anime vs manga

かわい子だけじゃない式少女アニメ最古の比喩

(oneechanblog) – 以下は、現在Crunchyrollでストリーミング配信されている「僕の彼女はとてもかわいい」の第1巻の公開です。

2022年春のアニメシーズンは、タイトルが付けられた真新しい高校コメディシリーズを紹介します しきもりはかわいい女の子だけじゃない。 優しいリーダーの泉と、ピンクの髪の有名なガールフレンドのシキモリが、思いついたことは何でもできるという話です。 和泉はエピソード1の関係で幸せそうですが、彼は少し問題があります。

泉は絶望的に不器用で、両親が学校に行くことの考えられるあらゆる危険について彼に警告するほどです。 初演の間、式森は事故を起こしやすい彼氏を危害から守らなければならず、文字通り、彼女のリードに続いて男性のリードの腕に落ちる不器用なヒロインの少女ステレオタイプに興味深いひねりを加えました。 テーブルが移動されました。

の最初のエピソード しきもりはかわいい女の子だけじゃない 最初に泉を紹介し、すぐに彼をガールフレンドのシキモリなしで食べられるような親切で無力な男に変えました。 泉の両親でさえ、息子を守るために彼女を信頼しており、状況を明らかにすることは新しいことではありません。 どうやら、彼はいつも不器用で傷つきやすいので、ガールフレンドとして式森を勝ち取ることは重大な恩恵です。

これはまた、主なカップルの力のダイナミクスを確立します。式森が強いものであり、泉がそこにいることを単に幸せにしているものです。 伝統的に、男性のキャラクターはより強く、より積極的ですが、最近のアニメはキャラクターを交換することによって式を作り上げました、そして しきもりはかわいい女の子だけじゃない これを続けます。 物語のタイトル自体がそれをほのめかしており、豪華な式森はそうではないことを指摘しています それだけ 魅力的–彼女は真剣なスキルとそれに匹敵する強い意志を持っています。

一方、和泉を柔らかく無力に見せることは、黒崎一護、うずまきナルト、剣士アスタなどの主役で主演することに慣れている一部のファンを苛立たせるかもしれませんが、 しきもり 思いやりと寛大さによってより明確に定義される男性のリードに代わるものを提供します。これは「女性の目」を引き付けることができる動きです。 これにより、少年アニメへの市場の魅力が広がり、「お尻を蹴る」という果てしないパレードからの休息が得られます。 強い男性のリードが魅力的でない、または時代遅れであるというわけではありませんが、そのタイプの役割は冷静になり、他の男性のリードの役割モデルを際立たせる機会が必要です。 それは不器用ですが愛らしいケースです 泉。

その他のイベント しきもりはかわいい女の子だけじゃない 第1巻は、このテーマをさらに強化しています。 多くのアニメは、不器用で魅力的な女の子が男性の恋人の腕の中に落ちることを描いていますが、 しきもり それを逆に-そしてキャラクター自身がそれを知っています。 しきもりは、バランスの取れたルックス、優しい心、そして保護的な性格で、泉の姉のように振る舞う、春の最も美しい女の子の一人としてすぐに自分自身を確立しました。

彼女は行って何人かの人々の腕に落ちることはありません–おそらく泉は行って落ちるでしょう 彼女 そして確かに多くのファンはそれが起こるのを見たがっています。 強い女性のリードはこれまで以上に人気があり、目立ちます。 しきもり 古い決まり文句を新しいものに変えることを含めて、面白くするために可能な限り封筒を押すようにバインドされています。

この自己認識の例は、ボーリング場で行われます。 不器用な泉は命を救うために真っ直ぐにボールを投げることはできませんが、式森は確かにそうすることができ、彼女の女性の友人は彼女に彼の不器用さを模倣するように促します。 典型的な「不器用な少女」になることで、四季森は泉の目に可愛くて好感が持てるようになるという考えでした。 その後、泉は彼女を応援したので、彼女は完璧な試合をするのに十分な強さを感じました。 しきもりは、強く、自信があり、かっこいいとはっきりと識別しています。 単に「かわいくて不器用」になろうとすることは彼女の仕事ではありません。 これにより、キャラクターの声のトーンが次のように設定されます。 しきもりはかわいい女の子だけじゃない 継続する。

他の同様の投稿

その他の情報を探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

動物の世界

テクノロジーの世界

コミックの世界

メニュー