ニュース

オルランドオルテガがベオグラードのワールドカップから離れる

(oneechanblog) – オルランドオルテガは今週火曜日、ORLENコペルニクスカップに参加した唯一のスペイン人です、屋内ミーティングサーキットの最後から2番目のラウンド(マドリードで終了)は、ポーランドの町トルン(昨年の屋内ヨーロッパ選手権の開催地)で開催されました。

リオデジャネイロでの110メートルハードルのオリンピック準優勝者は、数週間で目覚ましい形を成し遂げたとき、土壇場で負傷して東京オリンピックに出場できませんでした。 60メートルハードルで失われた時間を埋め合わせてみてください 3週間先のベオグラードでのワールドカップで。

ステージングの問題がよく知られているため、短いハードルテストは彼の専門ではありませんが、それを忘れてはなりません。 アルテミスの天才はすでに4年前に4番目でした グラスゴーヨーロッパ人で。

問題は、同じ国からの2人のアスリートだけがイベントごとにベオグラードに行くことができ、今シーズンは21歳の2人のアスリートが並外れたレベルでパフォーマンスしていることです。 NavarreseAsierMartínez(7.55、世界で9番目)とValencian Quique Llopis(7.59、世界ランキングで151)。

アシエル・マルティネスは驚異に飽きることはありません

オルテガがトルンに到着 7.71の最高のマークで、2月14日にメスで達成。 スペイン国籍の史上最高のハードラーは、彼のシリーズで7.80の記録を残し、2位に終わった後、決勝に進みました。

決勝では、彼は失敗し、短いテスト中に十分に回復しなかったため、7.71に匹敵する4位になりました。 ポーランドのダミアン・チカーが壮観な7.48に驚嘆したレースでは、アメリカ人のグランホロウェイ(7.35)とトレーカニンガム(7.42)、フランス人のパスカルマルティノラガルド(7.46)に次ぐ世界第4位になりました。

オルテガは前進を続けています…しかし短い

したがって、ヒスパニック系キューバ人がついに今週末にオウレンセで開催されるスペイン選手権に参加することを選択した場合、火花は60メートルハードルで飛ぶでしょう アシエル・マルティネスと とLlopisがお気に入り スペインの高いレベルの高いフェンスのサンプルでは、​​女性にはテレサ・エランドネアとゼニア・ベナハがいることを忘れないでください。

原則として、2つのワールドカップの場所の1つを争う選択肢はほとんどありませんが、テネリフェ島などの22歳の若いアスリートについても言及する価値があります。 この冬、注目に値する7.79を認定したKevinSánchez。

他の同様の投稿

動物の世界

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

多分あなたは興味があります