未分類

Ubuntu 20.04/22.04にIcinga2監視ツールをインストールする方法

(oneechanblog) – Icinga2 は強力な無料のオープンソース監視ツールであり、ネットワークリソースを監視し、障害や停止が発生した場合にアラートまたは通知を送信します。 また、パフォーマンスデータの生成とレポートの生成に役立つネットワークリソースからメトリックを収集します。

Icinga2 スケーラブルであり、さまざまな場所にまたがる小規模から大規模で複雑なネットワークを監視できます。 このチュートリアルでは、インストール方法を学習します Icinga2 上の監視ツール Ubuntu 20.04 と Ubuntu 22.04。

ステップ1:Apache、MariaDB、PHPをインストールする

インストールから始めます Apache、 MariaDB、 と PHP 追加で PHP モジュールは、の最終セットアップ中に必要です Icinga2 Webブラウザで。

$ sudo apt install apache2 mariadb-server mariadb-client mariadb-common php php-gd php-mbstring php-mysqlnd php-curl php-xml php-cli php-soap php-intl php-xmlrpc php-zip php-common php-opcache php-gmp php-imagick php-pgsql -y

インストールしたら、すべてのサービスが実行されていることを確認してください。 その場合は、次のコマンドを実行します。

$ sudo systemctl start apache2,mariadb
$ sudo systemctl enable apache2,mariadb
$ sudo systemctl status apache2,mariadb

次に、使用する必要があります mysql_secure_installation データベースrootアカウントのパスワードを設定し、匿名ユーザーを削除し、rootログインをリモートで禁止し、テストデータベースを削除するスクリプト。

$ sudo mysql_secure_installation

と PHP モジュールが配置されている場合は、変更する必要があります php.ini fileは、で実行されているアプリケーションのデフォルトの構成ファイルです。 PHP。

お気に入りのエディタを使用して、ファイルを開きます。 ここ。 nanoコマンドラインエディタを使用しています。

$ sudo nano /etc/php/7.4/apache2/php.ini

以下のパラメーターに以下の変更を加えます。

memory_limit = 256M
post_max_size = 64M
upload_max_filesize = 100M
max_execution_time = 300
default_charset = “UTF-8”
date.timezone = “Asia/Kolkata”
cgi.fix_pathinfo=0

与える date.timezone 、現在のタイムゾーンを反映するように設定してください。 これは、PHPでサポートされているタイムゾーンのリストです。

加えた変更を適用するには、ApacheWebサーバーを再起動するだけです。

$ sudo systemctl restart apache2

ステップ2:UbuntuにIcinga2をインストールする

と PHP 設定方法に加えて、先に進んでインストールします Icinga2。 しかし、 Icinga2 アーカイブはによって提供されていません Ubuntu 20.04 リポジトリ。 したがって、リポジトリをシステムに手動で追加する必要があります。

それでは、追加することから始めましょう GPG curlコマンドを使用します。

$ curl https://packages.icinga.com/icinga.key | apt-key add –

次に、のアーカイブファイルを作成します Icinga2。

$ sudo vim /etc/apt/sources.list.d/icinga-focal.list

以下の項目を追加してください。

deb http://packages.icinga.com/ubuntu icinga-focal main
deb-src http://packages.icinga.com/ubuntu icinga-focal main

ファイルを保存して終了します。

リポジトリの使用を開始するには、次のようにパッケージリストを更新します。

$ sudo apt update

次に、インストールします Icinga2 プラグインを監視します。

$ sudo apt install icinga2 monitoring-plugins

UbuntuにIcinga2をインストールする

インストールが完了したら、電源を入れて開始します Icinga2 サービス。

$ sudo systemctl enable icinga2
$ sudo systemctl start icinga2

それを確認するには Icinga2 サービスが実行されています。実行します。

$ sudo systemctl status icinga2

UbuntuでIcinga2をチェックしてください

出力は次のことを示しています Icinga2 デーモンが実行され、準備が整いました。

ステップ3:Icinga2IDOモジュールをインストールする

ザ Icinga2。データ出力 ((私がやります)すべての構成および状態情報をデータベースにエクスポートします。 ザ 私がやります その後、データベースはによって使用されます Icinga Web 2 データバックエンドソフトウェアとして。

モジュールをインストールするには、コマンドを実行します

$ sudo apt install icinga2-ido-mysql -y

Icinga2IDOモジュールをインストールします

途中、端末にポップアップが表示されます。 Icinga2を有効にするには ido-mysql 機能、選択’はい’とを押します 入力。

ido-mysqlを構成します。モジュール

ザ icinga2-ido-mysql パッケージには、データベースをインストールして構成する必要があります。 これはで処理することができます dbconfig-common、ただし、データベースは自分で作成します。 だから’を選択ではありません’そしてこのオプションを拒否します。

ido-mysqlデータベースを構成する

次に、ログインします MariaDB データベースサーバー。

$ sudo mysql -u root -p

次に、データベースとデータベースユーザーを作成します icinga2-ido-mysql データベースに対するすべての権限をカプセル化してユーザーに付与します。

> CREATE DATABASE icinga_ido_db;
> GRANT ALL ON icinga_ido_db.* TO ‘icinga_ido_user’@’localhost’ IDENTIFIED BY ‘Password321’;
> FLUSH PRIVILEGES;
> EXIT;

Icinga2データベースを作成します

データベースを配置したら、先に進んで次のように入力します Icinga2 IDO コマンドを使用したスキーマ。 データベースサーバーのrootパスワードを入力するように求められます。

$ sudo mysql -u root -p icinga_ido_db < /usr/share/icinga2-ido-mysql/schema/mysql.sql

ステップ4:Icinga2IDOモジュールを有効にする

有効にするために icinga2-ido-mysql とのデータベース通信 Icinga Web 2さらに一歩進んで、デフォルトの構成ファイルに変更を加える必要があります。

開ける icinga2-ido-mysql 構成ファイル。

$ sudo vim /etc/icinga2/features-available/ido-mysql.conf

以下を編集し、一致するように設定します icinga2-ido-mysql 手順3で指定されたデータベースの詳細。

IcingaMySQLモジュールを有効にする

変更を保存して終了します。

次にアクティブにします icinga2-ido-mysql 特徴。

$ sudo icinga2 feature enable ido-mysql

変更を有効にするには、再起動します Icinga2。

$ sudo systemctl restart icinga2

Icinga2サービスを再起動します

ステップ5:IcingaWeb2をインストールしてセットアップする

インストールして構成する最後のコンポーネントは IcingaWeb 2フロントエンドとして機能する、高速で強力かつ拡張可能なPHPフレームワークです。 Icinga2。

だからインストールしましょう IcingaWeb2 と Icinga CLIコマンドを実行します。

$ sudo apt install icingaweb2 icingacli -y

UbuntuにIcingaWeb2をインストールする

に指定される2番目のデータベーススキーマを作成する必要があります Icinga Web 2。

もう一度、データベースサーバーにログインします。

$ sudo mysql -u root -p

次に、データベースとデータベースユーザーを作成します Icingaweb2 データベース上のデータベースユーザーにすべてのアクセス許可を付与します。

> CREATE DATABASE icingaweb2;
> GRANT ALL ON icingaweb2.* TO ‘icingaweb2user’@’localhost’ IDENTIFIED BY ‘[email protected]’;
> FLUSH PRIVILEGES;
> EXIT;

Icingaweb2データベースを作成します

次に、次のコマンドを使用してセットアップトークンを生成します。 セットアップ認証中に使用されるセットアップトークン Icinga2 ブラウザで。

$ sudo icingacli setup token create

Icingaweb2を生成します。トークン

トークンを紛失または忘れた場合は、次のコマンドを実行してトークンを表示できます。

$ sudo icingacli setup token show

Icingaweb2トークンを参照してください

ステップ6:UbuntuでのIcingaWeb2のインストールを完了する

すべての構成が整ったので、これで完了です。 Icinga2 Webブラウザで設定します。 したがって、ブラウザを起動して、表示されたURLに移動します。

http://server-ip/icingaweb2/setup

これにより、図のようにウェルカムページに移動します。 生成したセットアップトークンを覚えていますか? コピーしてテキストフィールドに貼り付け、[‘]をクリックします次’。

Icingaweb2を追加します。token

その上 ‘モジュール’ページ、’モニタリング’モジュールはデフォルトで有効になっています。 ただし、好みのモジュールを自由に有効にすることができます。

モジュールIcingaweb2

次に、下にスクロールして’をクリックします次’。

次のステップでは、すべてが PHP モジュールとライブラリがインストールされており、ディレクトリのアクセス許可が正しい。

PHPモジュールIcingaweb2

次に、下にスクロールして’をクリックします次’。

その上 ‘正確さ’ページ、選択’データベース「検証タイプを実行してクリックします」次’。

Icingaweb2。データベース認証

中身 ‘データベースリソース’、データベースの詳細を入力します IcingaWeb2 で指定されているように ステップ5。

Icingaweb2。データベースリソース

次に、下にスクロールして’をクリックします構成の検証’データベースの詳細を検証します。

Icingaweb2を構成します。認証

すべてがうまくいけば、データベース構成は正常に検証されるはずです。 認証が成功したら、下にスクロールして[‘]をクリックします次’。

Icingaweb2を検証する

次のステップで、[‘]をクリックします次’デフォルトを受け入れます。

Icingaweb2補助名

中身 ‘アプリケーション構成’セクション、クリック’次’デフォルトを受け入れます。

Icingaweb2。アプリケーション構成

次のステップでは、少し時間を取って、次のすべての変更を確認します。 Icinga Web 2。 すべての構成が正しいことを確認し、戻って必要な編集を行ってください。

Icingaweb2の構成の概要

すべてが順調な場合は、下にスクロールして[‘]をクリックします次’。

の最後の部分 Icinga2 Webセットアップでは、監視モジュールを構成する必要があります。 だから’をクリック次’。

Icingaweb2。監視モジュール

次に、データベースの詳細を入力します Icinga2 IDO で指定されたモジュール ステップ3。

Icinga2IDOデータベースモジュール

次に、下にスクロールして’をクリックします構成の検証’。

IDOIcinga2の構成。認証

この場合も、データベースの詳細の検証は成功します。 エラーが発生した場合は、戻ってすべての詳細が正しいことを確認してください。

Icinga2IDO検証

次のステップに進むには、下にスクロールして[‘]をクリックします次’。

中身 ‘輸送司令官’セクション、選択’ローカルコマンドファイル’はトランスポートのタイプであり、クリックします’次’。

Icingaweb2コマンドトランスポート

中身 ‘セキュリティ監視’、クリックするだけ’次デフォルト値を使用します。

セキュリティ監視Icingaweb2

監視モジュールへのすべての変更を確認します。 異常な場合は、戻って必要な修正を行ってください。

IcingaWeb2。構成の確認の監視

次に、下にスクロールして’をクリックします完了’。

現時点では、 Icinga Web 2 が正常に設定され、以下に示すようにその効果に関するメッセージが表示されます。 ログインします Icinga2 コントロールパネルで、「」をクリックしますログインIcingaWeb2’。

Icingaweb2ユーザーログイン

これにより、図のようなログインページに移動します。 管理者アカウントの詳細を入力し、Enterキーを押してログインします。

Icingaweb2管理者ログイン

と Icinga2 コントロールパネルが表示されます。 既存の問題はすべて、重大度とともに表示されます。 たとえば、コントロールパネルは、利用可能なアップグレードを含む28個のパッケージを通知します。

Icingaweb2ダッシュボード

これを確認するために、ターミナルに戻って次のコマンドを実行します。

$ sudo apt list –upgradable

アップグレード可能なパッケージのリスト

パッケージをアップグレードするには、次のコマンドを実行します。

$ sudo apt upgrade -y

そして、これは問題を解決します。 ダッシュボードから、これ以上問題が表示されていないことがわかります。

Icingaweb2ダッシュボードの概要

このガイドでは、インストール方法を示しました Icinga2 上の監視ツール Ubuntu。 確かに、インストールプロセスは非常に長く、細部に注意を払う必要があります。 ただし、これらの手順に従うと、すべてが正常に機能するはずです。

他の同様の投稿

動物の世界

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

多分あなたは興味があります