スポーツ

フォーブスによると、世界で5番目に高い給料のアスリートであるガルビネムグルザ

( oneechanblog ) –

2022年1月14日23時22分

CET


フォーブス誌が発表し、日本人が率いるリストによると、スペインのテニス選手ガルビネ・ムグルザは、2021年に世界で5番目に高給のアスリートであり、880万ドルを生み出しました。 大坂なおみ 5730万ドルで。

ビジネスと金融を専門とする出版物であるフォーブスは、昨年最も多くの収入を得て、合わせて1億6700万ドルを達成した10人の女性アスリートを明らかにしました。

ムグルザ、28歳は、11月にメキシコのグアダラハラで達成されたWTAファイナルズでイベリア人として初めて優勝したことで、彼女のスポーツで素晴らしい年を過ごしました。

彼女の良いスポーツの年は彼女をWTAランキングで3位に導き、テニスで280万ドル、600万ドルのフィールドからの収入を達成するために新しいブランドの注目を集めました。

2021年に ガルビネ ジャガーとニベアをブランドポートフォリオに追加し、アディダスやバボラなどの長年のサポーターに加わりました。

トップ10の女性アスリートが獲得した1億6700万ドルは、2020年より23%増加し、2013年には1億4330万ドルを超える新記録を打ち立てました。

大阪、24は、世界で14番目に優れたテニスプレーヤーであり、ルイ・ヴィトンやタグ・ホイヤーを含む10以上のパートナーとのスポンサー契約のおかげで、フィールド外で彼女の収入の大部分である5,500万ドルを獲得しました。

法廷では、日本人は230万ドルを獲得しました。その多くは、2月の全豪オープンで4度目のグランドスラムタイトルを獲得したことによるものです。

セリーナウィリアムズ 式を繰り返した 大阪 ナイキ、ゲータレード、ディレクTVなどの広告主から最大の資金流入である4500万ドルを生み出しました。

フィールドでは、40歳のプレーヤーは、たった6つのトーナメントに参加することで$ 900,000を獲得しました。 合計で、それは4590万ドルで2021年を閉じました

大阪 Y ウィリアムズ 性別を問わず、世界で最も高給のアスリート50人のリストに登場したのは女性だけで、日本人は12位、セレナは28位でした。

アメリカのテニス選手 ビーナス・ウィリアムズセレナの姉である、はフォーブスランキングで1130万ドルで3位であり、そのうち11人は法廷外で獲得した。

シモーネ・ビレス、アメリカの体操選手は、フォーブスのリストで4番目に優れており、収入は1010万ドルで、そのうちの10人は彼女のスポーツ活動以外で達成しました。

フォーブスランキングの他のメンバーは韓国のゴルファーです ジンヨンコ、6位は750万ドル。 インドのバドミントン選手PV シンドゥ、7番目に720万ドル、オーストラリアのテニスプレーヤー アシュリーバーティ、8番目に690万ドル。

彼らはアメリカのゴルファーが続きます ネリー・コルダ、9番目に590万ドル、そしてアメリカのバスケットボール選手を閉じます 踊ることができます パーカー、570万で。

あなたはおそらくそれも好きでしょう

より類似した投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー