ニュース

米国、同盟国はウクライナの原子力発電所の押収をめぐって国連でロシアを非難する

(oneechanblog) – 3月4日(ロイター)-米国とその同盟国は、欧州最大の原子力発電所のウクライナでの夜通しの砲撃と押収について、国連でロシアを強く批判し、モスクワがそのような攻撃を二度と起こさないように要求した。

安全保障理事会の15人の使節の多くは、「重大な懸念」とショックを表明し、1986年のチェルノブイリ事故の再発の可能性に対して警告しました。

彼らは、攻撃は国際人道法に違反していると述べ、モスクワに核施設を標的とした軍事作戦を控え、ウクライナ人が工場に彼らの仕事を遂行することを許可するように促した。

今すぐ登録して、Reuters.comに無制限に無料でアクセスできます

登録

「世界は昨夜、核の大惨事をかろうじて回避した」と、国連大使のリンダ・トーマス・グリーンフィールドは、ロシア軍によるウクライナ南東部のザポリージャ原子力発電所の押収に続いて召集された安全保障理事会の緊急会議に語った。

「昨夜のロシアの攻撃は、ヨーロッパ最大の原子力発電所を深刻な危険にさらした。それは信じられないほど無謀で危険だった。そしてそれはロシア、ウクライナ、ヨーロッパ中の民間人の安全を脅かした」とトーマス・グリーンフィールドは言った。

金曜日の早い時間に砲弾がこの地域を襲ったとき、訓練棟で炎が発生し、火が消える前に世界中で警報のけいれんを引き起こし、当局は施設は安全であると述べました。 続きを読む

ウクライナの国連セルギー・キスリチャ大使は、民間人を空襲から守るために、すべてのロシア軍を工場と飛行禁止区域から撤退させるよう求めた。

2022年2月28日、米国ニューヨーク州マンハッタンの国連本部で開催された、ロシアのウクライナ侵攻後の国連安全保障理事会会議の概観。REUTERS/ Carlo Allegri

当局は不安定な状況を懸念し続け、ウクライナのスタッフは管理者の手の届かない戦場の状況でロシアの管理下で活動していた。

「フランスは、核構造の完全性に対するこの攻撃を強く非難している。これは私たちが保証する必要がある」とニコラス・デ・リビエールは演説で述べた。 「ウクライナに対するロシアの攻撃の結果は、おそらく人間の健康と環境に壊滅的な打撃を与えるだろう」と彼は付け加えた。

バーバラ・ウッドワード国連大使は、「二度と起こらないようにしなければならない。ウクライナへの不法侵入の最中でも、ロシアは核サイトからの戦いを続け、核サイトの安全とセキュリティを守らなければならない」と述べた。

国際原子力機関のラファエル・グロッシ長官は、この状況を「通常の運用であるが、実際、これについては通常のことは何もない」と述べた。

ロシアが2月24日に侵攻を開始して以来、何千人もの人々が殺害または負傷し、100万人以上の難民がウクライナから逃亡したと考えられています。西側諸国は、ロシアを経済的孤立に陥れた制裁で報復しました。

ロシアの国連への使節であるヴァシリー・ネベンジアは、原子力発電所に対する西側の騒動を却下し、金曜日の安全保障理事会に、「人工ヒステリー」を作成するためのウクライナ当局による別の試みに会うよう呼びかけた。

「現在、ザポリージャ原子力発電所と隣接する領土はロシア軍によって守られている」と彼は言った。

これとは別に、フランスとメキシコは来週、ロシアの侵略による人道的影響に対処する国連安保理決議に取り組んでいると外交官は述べた。

他の同様の投稿

その他の情報を探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

動物の世界

テクノロジーの世界

コミックの世界

メニュー