未分類

UbuntuでphpMyAdminを手動でアップグレードする方法

(oneechanblog) – ワークステーションでUbuntu18.04を実行しています。 phpMyAdminの古いバージョンがインストールされています。 当初、phpMyAdminはaptパッケージマネージャーを介してインストールされていました。

Aptパッケージマネージャーを介したphpMyAdminのインストールでは、複数のディレクトリが作成されます。

/etc/phpmyadmin – Configuration files
/var/lib/phpmyadmin – Library and tmp directries
/usr/share/phpmyadmin – Main phpMyAdmin installation

ステップ1-phpMyAdminをバックアップする

現在のphpMyAdminディレクトリのバックアップを取る必要があります。 ただし、同じ場所で名前をphpmyadmin.bakに変更しました。

$ sudo mv /usr/share/phpmyadmin/ /usr/share/phpmyadmin.bak

ステップ2–最新のphpMyAdminをダウンロードする

次に、公式ダウンロードページから最新のphpMyAdminアーカイブファイルをダウンロードします。 この記事の最後の更新時に、phpMyAdmin4.8.5はダウンロード可能な最新バージョンです。

このコマンドを実行すると、phpmyadminの最新バージョンが自動的にダウンロードされることに注意してください。 この記事を公開した時点での最新のphpmyadminバージョンは5.1.3です。

$ wget www.phpmyadmin.net/downloads/phpMyAdmin-latest-all-languages.zip
$ unzip phpMyAdmin-latest-all-languages.zip

現在の場所にphpMyAdmin- [VERSION] -all-languagesというディレクトリが表示されます。 この最新のディレクトリを適切な場所に移動します。

$ sudo mkdir /usr/share/phpmyadmin
$ sudo mv phpMyAdmin-*/* /usr/share/phpmyadmin/

ステップ3–構成を更新する

私が言ったように、既存のphpMyAdminはAptパッケージマネージャーとともにインストールされました。 したがって、vendor_config.phpファイルの下にTEMP_DIRとCONFIG_DIRの場所を指定する必要があります。

お気に入りのテキストエディタでvendor_config.phpファイルを編集します

$ sudo vim /usr/share/phpmyadmin/libraries/vendor_config.php

次の値を更新します。

define(‘TEMP_DIR’ ,  ‘/var/lib/phpmyadmin/tmp/’);
define(‘CONFIG_DIR’ , ‘/etc/phpmyadmin/’);

ファイルを保存し、WebブラウザでphpMyAdminにアクセスします。

全部できた。 結論として、Ubuntuシステムで最新のphpMyAdminを実行しています。

他の同様の投稿

動物の世界

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

多分あなたは興味があります