ニュース

キエフにある米国大使館を閉鎖し、ロシアの侵略を恐れて残りの外交官を西に移動させる

( oneechanblog ) – ブリンケン氏は声明のなかで、「私は、スタッフの安全という1つの理由でこれらの措置を命じた。ウクライナに残っている米国市民には、すぐに国を離れることを強く勧める」と述べた。

この動きは、米国が米国政府職員の大多数に国外退去を命じ、米国当局がコミットし続けることを強調したとしても、差し迫ったロシアの侵略を恐れて、日曜日に米国大使館の領事館サービスを停止すると発表した数日後に起こります外交の結果を見つけようとすることに。

モスクワは交渉の余地があると述べたが、国務省のスポークスマン、ネッド・プライスは月曜日に、「ロシアが力の使用ではなく外交の道を追求することに関心があるかどうかは不明である」と述べた。

この問題に詳しい情報筋は、今週中にロシアがウクライナを攻撃する可能性が高いとCNNに語った。 しかし、ロシアが今週行動を起こさない場合、それは必ずしもそれが起こらないことを意味するわけではない-ロシアはかなり長い間現在の軍の姿勢を維持することができる。

プライス氏は、残りのすべての外交官をキエフからウクライナ西部に移すという決定は、ロシアが軍事行動を進めることを決定する可能性があるという「明確な可能性、おそらくこれまで以上に現実的である」ために国務省が「絶対に必要」であると感じたために行われたと述べた。」

同氏は国務省のブリーフィングで、「私たちは自分たちの目で地上で見ているものに基づいて評価を行っている。これはウクライナ国境での継続的で挑発的なロシアの蓄積であり、それに伴う脱エスカレーションの証拠はない」と述べた。国務省は、リヴィウの場所は「ウクライナの他の場所にはないかもしれないある程度の保護を提供している」と述べています。

プライス氏は、「大使館の移転」に向けた綿密な計画があり、その証拠として、たとえば、有効なパスポートを破棄する必要はなかったと述べた。

「私たちは機密文書や機密機器に関して慎重な予防策を講じてきましたが、そこに多くの詳細を提供することはできません」と彼は言いました。

国務省の高官は土曜日、米国の外交官が大使館の撤退に備えて機密情報を最近取り除いたと述べた。

プライス氏は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領がウクライナへの侵攻を決定した場合、「人間の苦しみは広範囲に及ぶだろう」と述べた。

米国当局は、米国市民にウクライナをすぐに去るように繰り返し呼びかけ、ロシアの侵略が今週も含めていつでも来ると警告している。

国家安全保障問題担当補佐官のジェイク・サリバン氏は、CNNの「一般教書演説」で、「私たちが公にやろうとしていることは、米国市民がウクライナをすぐに離れるべきだということを透明にしている。 ” 日曜日。

「戻る意図」

プライス氏は、ウクライナ国家親衛隊がキエフの米国大使館を警備する予定であると述べ、「安全が確保され次第、キエフのその大使館に戻ることは確かに私たちの意図である」と付け加えた。 リヴィウに移転したスタッフには、臨時代理大使のクリスティーナ・クビエンを含む「中核」外交チームが含まれ、彼らは「外交努力を調整するウクライナ政府と引き続き関与する」とプライス氏は述べた。

よく知られている情報筋は、ロシアの攻撃の可能性に関しては米国とウクライナの間のギャップが狭まっていると信じているとCNNに語った-ウクライナはそのような侵略が差し迫っていることに懐疑的だったが、個人的な会話では彼らはより焦点を当ててきた侵略に関する米国の警告が国内的、政治的、経済的にどのように彼らに影響を与えたかについて懸念を表明する。

ブリンケンは月曜日にウクライナのカウンターパートであるドミトロ・クレーバと話し、数日のうちに2回目の会話を行い、米国と同盟国の「経済的および財政的安定を含むウクライナの主権と領土保全へのコミットメント」を強調した。 キエフによると、2人はマクロ金融支援について話し合った。バイデン政権は、ロシアの侵略の可能性が懸念される中、ウクライナに最大10億ドルの融資保証を提供することを検討していると、この問題に詳しい複数の情報筋が述べた。

米国も最近モスクワと会話をしている。 ブリンケンは、プーチンとのジョー・バイデン大統領の呼びかけに先立って、セルゲイ・ラブロフ外相と話をした。

ブリンケン氏は土曜日、「私たちの電話で、ラブロフ外相は、ロシア人が2週間以上前にモスクワに送った紙への返答に取り組んでおり、具体的な議論の場を提案していると述べた」と述べた。彼らはそれをフォローしますが、彼らがそうするなら、私たちは私たちの同盟国やパートナーと一緒に従事する準備ができています。」

クレムリンのスポークスマン、ドミトリー・ペスコフは月曜日遅く、CNNのフレデリク・プレイトゲンに、プーチンは「交渉する用意がある」と語り、ウクライナの危機はロシアのより大きな安全保障上の懸念の一部に過ぎないと述べた。

その日の早い段階で、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相はプーチンに、ロシアの安全保障上の懸念について西側との外交対話の「チャンス」を見たと述べ、そのような努力を続けることを勧めたと述べた。

月曜日の時点で、米国はまだモスクワからその返答を受け取っていなかった、とプライスは言った。これまでに見たことがあります。」

他の同様の投稿

動物の世界

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

多分あなたは興味があります