世界を信じる

英国政府は、フィリップ王子の葬式の前夜に行われた「ワインのスーツケース」パーティーについて女王に謝罪します

( oneechanblog ) –

昨年4月のフィリップ王子の葬式の前夜、国は公式に喪に服し、エリザベス女王は74年近くの夫を休ませるために横たわる準備をしていました。電信新聞。

政府は現在、バッキンガム宮殿での出来事について謝罪しました。 ボリス・ジョンソン首相の副公式スポークスマンは金曜日にジャーナリストに、「これが国の追悼の時に行われ、10番が宮殿に謝罪したことは非常に残念だ」と語った。

イベントの1つは、現在国内で最も売れている新聞TheSunの副編集長であるコミュニケーションディレクターのJamesSlackの辞任を記念して開催されました。

Slackはまた、金曜日にPA Mediaが報じた声明の中で、このイベントによって「引き起こされた怒りと傷」について謝罪し、「その時点では起こらなかったはずだ」と述べた。

謝罪は木曜日のテレグラフの報告に続き、2021年4月16日に最大30人の2つの集会がダウニング街で開催されたと述べた。

「スーツケースをワインで満たすための酒飲み」という見出しを伴って、テレグラフは、パーティーのスタッフがスーツケースの近くの店で買ったアルコールを持ち込み、音楽を演奏し、踊り、そしてどういうわけか首相が使用したスイングを壊したと報告しましたボリス・ジョンソン大臣の幼児の息子。

テレグラフは、かつてブリュッセル特派員であり、トップレベルの政治に入った後も出版物の定期的な有料コラムを書いていたジョンソンのチアリーダーと見なされることがよくあります。

集会の翌日、フィリップの葬式はパンデミックの最も強力なイメージの1つを提供しました。 女王は礼拝の間、ウィンザー城の礼拝堂に一人で座り、厳格な社会的距離の規則を守り、孤独な君主の写真は国内外で大きな国民の共感を呼び起こしました。

2021年4月17日、ウィンザー城のセントジョージ礼拝堂でのフィリップ王子の葬式中のエリザベス女王。

葬儀で最大30人のゲストを義務付けていた当時のCovid-19の制限は、フィリップの親しい友人の何人かが出席できなかったことも意味していました。

2021年4月、イギリスの人々は、家の外の人々と、または一人暮らしの場合は他の複数の世帯のメンバーと屋内で交流することを禁止されました。 屋外での集まりは、6人または2世帯のグループに限定されていました。

ジョンソンは4月16日のパーティーに出席しなかった、とテレグラフは報じたが、国の残りの部分が厳格な封鎖の下で生活している間に彼の監視下で開催されたさらに別の懇親会のニュースは、すでに困惑しているリーダーに圧力を加える。

ダウニング街のスポークスパーソンは、木曜日のテレグラフの報道に対するCNNのコメント要請に応えて、次のように述べています。仕事のためにオフィスにいて、自宅で仕事をしている人のためにスクリーンにいる。」 広報担当者は、彼らがジェームス・スラックに言及していることを確認しました。

ボリス・ジョンソンは、ダウニング街に参加したことをお詫びします。 封鎖中のパーティー

金曜日の朝、CNNからさらなるコメントを求められたとき、ダウニング街のスポークスマンは、上記の声明がオフィスによって発表される唯一のものであると述べた。

最新の啓示は、ジョンソンが2020年の春にダウニング街とその周辺で開催された社会的イベントと、国の規制がそのような集会を禁止したその年のクリスマスに向けて開催された社会的イベントで自分自身を見つけた政治的穴を深めるだけです。

それらの質問が始まったとき、ジョンソンは最初、パーティーは行われず、彼のスタッフと補佐官は常に規則に従っていると言って彼らを拒絶しました。 それ以来、大量の申し立てとリークがいくつかの集会に新たな光を当てています。

このニュースは世論調査でジョンソンの保守党を沈め、世論調査に火をつけ、彼の立場を精査することになった。
水曜日に、ジョンソンは2020年5月20日にダウニング街10番地の裏庭で行われたイベントに参加したことを謝罪したが、集会は仕事のイベントであると信じていたと述べた。と「攻撃的」。

上級公務員スー・グレイが率いる集会の調査が進行中です。

CNNのLukeMcGee、Rob Picheta、LaurenSaid-Moorhouseがこのレポートに寄稿しました。

あなたはおそらくそれも好きでしょう

より類似した投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー