未分類

キヤノンは、電磁石を使用して撮影時の振動を低減するシャッターの特許を申請しています

(oneechanblog) – キヤノンは、動作中のメカニカルシャッターによる振動を低減する技術について、日本で特許を申請したばかりです。 コード2022-039332のこの特許は、現在のメカニカルシャッターの問題、その制限と欠点を概説し、電磁石を使用して精度を高め、シャッター速度の制御を改善して振動を最小限に抑える新しいテクノロジー、新しいデザインを紹介します。

この特許は、メカニカルシャッターによって引き起こされる振動の問題を解決するための新しい設計について説明しています。 これは小さな問題であり、現在人気のあるカメラのほとんどは問題に直面していませんが、高解像度カメラでは、小さな振動でも撮影時にセンサーに影響を与える可能性があり、撮影時に写真を揺さぶる可能性があります。

これは日本語のテキストなので、翻訳もかなり難しいです。 ページの説明に従って DIY写真 次に、3つの磁石が、ストロークの終わりに達したときにシャッターを制御するように機能します。 必要な速度を達成するために、シャッターは物理的な限界に達し、カメラ全体に振動を引き起こす下の要素に当たるほど速く動く必要があるためです。 ストロークの終わりに、電磁石はシャッターが下の要素に当たる前にシャッターを遅くします。衝突する前に速度を下げると、振動を減らすのに役立ちます。

よく理解するために、もう少し言いたいのですが、現在人気のあるカメラのシャッターシステムの構造には2つのシャッターブレードがあり、これらの2つのシャッターリーフの移動速度は通常固定されています。 一般的に使用されているカメラで1/60秒、1/200秒、1/1000秒などのさまざまなセンサー露出時間を実現するために、これら2つのシャッターブレードの移動量が調整され、センサーが光を受け取る時間が正確になります。必要なセンサーの露出時間と同じです。 昔々、企業はパラメータやシャッタースピード、1秒連続撮影速度で競い合っていました。 フルフレームカメラのシャッタースピードは通常1/8000秒で、センサーが1/1000秒と小さいため、通常はクロップが高くなります。 このプロセス中に発生する振動は次のとおりです。

シャッターを押すと下側のシャッターが下がり、最初の振動が発生します。
カメラに設定したシャッタースピードに応じて、希望の露出時間を実現するために上部シャッターが引き下げられます。 上部のシャッターが引き下げられ、2番目の振動として下部の要素に当たります。
2つの振動だけでは十分ではありません。DSLRにはいわゆるミラーもあります。 シャッターを押すと、ミラーが引き上げられて最初の振動が発生しますが、シャッターが開いていないため、この振動はまだ画像に影響を与えていません。

詳細を理解するために、1/10,000秒でシャッターを押したときに何が起こるかについてのスローモガイズチャンネルのこのビデオをご覧になることをお勧めします。

その上、現在、非常に高解像度の新しいEOSRシリーズカメラについて多くの噂があります。 したがって、Canonがこの新しい設計をそのマシンに適用する可能性があると信じる理由があります。 しかし、このデザインの効果が期待通りかどうかは不明であり、キヤノンのライバルであるニコンが捨てたとき、古いデザインの哲学に基づいて新しいデザインを作成することが正しい方向であるかどうかはわかりません。最先端のカメラであるZ9のメカニカルシャッター。

他の同様の投稿

動物の世界

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

多分あなたは興味があります