小説

父の意志に従いたいのは私だけ

( oneechanblog ) – 私の家族には5人の兄弟がいて、4人には自分の家があり、それ以来、私は両親と一緒に暮らしています。

私の両親は3階建ての家を持っていて、父がまだ生きていたとき、この家を売らずに教会として保管することを決心しました。 これは、子供ごとに1つずつ、合計5つのコピーになります。 その時はあまり気にしなかったのでその意志を守らなかった。 数年後、母親と5人の子供のうち2人は、母親の死後、子供たちが家を維持したくないことに同意した場合、家を売って分割することができると述べた2番目の意志に静かに取り組みました。 2番目が現れるとき、最初のものは消えました、私の兄弟の誰も彼らがまだ最初のものを持っていると言いませんでした、彼らは家を売ることに同意したのでそれを失ったと言いました。 父が作った意志のように家を守りたいだけです。

私は貪欲ではなく、家を独占したいとも思っていません。おそらく以前に両親と一緒に住んでいたことがあるので、他の兄弟よりも家に感情的に執着しています。 私にとっては、入居を希望する兄弟姉妹は誰でも入居できますが、自分の家を持っているので誰も入居したくありません。今は家を売ってお金を分け合いたいだけです。 この家での過去数十年の思い出を後悔していることを覚えています。 今、人々はこれを法廷に持ち込みたいと思っています。 どうか、この件に関して、私が父の意志に従いたいと思うのは間違っていますか? 私が合理的な決定を下せるように共有してください。

あなたはおそらくそれも好きでしょう

より類似した投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー