

大企業の展開では、次を使用できます dbWatch Enterprise 高レベルのリクエストを対象としています。 その上、 dbWatch Essentials と dbWatch Professional 小規模な環境でも利用でき、どちらも同じ使いやすいソリューションを提供しますが、高度な機能が少なく、低価格です。

ハードウェア要件

dbWatchの最小システム要件:

  • 8 GB RAM
  • 1GBのディスク容量
  • 最小2コア、4コアを推奨

このガイドでは、インストール方法を示します dbWatch MySQLデータベースを監視するためのdbWatchフレームワークをパッケージ化してデプロイします。 このチュートリアルでは、の試用版の実験ライセンスまたは開発ライセンスを使用します。 dbWatch。

dbWatchのインストール–Linuxでのデータベースの監視

まず、フォルダを作成することから始めましょう dbWatch ファイルはシステムに保存されます。デフォルトは / usr / local / dbWatch。

次に、wgetコマンドを使用してdbWatchパッケージファイルの最新バージョンを取得し、それを抽出してスクリプトを実行可能にし、次のように実行します(プロンプトが表示されたらパスワードを入力することを忘れないでください)。

$ sudo mkdir -p /usr/local/dbWatch
$ wget -c https://download.dbWatch.com/download/LATEST/dbWatch_unix_12_8_8.sh.bz2 –no-check-certificate
$ bzip2 -d dbWatch_unix_12_8_8.sh.bz2
$ sudo chmod +x dbWatch_unix_12_8_8.sh
$ sudo ./dbWatch_unix_12_8_8.sh

一度 dbWatch インストーラーアプリが表示されたら、をクリックします 次 を進めます。

dbWatchインストールスクリプトを実行します

クリック 次 次のステップに進みます。 の既存のインストールをアップグレードする場合は注意してください dbWatchチェックオプション アップグレード 既存のインストール。

dbWatchツールをアップグレードする

次に、ゲートを設定します dbWatch サーバーは、デフォルトのポートをリッスンするか、そのままにします。 7099 をクリックします 次。

dbWatchポート番号

次に、入れます dbWatch サーバーのデフォルトの管理者ユーザーパスワード。

dbWatch管理者パスワード

次に、ライセンスキーを入力します。 挑戦し続けたいなら dbWatch (この場合、非商用ライセンスで実行されます)、をクリックします 次。

dbWatchライセンスキー

次に、スクリーンショットに示されているように、dbWatchライセンス契約を読んで同意します。 そしてクリック 次 続ける。 次のステップでは、実際のインストールに進むことができます dbWatch クリックして、システム上のパッケージファイル 次。

dbWatch契約

インストールが完了するのを待ちます。 そこにあるとき、あなたは見るでしょう おめでとう 次のスクリーンショットに示すように。 クリック 次 を進めます。

dbWatchのインストールが完了しました

「」を残してdbWatchサーバーを起動します。dbWatchMonitorを起動します「選択しました。

dbWatchMonitorを起動します

次に、との接続を構成します dbWatch 管理者ユーザーとしてログインすることにより、データベースコントロールセンター。 以前に作成した管理者ユーザーのパスワードを入力し、[サインイン]をクリックします。

dbWatch接続を構成します

MySQLデータベースを監視するようにdbWatchを設定する

ログインに成功すると、データベースインスタンスを追加するためのウィンドウが表示されます。 選択 MySQL 利用可能なデータベースオプションから、チェックマークを付けます データベースバージョンを追加 をクリックします 次。

dbWatchMySQLデータベースの追加

の名前を指定します MySQL 例えば。 または、インスタンスが属するグループを選択します(使用可能なオプションは次のとおりです) 量、 実験と 進化)。 次に確認してください モニタリング オプションをクリックしてクリックします 次。

dbWatchMySQLデータベース名を追加

次に、 MySQL デフォルトのrootユーザーなどの管理ユーザーとしてのデータベース。 データベースサーバー、ユーザー名、ユーザーパスワード、およびポートを入力します。 次に、[次へ]をクリックして続行します。

dbWatchMySQLデータベース接続

dbWatchは、データベースにデータ(データベースのステータスタスクやアラート、その他の関連データなど)を保存するように指示します。 使用するデータベースをインポートします dbWatch ユーザー名とパスワードを設定します。 デフォルト値のままにしておくことができます。 次に、[次へ]をクリックして、インストーラーが指定されたユーザーとデータベースを作成できるようにします。

データベースdbWatchを作成する

次に、設定するアクションとアラートを選択して、[次へ]をクリックします。

dbWatchタスクとアラートを選択します

この時点で、[次へ]をクリックして、MySQLデータベースサーバーにdbWatchエンジンをインストールできます。

dbWatchEngineをMySQLにインストールします

インストールが完了した後。 クリック 大丈夫 dbWatchを使用してMySQLデータベースの監視と管理を開始します。

MySQLにdbWatchFrameworkをインストールする

dbWatchを使用してMySQLデータベースを監視する

おめでとう! インストールとセットアップが正常に完了しました dbWatch データベース管理および監視フレームワーク。 詳細については、dbWatchのWebサイトを確認してください。

他の同様の投稿

その他の情報を探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

動物の世界

テクノロジーの世界

コミックの世界

メニュー