ニュース

NASAとSpaceXDelayCrew-4が国際宇宙ステーションに打ち上げ

(oneechanblog) – NASAのSpaceXCrew-4宇宙飛行士は、カリフォルニア州ホーソーンにあるSpaceX本部でのトレーニングセッションに参加しています。 左から右へ:NASAの宇宙飛行士とSpaceXCrew-4のミッションスペシャリストであるジェシカワトキンス。 NASAの宇宙飛行士とSpaceXCrew-4パイロットのロバート「ボブ」ハインズ。 NASAの宇宙飛行士とSpaceXCrew-4の司令官KjellLindgren; ESA(欧州宇宙機関)の宇宙飛行士およびクルー4のミッションスペシャリストであるイタリアのサマンサクリストフォレッティ。 クレジット:NASA

のフライト準備レビュー NASAの SpaceX 国際宇宙ステーションへのクルー4ミッションが終了し、チームは4月23日土曜日の午前5時26分にフロリダにあるケネディ宇宙センターの打ち上げコンプレックス39AからEDTリフトオフに向けて進んでいます。 日付の調整により、ミッションチームは、4月8日に宇宙ステーションにAxiom Mission 1(Ax-1)が打ち上げられた後、Crew-4ミッションの最終的な打ち上げ前処理を完了する時間ができます。

ケネディ宇宙センターのコマーシャルクループログラムのマネージャーであるスティーブスティッチは、2022年4月15日にフロリダ宇宙港で行われたスペースXクルー4ミッションの飛行準備レビューに参加しました。国際的なパートナーも参加しました。 NASAとSpaceXのミッションマネージャーはFRRを開催し、SpaceXFalcon9ロケットとクルードラゴン宇宙船が打ち上げの準備ができていることを確認しました。 クルー4は、NASAの商業乗務員プログラムの一環として、2022年4月23日にケネディの打ち上げコンプレックス39Aから国際宇宙ステーションに打ち上げられる予定です。 ファルコン9ロケットとクルードラゴン宇宙船のリフトオフは、東部標準時午前5時26分を対象としています。 クレジット:NASA / Kim Shiflett

ミッションチームは、今後の船外活動やAx-1乗組員の帰還など、進行中の宇宙ステーション活動で運用スケジュールを監視し続けます。 天気予報は、乗組員の任務のための安全な回復と打ち上げ操作を確実にするための監視項目のままです。 クルー4の日付は、4月24日日曜日と4月25日月曜日にバックアップを行う、3回の連続した打ち上げの機会も提供します。

NASA本部の宇宙運用ミッション局の副管理者であるキャシー・リーダースは、2022年4月15日にフロリダにある機関のケネディ宇宙センターで行われた機関のSpaceXCrew-4ミッションの飛行準備レビューに参加します。クレジット:NASA

エージェンシーの飛行準備レビューは4月15日金曜日にケネディで開催されました。 このレビューでは、SpaceXの乗務員輸送システム、国際宇宙ステーション、および飛行をサポートするための国際的なパートナーの準備と、飛行準備の証明に焦点を当てました。

クルー4の飛行では、NASAの宇宙飛行士であるチェルリンドグレン(ミッションコマンダー)、ロバートハインズ(パイロット)、ジェシカワトキンス(ミッションスペシャリスト)とESAの宇宙飛行士であるサマンサクリストフォレッティ(ミッションスペシャリスト)を宇宙ステーションに運び、科学探検ミッションを行います。 宇宙飛行士は、飛行実績のあるファルコン9ロケットで、フリーダムという名前の新しいクルードラゴン宇宙船を飛行します。

宇宙ステーションでのクルー4との短い引き渡しの後、クルー3の宇宙飛行士がフロリダ沖に飛び散ります。

フロリダの近くのケープカナベラル宇宙軍基地にあるスペースXの処理施設から旅をした後、ケネディ宇宙センターの発射複合施設39Aに到着しました。 DragonがSpaceXFalcon9ロケットに結合された後、打ち上げロケットはパッドにロールアウトし、垂直打ち上げ位置に引き上げられます。

この図では、SpaceXクルードラゴン宇宙船がドッキングのために国際宇宙ステーションに接近しています。 クレジット:NASA / SpaceX

2022年の秋に地球に戻る前に、乗組員は軌道を回る実験室で科学と保守を行うために数ヶ月を費やします。

他の同様の投稿

その他の情報を探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

動物の世界

テクノロジーの世界

コミックの世界

メニュー