ニュース

FIFAはロシアの名前、旗、国歌、大会を撤回します

(oneechanblog) – FIFA は、国際競争が行われないロシアに対する一連の厳しい措置を発表しました。 その旗と国歌は禁止されており、その選択はウクライナの侵略のために「ロシアサッカー連合(RFU)」という名前でのみプレイすることができます。

これは、「ウクライナでの戦争に関する最初の措置」を採択したFIFA評議会局によって今週日曜日に合意された。

「まず第一に、FIFAはウクライナへの侵略におけるロシアによる武力行使の非難を繰り返したい。暴力は決して解決策ではなく、FIFAはウクライナで起こっていることによって影響を受けるすべての人々との深い連帯を表明する。ウクライナ」彼は言い​​ます。

FIFAも 「平和の緊急の回復と建設的な対話の即時の開始を新たに呼びかける。 FIFAは、現在の紛争が続いている間、国を離れる支援を要請したウクライナサッカー協会およびウクライナサッカーコミュニティのメンバーと緊密に連絡を取り合っています。」

「サッカーに関連する問題に対処し、UEFAと連携して、大統領と連合の6人の大統領が参加するFIFA評議会局は、勧告に従って、最初の即時措置をとることを全会一致で決定しました。国際オリンピック委員会(IOC)のメンバーであり、追って通知があるまで適用されます」と彼は言います。

最初の措置は、「ロシアの領土では国際大会は行われず、ホームゲームは中立の領土で観客なしで行われる」というものです。

同様に、「ロシアを代表する会員協会は、 「ロシア」ではなく「ロシアサッカー連合(RFU)」」。

そして第三に、この国の「ロシアの旗や国歌は、サッカーユニオンのチームが関与する試合では使用されません」。

FIFAは、「状況が急速に改善しない場合、近い将来に適用される可能性のある競技会からの除外を含む追加の措置または制裁を決定するために、IOC、UEFAおよび他のスポーツ組織との継続的な対話を継続する」と付け加えた。 FIFA評議会局は、これらの決定を行うために待機しています。」

「FIFAは、この問題に関する決定においてスポーツ運動が団結しなければならず、スポーツは平和と希望のベクトルであり続けなければならないと固く信じていることを強調することが重要です」と強調します。

次の試合まで 2022年ワールドカップの予選、FIFAは、「ポーランド、チェコ共和国、スウェーデンの協会がソーシャルメディアを通じて表明した立場に十分注意を払い、すでにこれらすべての協会と対話を行っています。FIFAは引き続き緊密に連絡を取り、適切で許容できる解決策を一緒に見つけてください。」

「FIFAの考えは、この衝撃的で心配な状況の影響を受けたすべての人々にあります」と彼は結論付けています。

他の同様の投稿

その他の情報を探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

動物の世界

テクノロジーの世界

コミックの世界

メニュー