ニュース

研究によると、COVID-19はメンタルヘルスの問題、摂食障害を引き起こします

(oneechanblog) – 新しい研究によると、コロナウイルスは患者のメンタルヘルスの問題を引き起こしています。

水曜日にジャーナルTheBMJに発表された大規模な研究で、セントルイスの研究者は退役軍人保健局システムの153,848人の記録を分析しました。

この研究には、感染前に少なくとも2年間メンタルヘルスの診断または治療を受けていない人々のみが含まれ、コホート研究では、参加者をSARS-CoV-2感染の最初の30日間を生き延びた人々と2つの対照群に分けました。

対照群には、ウイルスによる感染の証拠がない現代的な群と、パンデミックに先立つ歴史的な群が含まれていました。

COVID-19の患者は、うつ病性障害を患う可能性が39%高く、感染後数か月にわたって不安障害の発症リスクが35%高くなる可能性がありました。

そのグループはまた、ストレスおよび適応障害と診断される可能性が38%高く、睡眠障害と診断される可能性が41%高かった。

COVID-19患者は、神経認知障害を発症する可能性が80%高く、オピオイド使用障害を発症する可能性が34%高かった。

COVID-19患者の18%以上が、翌年に神経精神医学的問題の診断または処方を受けました。

「COVID-19グループでは、季節性インフルエンザで入院していないcovid-19の人と、季節性インフルエンザで入院していない人、covid-19で入院した人と入院した人との比較で、偶発的な精神的健康障害のリスクが一貫して高かった。季節性インフルエンザで、covid-19で入院したのに対し、他の理由で入院した」と著者は書いている。

研究によると、COVID-19と診断された人々はうつ病性障害を持っている可能性が39%高かった。
ゲッティイメージズ/マスコット

しかし、この研究の4.4%から5.6%の人々は、うつ病、不安神経症またはストレスおよび適応障害の診断を受けました。

調査対象者の平均年齢は61歳で、その90%が男性でした。

VAセントルイスヘルスケアシステムの研究開発責任者でワシントン大学の臨床疫学者である研究著者のDr.Ziyad Al-Alyは、木曜日にセントルイスポストディスパッチに、同じものを描くのに十分な女性参加者がいると語った。結論。

「私たちは彼らに必要な治療を施す必要があります。そうすれば、これがはるかに大きな危機に陥ることはありません」と彼は出版物に語った。 「米国でのCOVIDの巨大さのために、ここでの数は本当に何百万人もの人々を表しています。」

疾病管理予防センターによると、長いCOVID、またはCOVID後の状態は、最初に感染してから4週間以上後に発生します。

WHOは、パンデミックが世界の93%の国で重要なメンタルヘルスサービスを混乱させたと述べました。

ゲッティイメージズ/マスコット

当局によると、いくつかの症状には、呼吸困難、脳の霧、関節や筋肉の痛み、睡眠の問題、気分のむら、月経周期の変化、匂いや味の変化などがあります。

世界保健機関は、パンデミックが世界の93%の国で重要なメンタルヘルスサービスを中断または停止し、青年期のメンタルヘルスサービスの72%が2020年6月から8月の間に停止したと報告しています。

ボストンチルドレンズホスピタルでの摂食障害関連の入院を調べたJournalof Adolescent Healthに発表された最近の研究では、このような障害の有病率が年齢層で急増していることがわかりました。

GlobalDataによると、疫学者は、過食症の12か月の診断された有病率が増加し、今後5年間で現在の予測推定値を超える可能性が高いと予想しています。

他の同様の投稿

動物の世界

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

多分あなたは興味があります