未分類

Debian 11にLAMPをインストールして設定する方法(Bullseye)

(oneechanblog) – Linuxサーバーのセットアップに関して最も重要なことの1つは、Webサイトを展開することです。 NetCraft.comの2022年2月の調査によると 最初 世界で最も忙しい何百万ものウェブサイト、約 23.44% それらの実行 Apache。

このチュートリアルでは、Linuxサーバーのインストールと構成の基本について説明します(具体的には Debian 11 Bullseye)として機能する ランプ サーバ。

LAMPサーバーとは何ですか?

コンピュータの世界では ランプ の頭字語 Linux (ここで使用 Debian 11)、 Apache、 MySQL、 と PHP ((ランプ)。 ランプ ソフトウェアスタック(つまり、 MySQL と PHP)Webサーバー上。

構成の側面に飛び込む前に、ApacheWebサーバーについて知ることが重要です。

Apache Webサーバーとは何ですか?

Apache の一つ “オリジナル「Webサーバーとそのルーツは1995年にさかのぼります。Apacheは今日でも広く使用されており、その寿命、高いドキュメント負荷、および柔軟性を高めるための多数のモジュールの恩恵を受けています。アクティブ。

MySQLとPHPをDebian11にインストールする

最初。 この最初のセクションでは、Debianを MySQLと PHP サーバ。 のLinuxセグメント ランプ インストールすることによって行われるべきでした Debian 11 TecMintに関する次の記事による:

Debianの準備ができたら、次を使用して必要なソフトウェアをインストールします。正しい方法’メタパッケージャー。

$ sudo apt install mariadb-server php libapache2-mod-php php-zip php-mbstring php-cli php-common php-curl php-xml php-mysql

MySQLとPHPをDebianにインストールする

2.2。 後 MySQL と PHP インストールの最後に、通常、を使用してMySQLインストールを保護する必要があります mysql_secure_installation アプリケーション。

以下のコマンドを実行すると、rootパスワードを設定し、匿名ユーザー、データベースのテスト、データベースSQLデータへのリモートrootユーザーのログイン資格情報の削除などをユーザーに求めます。

$ sudo mysql_secure_installation

DebianでMySQLを保護する

3.3。 さて MySQL 構成されたら、この特定のサーバーの基本的なPHP設定を作成し続けましょう。 PHP用に構成できる設定にはさまざまなものがありますが、多くの場合必要となるいくつかの基本設定について説明します。

にあるphp設定ファイルを開きます /etc/php/7.4/apache2/php.ini。

$ sudo vi /etc/php/7.4/apache2/php.ini

次に、文字列「メモリ制限そして、アプリケーションのニーズに応じて制限を増やします。

チェックするもう1つの重要な設定は「max_execution_time「また、デフォルトでは、 30。 アプリケーションでさらに必要な場合は、この設定を変更できます。

現時点では、 MySQL と PHP5 ウェブサイトのホスティングを開始する準備ができました。 次に、Apache2を構成します。

Apache2のインストールと設定

4.4。 次に、構成します Apache 2 の構成を完了するには ランプ サーバ。 Apache2を設定するための最初のステップは、実際にを使用してソフトウェアをインストールすることです。 正しい方法 メタパッケージャー。

$ sudo apt install apache2

これにより、apache2に必要なすべてのファイルと依存関係がインストールされます。

DebianにApacheをインストールする

インストールされると、Apache Webサーバーが稼働し、デフォルトのWebサイトを提供します。 ApacheWebサーバーが稼働していることを確認する方法はいくつかあります。 最も簡単なオプションは、lsofユーティリティを使用することです。

$ sudo lsof -i :80

Apacheの実行ステータスを確認します

もう1つのオプションは、WebサーバーのIPアドレスに移動することです。 デフォルトのDebianインストールを想定すると、システムはDHCPを使用してIPアドレスを自動的に取得するように設定される可能性があります。

サーバーのIPアドレスを判別するには、2つのユーティリティのいずれかを使用できます。 この状況では、どちらのユーティリティも機能します。

$ ip show addr [Shown below in red] $ ifconfig [Shown below in green]

IPアドレスを確認してください

使用するユーティリティに関係なく、取得したIPアドレスを同じネットワーク上のコンピューターのWebブラウザーに入力して、Apacheがデフォルトのページを表示していることを確認できます。

http://IP-Address

Debian 8:Apache2のデフォルトページ

この時点で、Apacheは稼働しています。 Debianのデフォルトサイトは派手なものですが、ほとんどのユーザーは何かカスタムなものをホストしたいと思うでしょう。 次の手順では、別のWebサイトをホストするようにApache2を設定する方法について説明します。

DebianでApacheを使用して複数のサイトをホストする

5.5。 Debianは、Webサイトとモジュールの両方を管理するための便利なユーティリティを多数パッケージ化しています。 これらのユーティリティの使用方法を説明する前に、それらが提供する機能を理解することが重要です。

  • a2ensite:このユーティリティは、適切な構成ファイルが作成された後にWebサイトをアクティブ化するために使用されます。
  • a2dissite:このユーティリティは、サイトの構成ファイルを指定してWebサイトを無効にするために使用されます。
  • a2enmod:このユーティリティは、追加のApache2モジュールを有効にするために使用されます。
  • a2dismod:このユーティリティは、追加のApache2モジュールを無効にするために使用されます。
  • a2query:この拡張機能は、現在アクティブなWebページに関する情報を収集するために使用できます。

まず、最初の2つの経験を集めましょう。 Apache2は現在ホスティングしているので’デフォルトのWebサイト’先に進み、で無効にします a2dissite。

$ sudo a2dissite 000-default.conf

デフォルトのApacheサイトを無効にする

このコマンドは、上のスクリーンショットのデフォルトのapacheWebサイトを無効にします。 ただし、変更を有効にするには、Apache2構成を再ロードする必要があります。

$ sudo systemctl reload apache2

このコマンドは、現在ホストしている有効/無効のWebページを更新するようにApache2に指示します。 これは、WebサーバーのIPアドレスに再接続を試み、何も表示されないことに気付くことで確認できます(一部のコンピューターは、情報がまだ表示されている場合、情報をキャッシュします)。前の2つのコマンドを実行した後、デフォルトのWebページを表示し、クリアしてみてください。ブラウザのウェブキャッシュ)。 サイトがアクティブでなくなったことを確認する別のオプションは、を使用することです。 a2query 実用性。

$ sudo a2query -s

ApacheWebサイトのオン/オフステータスを確認する

このスクリーンショットでは多くのことが起こっているので、物事を分解してみましょう。

上の緑色のボックスは a2query -s Apache 2のマニュアルには、現在提供されているページが記載されています。
黄色いボックスは a2dissite 000-default.conf その後、apache2サービスをリロードします。 これらの2つのコマンドは、Apache 2にデフォルトのWebサイトを無効にしてから、アクティブ/非アクティブなサイトをリロードするように指示します。
赤いボックスは a2query -s 再リリースされましたが、今回はApacheが何も提供されていないと応答したことに注意してください。

次に、デフォルト以外のWebサイトを作成する方法を見ていきましょう。 最初のステップは、Apache2構成ディレクトリに切り替えることです。 /etc/apache2 cdユーティリティを使用します。

$ cd /etc/apache2

このフォルダにはいくつかの重要なファイルとフォルダがありますが、簡潔にするために、ここでは基本事項のみを取り上げます。

新しいサイトを設定するときに最初に行うことは、’に新しい構成ファイルを作成することです。利用可能なサイト’ カテゴリー。 ディレクトリを’に変更します利用可能なサイトディレクトリ」をクリックしてから、新しい構成ファイルを作成します。

$ cd sites-available
$ sudo cp 000-default.conf tecmint-test-site.conf

これにより、構成がデフォルトのWebサイトから新しいサイト構成ファイルにコピーされ、さらに変更されます。 テキストエディタで新しいサイト設定ページを開きます。

$ sudo vi tecmint-test-site.conf

このファイルには、Webページをホストするための非常に重要な行があります。その行は’です。DocumentRoot’ ライン。 この行は、特定のリソースの要求があるときに提供する必要のあるWebファイルを見つけるようにApacheに指示します。

今のところ、この行は存在しないディレクトリに設定されますが、まもなく利用可能になり、このDebianサーバーが表示するための簡単なWebページが含まれます。

DocumentRoot /var/www/tecmint

Apacheの新しいサイト構成

このファイルへの変更を保存し、テキストエディタを終了します。

これで、Apache 2がファイルを提供するように要求されたばかりのディレクトリが作成され、ファイルで埋められます。 この記事はHTMLファイルで機能しますが、完全に機能するWebサイトを作成し、そのプロセスを読者に任せる方法を説明するのに十分な時間がない場合があります。

したがって、apacheが提供するディレクトリを作成し、それに基本的なhtmlWebページを追加します。index.html’。

$ sudo mkdir /var/www/tecmint
$ touch /var/www/tecmint/index.html
$ echo “It’s ALIVE!” >> /var/www/tecmint/index.html

上記のコマンドは、’という名前の新しいディレクトリを作成しますテクミント’および’という名前の新しいファイルindex.html’フォルダtecmintにあります。

echoコマンドはそのファイルにテキストを入れて、ApacheがWebページを提供するときに実際にWebブラウザに何かを表示するようにします。

ノート:このチュートリアルのために作成者が作成したページは、表示が異なります。 前に説明したコマンドを使用して、この新しいhtmlドキュメントを提供するようにApacheに通知する必要があります。

$ sudo a2ensite tecmint-test-site.conf
$ sudo systemctl reload apache2
$ sudo a2query -s tecmint-test-site.conf

上記の最後のコマンドは、apache2が実際に新しく作成されたWebサイトにサービスを提供していることを確認するだけです。 この時点で、WebブラウザをサーバーのIPアドレスに再度移動し、新しく作成されたWebページが表示されているかどうかを確認します(ここでも、コンピュータはデータをキャッシュするのが好きなので、新しいWebを取得するために何度も更新する必要がある場合がありますページ)。

新しいApacheサイト

新しく作成した場合」生きてる!!!「Webページが表示されているので、Apache 2は正常に構成され、Webページをレンダリングしています。

おめでとうございます! これは準備に役立つ簡単なセットアップですが Linux LAMP Webサイトをホストするサーバーの場合、実行できることはもっと複雑であり、構成はその最終目標に大きく依存します。

他の同様の投稿

動物の世界

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

多分あなたは興味があります