anime vs manga

同人ベンダーヘンダネ:やおいパドルキックスターターは許可されていません-興味

(oneechanblog) – The 同人 ベンダーのHenDa Neは、 やおい パドルファンのキックスターターは、「私たちのデザインを露骨に盗んだ」と非難している。 同社は土曜日のツイートで、「許可を求められなかったし、許可も与えていない」と述べた。

The キックスターター スパンキングアクセサリーをノベルティアイテムとして復活させることを目的としたキャンペーンは、2日目に目標の1,800ポンドに達しましたが、Hen Da Neが提起した知的財産紛争のため、現在利用できません。

Hen Da Neの著作物に関する説明は、次のとおりです。「Hen Da Ne!Incが以前に販売し、著作権を所有していたものとまったく同じ木製のパドル。これらのパドルは、ほぼすべてのコンベンションで禁止されており、現在の形式と構成。」

を立ち上げたアーティストヘンリーAL キックスターター 先週の金曜日、Hen DaNeのANNに対する著作権の主張を「不正」と説明しました。 彼は会社が「誰もが別のものを作ることを禁じることはできない」と信じていると言った やおい パドル自体を生産しないためだけに、残りの時間はパドルします。」彼はまた、ヘン・ダ・ネは元々の作成者ではないと主張しました。 やおい パドル、オリジナルを作成したと主張するアーティスト、Akicafeによる証言を指しています やおい パドルデザイン。

リンクされた証言によると、Akicafeはオリジナルを贈りました やおい ヘンダネのパドルデザイン、そして会社はその後パドルを製造する法的権利を購入しました。 アーティストは、生産されるパドルの数についていくつかの誤解があることに気づきましたが、彼らは次のように明確にしました。[Hen Da Ne] 発明を盗んだことはありません。 [They] 私から大量生産の権利を購入しました。 もともとは雪だるま式にニッチになった贈り物でした [sic] コンベンションの奇妙さ [sic] とファンダム。 しかし、制作権は彼が作ることができる金額を決して述べていませんでした。 私は彼がそれらの50または100のように作るだろうと思っていましたが、彼は数万を作り続けました(私は信じています)。 それは私がそれについて少し不満を持っていたところです。」

Hen DaNeの代表であるJordanVieiraは、この話は「基本的にはその証言が立っているとおり」であり、「合法的に私たちの設計である」と強調しているとANNに語った。 彼はまた、同社が製造したパドルの数は数万ではなく数百であると述べた。

ヘンリーALはさらに、パドルが入手可能であればヘンダネから購入したであろうと主張し、彼のリニューアルは「キッチンの木製スプーンよりも危険な状態を保つためだけのものである」と主張し、「誰も実際にパドルを大会に持ち込むことができるようになるでしょう。」 オリジナルでは キックスターター キャンペーンの説明では、「いいことをしたし、元に戻すのに手間がかかったので、元気に過ごしましょう」と、無断で人を殴らないように後援者に呼びかけた。

ビエイラは、彼がこのデザインを復活させることに反対していると述べました やおい パドル:「このバージョンの やおい パドルは、それが属する過去にとどまる必要があります。 人々がもっと素晴らしいものを作りたいのなら、私たちの特定のデザインではありません。 それらが使用され始めたり、慣習に持ち込まれたりした場合、私たちはその関連や非難を望んでおらず、必要もありません。」

それにもかかわらず、ヘンリーALはまだ再開することを決意しています キックスターター キャンペーン、彼が現在著作権の主張に異議を唱えるためにプラットフォームに訴えていることをANNに伝えます。

同人誌 ベンダーHenDaNeはかつて販売しました やおい 2000年代の愛情のこもったリフとしてのパドル 男の子-愛 マンガのジャンル(英語圏では「やおい「当時)。武器としての誤用や嫌がらせのために、アイテムは最終的に大会から禁止されました。

の高さの間に周りにいなかった読者のために やおい パドルの魅力、彼らの存在は、アニメニュースニーナの漫画とYouTuberレッドバードによるドキュメンタリー形式で不滅です。

他の同様の投稿

その他の情報を探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

動物の世界

テクノロジーの世界

コミックの世界

メニュー