未分類

Campfire Polaris 2のレビュー:「低音の神」

(oneechanblog) – ポラリス2の装着感は快適で、アラブ首長国連邦行きのフライトで5時間連続着用していたので違和感はありませんでした。 注意点として、Polaris 2は耳の周りに装着されているため、ストラップを装着することに慣れている多くの兄弟は、最初に装着したときに少し波紋を感じる可能性があります。

技術的な部分について簡単に説明すると、Campfire Polaris 2には、1つのバランスドアーマチュアドライバーと1つの9.2mmダイナミックドライバーが装備されており、Campfire独自の極性調整チャンバーとTAECテクノロジーが組み合わされており、ヘッドセットのインピーダンスは17Ω、感度は105dBです。ペアリングが簡単です。今日の多くのデバイス。
私が使用しているコンボは、GrooverJapanのActivoCT10音楽プレーヤーを備えたPolaris2、HDtracksおよびBandcampの24ビットFLAC音楽ソースです。 投稿のタイトル通り、BassはPolaris 2の最も強力なサウンドバンドの1つであり、最大9.2mmのダイナミックドライバーを搭載しているため、CampfireのAquamanは、当然のことながら、Polarisと呼ばれる世界の多くのオーディオファンではなく、強力で正確なBassの範囲を提供します。アルバムUndertale:Strings Player Gamerによる決意のストリングスで経験した「Bassy」または「Bassgun」、Bass of Polaris 2は非常に低く、しっかりしていて強力です。 私の好みはBassheadに偏っていないので、コメントすることはあまりありませんが、エキサイティングなEDMのジャンルを聴いている人なら、これは試してみる価値のあるヘッドセットです。 私について、ポラリス2の印象はサウンドステージとサウンドステージです。ジョン・ウィリアムズが作曲した「Memory of A Geisha」アルバムを参照してください。ステージの空間的な深さは非常によく再現されており、ドラム、チェロの音です。バイオリンは分離。 楽器は空間にはっきりと配置されています。 あまりヘッドホンを試す機会はありませんでしたが、これまで使ってきた印象的な音のヘッドホンのひとつと言わざるを得ません。

しかし、私が聞いた兄弟の1人であるCampfire Andromedaと比較すると、Polaris 2の欠点が徐々に明らかになり、Polaris2の中高音域はかなり良いと感じています。 Polaris 2の低音はフルですが、誤ってミッドレンジを圧倒し、女性のボーカルは薄く感じますが、男性のボーカルは比較的安定しています。 アンドロメダとポラリス2の両方でヨーヨーマのシルクロードアンサンブルアルバムを聴いたところ、ポラリス2の楽器の音はやや不自然で、高音は少し耳障りで、おそらくポラリス2の自然な偏見が原因でした。暖かくアンドロメダはより技術的。 楽器の奥行きとディテールに関しても、アンドロメダはポラリスよりも非常に明瞭であり、フルート、弦、バイオリンの音はアンドロメダによってよりリアルに再現され、より高いダイナミクスと明確な分離が得られます。 $1100のヘッドセットと$500のヘッドセットを比較するのは少し足りないですが、私にはわかりません。私はこれら2つのオーディオファンのIEMしか聴いていません。 うまくいけば、より直感的なビューを持つための予備的な比較。

さらに、AppleMusicのソースであるLightningAdapterを介してPolaris2をiPhoneと組み合わせると、全範囲がそれほど詳細ではなく、ダイナミクスとサウンドステージが大幅に低下しているという予備的な印象があります。 正確に悪いわけではありませんが、かなり平均的です。 また、iPhoneのオーディオチップと比較すると、CT10のCS4398ロジックサーラスDACチップはより特殊化されており、パフォーマンスの点で1レベル高いため、比較的理解しやすいです。 防音に関しては、Polaris 2は一人一人とあなたが選ぶイヤチップに大きく依存します、個人的にはヘッドセットに付属しているファイナルジャパンイヤチップモデルに感謝します。 一般に、このIEMの内部電力を最大化できるようにするには、優れたDACと高品質の音楽ソースを使用することをお勧めします。

他の同様の投稿

その他の情報を探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

動物の世界

テクノロジーの世界

コミックの世界

メニュー