世界を信じる

米国の消費者物価は40年近くで最大の上昇を記録しています。 ピークに近いインフレ

( oneechanblog ) –

  • 12月の消費者物価は0.5%上昇
  • 消費者物価指数は前年比7.0%急上昇
  • コアCPIは0.6%上昇します。 前年比5.5%増

ワシントン、1月12日(ロイター)-米国の消費者物価は、レンタル宿泊施設と中古車が力強い上昇を維持したため、12月に堅調に上昇し、40年近くで最大の年間インフレ上昇に達し、連邦準備制度理事会が金利を引き上げ始めるという期待を後押しした。早ければ3月の料金。

水曜日の労働省からの報告は、先週の金曜日のデータに続いて、労働市場が最大雇用に達しているか、それに近いことを示しています。

米連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長は火曜日、上院銀行委員会での2回目の4年間の任期の長としての指名公聴会での証言で、高インフレが「定着」するのを防ぐために必要なことを行う準備ができていると述べた。銀行。

今すぐ登録して、Reuters.comに無制限に無料でアクセスできます

COVID-19のパンデミックのためにサプライチェーンが崩壊した結果、生活費が高くなることは、承認率が打撃を受けたジョー・バイデン大統領にとって政治的な悪夢です。

「FRBは3月に利上げを開始することを余儀なくされ、通路の両側からの政治的圧力に応じて、今年は4回以上、場合によってはそれ以上の利上げを行う必要があります。来年」と述べた。ノースカロライナ州シャーロットにあるインディペンデントアドバイザーアライアンスの最高投資責任者であるクリスザッカレッリ氏は語った。

消費者物価指数は11月に0.8%上昇した後、先月0.5%上昇した。 家賃の上昇に加えて、消費者は食料に対してより多くの支払いをしましたが、食料価格の0.5%の上昇は過去3か月よりも少なかったです。 果物や野菜の価格は大幅に上昇しましたが、最近の急激な上昇の後、牛肉の価格は2.0%下落しました。

消費者はまた、11月と10月の両方で6.1%上昇した後、0.5%下落したガソリン価格からの休息を得ました。

12月までの12か月で、CPIは7.0%急上昇しました。 これは1982年6月以来最大の前年比増加であり、11月には6.8%の増加に続いた。

先月のインフレ率は予想通りでした。 インフレの上昇はまた、賃金上昇を侵食している。 インフレ調整後の週平均収益は、12月に前年比で2.3%減少しました。

バイデン大統領は、世界経済がパンデミックから回復するにつれて、事実上すべての国がインフレに苦しんでいると述べた。

バイデン氏は声明のなかで、「この報告書は、価格の上昇が依然として高すぎて家計を圧迫しているため、まだやるべきことがまだ残っていることを強調している」と述べた。

インフレ率はFRBの柔軟な2%目標をはるかに上回っています。 また、労働市場が逼迫する中、賃金圧力の高まりによって上昇している。 失業率は12月に3.9%の22ヶ月の最低に落ちました。 CMEのFedWatchツールによると、市場は3月に約80%の利上げの可能性で値を付けました。

エコノミストは、インフレの幅広い性質がFRBの当局者を不意を突かれたように見えると言います。 インフレ期待が定着し、FRBが積極的に金融引き締めを余儀なくされ、景気後退を引き起こす可能性があるという懸念があります。

シカゴのグラント・ソントンのチーフエコノミスト、ダイアン・スウォンク氏は、「FRBが、存在しないインフレを先取りしようとするのではなく、1980年代以来、追いかけたのはこれが初めてだ」と述べた。 「気を引き締めなさい。」

買い物客は、米国ミズーリ州セントルイス北部でのコロナウイルス病(COVID-19)の蔓延を遅らせるために、マスクを着用してホームデポの建築資材店を閲覧します。2020年4月4日撮影。ロイター/ローレンスブライアント/ファイル写真/ファイル写真

ウォール街の株価は、価格の上昇が予想通りだったという安心感の中で、より高く取引されていました。 ドルは通貨バスケットに対して下落した。 米国財務省の価格は上昇しました。

ロイターグラフィックス

ボトルネックの緩和

エコノミストは、前年比のCPI率はおそらく12月にピークに達するか、3月までにピークに達すると考えています。 サプライボトルネックが緩和され始めている兆候があり、先週のサプライマネジメント協会の調査では、12月にサプライヤの納品が改善されたとメーカーが報告していることが示されています。

しかし、オミクロンの亜種によって引き起こされたCOVID-19の急増は、サプライチェーンの正常化に向けた進展を遅らせる可能性があります。

揮発性食品とエネルギー成分を除くと、CPIは11月に0.5%上昇した後、先月0.6%上昇しました。

いわゆるコアCPIは家賃によって押し上げられ、所有者と同等の主たる住居の家賃は、住宅所有者が家を借りることで受け取るものであり、3か月連続で0.4%の堅調な上昇を示しました。

中古車とトラックの価格は、過去2か月のそれぞれで2.5%上昇した後、3.5%上昇しました。 この急増は、8月下旬から9月上旬に発生したハリケーン「イダ」を反映している可能性があります。

新車価格は1.0%上昇し、9ヶ月連続の上昇となった。 世界的な半導体不足により、自動車の生産は減少しています。

家具、寝具、ハウスキーピング用品の価格が上昇しました。 アパレルの価格は1.7%上昇し、2021年1月以来最大の上昇となりました。医療費は0.3%上昇しました。

航空券、パーソナルケア製品、タバコの価格も上昇しました。 しかし、レクリエーションと同様に、自動車保険の費用は再び下落しました。 通信価格は変更されていません。

12月までの12か月で、いわゆるコアCPIは5.5%加速しました。 これは1991年2月以来最大の前年比増加であり、11月には4.9%の前進に続いた。 前年比のコアCPI率は、2月にピークに達すると見られています。

それでも、インフレは今年も目標を上回っている可能性があります。

ペンシルベニア州ピッツバーグにあるPNCFinancialのチーフエコノミストであるGusFaucherは、次のように述べています。

「しかし、他の多くの商品やサービスのインフレは、人件費と投入価格が高いため、パンデミック前よりも2022年に高くなります。住宅も2022年の高インフレに貢献します。」

今すぐ登録して、Reuters.comに無制限に無料でアクセスできます

LuciaMutikaniによる報告; 野見山千津とアンドレア・リッチによる編集

私たちの基準:トムソン・ロイターの信頼の原則。

あなたはおそらくそれも好きでしょう

より類似した投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー