anime vs manga

月曜日のたわわ論争のマンガ広告が検閲に関する会話を刺激する-関心

(oneechanblog) – ある日本の政治家は、 月曜日のたわわ ((月曜日のたわわ)ファンサービスマンガ 日経 金融新聞。 自民党(自民党)の藤末健三議員 共有 第3巻と第4巻を持っている自分の画像 比村奇石火曜日のツイッターでの漫画。 彼のツイートは単に「購入しました!」と書かれています。

藤末は2004年に国会参議院に選出され、政府のマンガ評議会に参加している。 彼は話しました 批判的に 児童買春および児童ポルノ禁止法を改正して、児童に対する暴力を終わらせるためのグローバルパートナーシップおよび児童の権利に関する国連委員会からの提案に基づいて、未成年のキャラクターの描写を制限するガイドラインを含めるよう求める申し立ての内容。

この修正条項は、子供、または主に子供として描かれ、明らかな性行為を行っている子供、または性的な目的で子供の体の性的部分の描写を行っている子供、またはその画像の配布、提供、販売、アクセス、表示、および所持を犯罪とします。 請願書には、児童買春、児童ポルノ、「女子高生サービス」などの性的搾取を促進するサービス、および児童エロチカを対象とした修正も含まれています。

藤末氏は請願について語り、これらの規制はマンガ文化に悪影響を及ぼし、「子供のように見える」ことを構成するものの主観性のために施行するのが難しいと述べた。 手塚治虫。

「被害者なき犯罪を取り締まるために警察のリソースが使われ、本物の子供たちを救うことに貢献しないことも問題だと思う」と藤末は書いた。

The 月曜日のたわわ シリーズはまたからのコメントを促した ラブひな マンガ 創造者と政治的希望 赤松健 日曜日に。 赤松氏は、世界的な男女共同参画組織であるUN Womenからの批判を、日本の「特にマンガ、アニメ、ゲームの表現の自由」を規制する「外部からの圧力」と見なし、そのような圧力は新しいものではない。 彼は、そのような規制は合理的に取り組む必要があり、外部の関係者がそれを要求しているという理由だけで従うべきではないと説明しました。 赤松の「外圧」の定義は、必ずしも「日本国外」を意味するものではありません。 彼は例としてバーチャルYouTuberTojouLinkaをフィーチャーしたPSAの削除を使用しました。

千葉県警察は、昨年、全国フェミニスト議員同盟(AFER)からの苦情の手紙を受けて、YouTuberを特集した交通PSA動画を削除しました。 この手紙は、VTuberのキャラクターデザインを「性的に客観的」だと批判しました。 赤松は、AFERが2016年に発表された女性差別撤廃委員会(CEDAW)の報告書を苦情の正当化として参照したと書いています。

赤松は、「ステレオタイプは引き続き女性に対する性的暴力の根本原因であり、ポルノ、アニメ、ビデオゲーム、マンガは女性と少女に対する性的暴力の一因となっている」と主張するCEDAW2016レポートの声明に同意しません。 彼は、これらの形式のメディアが女性に対する暴力や固定観念に積極的に貢献しているという証拠はなく、これらの基準を満たす作品をどのように判断するかについての概要のコンセンサスはないと述べています。

UNWomenは 日経 4月11日の新聞は、広告は「受け入れられない」と述べ、それを印刷する選択についてさらに明確にするよう求めました。 広告には、主人公の愛が制服を着て横顔で立っていることが示されていました。 「これが素晴らしい週になることを願っています」と書かれています。 講談社 マンガの第4巻のリリースを促進するために広告を配置しました。

マンガシリーズは、アーティストに毎週ピンナップが投稿された2015年に始まりました 比村奇石のTwitterアカウント。 主人公の愛は、通学中の電車の中でビジネスマンと出会う巨乳女子高生。 電車の中で女の子が定期的に登場することで、男性の憂鬱な月曜日の通勤が明るくなります。

The 日経 紙は、「メディアと広告を通じてジェンダーの平等を促進し、有害なステレオタイプを排除する」ための世界的なキャンペーンであるUN Women’sUnstereotypeAllianceの取り組みの一部です。 The 日経 紙は、男女共同参画に貢献する広告を表彰する「日経女性エンパワーメント広告賞」など、これまでの取り組みの推進に積極的な役割を果たしてきました。 この賞には、「The 3 Ps」と呼ばれる広告をスクリーニングするための3つのステップのプロセスがあります。プレゼンス(広告には多様な人々が含まれますか?)、パースペクティブ(男性と女性の両方のパースペクティブが考慮されますか?)、およびパーソナリティ(主題は個性と独立性を示していますか?)

「会社からの説明がなければ、広告の力を通じてジェンダー平等を推進するために彼らと協力し続けるとは確信していません」と国連ウィメン日本支部の石川雅恵事務局長は語った。

赤松氏は4月16日に投稿し、UnstereotypeAllianceで概説されている規制には「合理的な根拠がない」と述べた。

「私たちクリエーターは、それを読んだ人が物語や創造物の中で起こっていることを再現するリスクがある場合、何も書いたり描いたりすることはできません。実際、私は漫画が戦争や殺人を奨励することを聞いたことがありません。なぜこの不合理な規制はそうですか?女子高生を描いた漫画は大いに宣伝されているのか。合理的な理由と科学的証拠を提供してほしい」と赤松は書いている。 彼は、そのような広告の規制は、作成者、発行者、および広告主による表現の自由に違反していると述べました。

出典:藤末健三のツイッター アカウント

他の同様の投稿

その他の情報を探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

動物の世界

テクノロジーの世界

コミックの世界

メニュー