anime vs manga

エピソード8-トライブナイン

(oneechanblog) – 「カオスを始めよう」(エピソード8のタイトル)は、私が開いたときにつぶやいたものです。 ファニメーション この最新エピソードをストリーミングするためのタブ トライブナイン、いっぱいのショー ダンガンロンパ すぐにその味の多くを失ったexpyキャラクター。 そして、OPが始まる前に、可能な限り最もエキサイティングな方法でタイトルのドロップを試みるため、ジャンプからさらに多くを失いました。

このエピソードの冒頭には、このようなファンキーな緊張感があります。 アクションはほぼ即座に始まり、少しの間、ショーが再び勢いを増しているように感じます。これは有望な兆候です。 私たちの青い髪の天才であるカズキはその奥深くにいます。鳳家は太田族の代理人によって彼に打撃を与えました。 XBを再生します。

そうそう、これがまだ野球アニメであることを忘れないように、主なアクションについて話しましょう:太田族対改革された湊族。

太田族 吸う XBで:彼らは最悪の最悪であり、主にXBのルールを理解していないように見えるため、ほぼ即座にあらゆる種類のトラブルに巻き込まれます。 「appearto」と書いたのは、8回が来る頃には太田族が愚かでおしゃれなアマチュアではなく、山の底にいるのがどんなものかを理解している斬新なプレイヤーだと明かしているからです。 特に部族のリーダーであるソナダ福州に関しては、彼らは冷酷になります。

福州の存在理由は…混沌です。 の主人公のように ファイナルファンタジーXVI、彼はすべてその混沌についてです:朝の混沌、夕方の混沌、夕食の混沌。 彼はすべてがうまくいかない可能性を生み出すために生きています。 実際 この戦いにひねりを加えてください:ハルの座屈した友人に爆弾を縛り付けます。 ビンゴカードから「サプライズボム」をチェックすることを期待していなかったことを認めます トライブナイン ひねりにひねりがありますが、それでもここにいます。 今週はツイストオンツイストオンツイストです。

アクションに関しては、エピソード8は筋書きを取り上げ、地元のプールで最も高い飛び込み台に行き、それをバク転しようとします…多分あなたのお母さんがそれを記録する以外に拍手はありません フェイスブック 後世のために。 つまり、一連のmehエピソードの結果としての豊富なアクションとねじれにもかかわらず、エピソード8は興奮の点でマイナーなステップアップのようにしか感じられませんでした。それは、最後の最後の公開とその後のクリフハンガー。

それでも、私は一生の間、このショーが私をそのウェブに絡ませ続ける理由を説明することはできません。 たくさんあると思います トライブナイン私にとっての継続的な魅力は、私が本当にそれが何らかの種類を引っ張って欲しいからです アクダマドライブ-フィナーレのレベルツイスト。 または少なくとも呼び起こす ダンガンロンパ V3は、そのゲームを素晴らしい見送りにした哲学的な姿勢を欠くことを非常に懸命に試みています。 何が起こっても、延長戦に備えて、私は9回以降まで投資しています。 野球には残業があります…そうですか? たぶん、XBはそうするかもしれませんが、私たちのために願っていますが、 トライブナイン それをきちんと保ち、そのボールゲームを片付けます。

他の同様の投稿

その他の情報を探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

動物の世界

テクノロジーの世界

コミックの世界

メニュー