anime vs manga

なぜミズパックマンが交代したのですか?

(oneechanblog) – 継続性の観点から、いくつかのビデオゲームは次のように非常に単純です ソニック・ザ・ヘッジホッグエッグマンの主な目標はエッグマンの邪悪な計画を阻止することですが、他の目標ははるかに複雑です。 ただし、古典的なアーケードキャラクターのパックマンにとって、継続性が問題になることはありませんでした。 何十年もの間、小さな黄色い円の主な目標は、常にポイントを獲得し、その過程で幽霊を避けたり食べたりすることでした。 しかし、パックマン夫人が加わったことで、彼の話はより実体的になりました。 何年もの間、これらの2つのキャラクターは、フランチャイズの現状を表しています。 しかし今、古い訴訟は物語をより複雑にし、まったく新しいキャラクター、パックママを作りました。

ミズパックマンとのパックマンの歴史は、ビデオゲーム時代のラブストーリーです。 夫婦には2人の子供がいました。 パックマンとベイビーパック。 この家族はゲームの世界で最も安定している家族の1つですが、バンダイナムコとAtGamesの間の古い訴訟により、今では事態は大きく変化しています。 その結果、パックマン夫人の伝承が土壇場で変更され、パックマンに道を譲りました。 突然の予期しない変化は、ゲームコミュニティを揺るがし、答えるよりも多くの質問を提起しました。

パックマンパックママ

法的な論争が取り巻かれている ミズ・パックマン 複雑であり、複数のレベルでの誤解の結果である可能性があります。 物語は、バンダイナムコが購入を妨害したとしてAtGamesを訴えた2019年にさかのぼることができます ミズ・パックマン著作権。 AtGamesは、クラシックなタイトルを前面に戻すのに役立つミニゲームコンソールとアーケードゲームキャビネットを作成することで知られています。

バンダイナムコによると、同社は正しい方向に進むための交渉を進めているという。 ミズ・パックマン キャラクターの作成者から、7人のMITの学生は総称してGeneralComputingCorporationとして知られています。 しかし、バンダイナムコには知られていないが、AtGamesは独自の取引を行い、バンダイナムコから権利を購入したとされており、キャラクターを使用するためにAtGamesに使用料を支払わせた。

バンダイナムコはまだの知的財産を所有していますが ミズ・パックマン、AtGamesは関心を保持しています。つまり、キャラクターがどのように使用されていても、彼らは借金を負います。 これにより、このキャラクターの製品を受け取っていない他の権利所有者との摩擦が大きくなりました。 訴訟は2020年に和解しましたが、両社は窮地に立たされました ミズ・パックマン バンダイナムコはまだAtGamesにお金を払わなければならないので、もはや実行可能ではないようです。 その結果、パックママが誕生しました。

当初、キャラクターの変更は、アーケードアーカイブスポータルで導入されました パックランド これは、ミズ・パックマンとベイビー・パックがパック・ママと新しい赤ちゃんに取って代わられていることを示しています。 この変更は、次のように変換されると推定できます。 パックマン+ミュージアム、 14ワードゲームがあります パックマンの歴史。 Pac-Momを含めると、現実の世界だけでなく、ゲームの継続性にも混乱が生じました。

パックマンが加わったことで、パックマンが彼の最初の愛と家族を置き去りにし、パックマンを再婚するかどうかなどの質問が提起されました。 しかし、これはまた、彼女が彼女の独立を受け入れるパックマンさんの人生の新しい段階である可能性があります。 しかし、バンダイナムコはロイヤルティを支払わずに彼女を使用することはできないため、ファンは彼女を別のタイトルで二度と見ることはありません。

現在、この変更は多くのファンを驚かせています。 公式の紹介がなければ、バンダイナムコがミズパックマンをパックマンと一緒に引き留めようとして直面した法的な問題を思い出させるものになる可能性が高いため、パックマンの第一印象はあまり望まれていません。 ありがたいことに、それはストーリーの影響を変えるかもしれませんが、ゲームプレイは同じままで、相変わらず中毒性があります。 残っている唯一の問題は、Pac-Momが前任者の長年のファンとどのように対処するかということです。

他の同様の投稿

その他の情報を探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

動物の世界

テクノロジーの世界

コミックの世界

メニュー