anime vs manga

フラッシュポイントはメジャーヒーローに彼の最も暗い運命を与える

(oneechanblog) – DCマルチバースのさまざまな世界には、厳しいタイムラインがたくさんあります。特に、主要なイベントがすべて本当に悲劇的な形で行われる暗いマルチバースではそうです。 本当に恐ろしいことの中には、戦争の破壊と冷笑主義があります 輝点 古典的な英雄でさえ彼らを待っている恐ろしい運命を見つけることができるタイムライン。

これは、に表示されるFlashバリアントなど、比較的無害な文字にも拡張されます。 フラッシュポイントを超えて ジェフ・ジョーンズ、エデュアルド・リッソ、トリッシュ・マルビヒル、ロブ・リー、デクスター・ソイ、アレックス・シンクレアによる#0-暗いマルチバースでからかわれているのと同じような本当に残忍な死を遂げました。

ザ 輝点-バットマンは多くのことを経験してきました。 バリー・アレンがコアDCユニバースを復元するのを手伝った後、トーマス・ウェインは自分がメインの宇宙にいることに気づきました。 息子との戦いの期間の後、トーマスはダークサイドによって破壊されたように見える前に、正義の化身と簡単に仕えました 無制限の境界線。 の世界で目覚めた後 輝点 見かけの死後、トーマス・ウェインはタイムラインを復元する方法を見つけるのに苦労しています。 これには、彼の世界のバリー(ここではいかなる形の超大国も持たない謙虚なCSI役員)を見つけ、スピードフォースとのつながりを再現しようとすることが含まれます。

バリーがそうするのを手伝った 輝点 そして、フラッシュを引き起こした事故を再現するために彼が何をする必要があるかを理解し、トーマスは誘拐を終わらせ、彼の世界のアレンを靴下の超高層ビルの上の椅子に結び付けます。必要な化学物質はすべて近くに用意されています。 しかし、プロセスが始まる直前に、化学物質が入っているバイアルがやり投げで壊されました。 バリー・アレンが権限を与えられる前に暗殺するために送られたアトランティスのエージェントによって撃たれ、任務は成功であることが証明されました。 アレンをスピードフォースに押し込む化学物質がないため、稲妻はアレンを恐怖で襲い、即座に彼を殺し、燃えている死体とトーマスを残し、宇宙を復元しようとする方法がないようです。柱。

それは完全に残忍な瞬間であり、古典的なヒーローのバリエーションを本当に恐ろしい方法で殺しました。 また、バリー・アレンがフラッシュポイントのタイムラインでそのような運命に苦しんだのはこれが初めてではありません。 で彼の強さを回復する最初の試み 輝点 実際に彼の力を再生するのに2回の試みが必要だったので、アレンをほぼ殺しました。 テストは実際には致命的です ダークマルチバースのストーリー:フラッシュポイントバリーの終焉とともに、ズーム教授(彼は一時的に超高速で動いているように見える)によってますます指示される宇宙の分岐の主なポイントになります フラッシュポイントを超えて #0)。

実際、アレンの2つのバージョンがどのように死んだかという明確な類似点は、多元宇宙におけるフラッシュポイント宇宙の位置の手がかりになる可能性があります。 理論的には、フラッシュポイントの世界はもう存在しません。 フラッシュポイントのイベントで削除されたはずで、「ザ・ボタン」のストーリー全体で完全に消されたようです。 理論的には、フラッシュポイントの世界は現在の多元宇宙にはまったく存在しません。 現実が完全に再現されている可能性もありますが、この暗いタイムライン(アトランティスが世界征服の危機に瀕しており、ほとんどのヒーローが行方不明になっている)が実際にブラックマルチバースに結び付けられている可能性もあります。 これは、暗黒のものがどのように得られたかを説明し、ダークサイドの力を与えられた爆発は、ウェインを一般的な多元宇宙から完全に取り除くのに十分強力である可能性があることは理にかなっています。 本当の場合、トーマス・ウェインは、彼の暗い世界から脱出したり、それを修正する方法を見つけるために、彼が思っている以上の助けを必要とするかもしれません-潜在的に最後の騎士のような誰かのための舞台を設定します。競技場へ。

DCは、アートを超えた最初のFlashpointで5G時代の計画を正式にキャンセルします

他の同様の投稿

その他の情報を探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

動物の世界

テクノロジーの世界

コミックの世界

メニュー