未分類

なぜ最も危険なグリーンランタンの最悪の恐怖は別のグリーンランタンなのか?

( oneechanblog ) –

ヒューマンターゲット#3は、DCユニバースで最もタフなグリーンランタンが別のランタンを密かに恐れているという驚くべき真実を明らかにしています。

警告:以下には、DCコミックスから現在販売されているThe Human Target#3の主要なネタバレが含まれています。

クリストファーチャンス、別名ヒューマンターゲットの主な目的は欺瞞です。 彼が引き受けるほぼすべての使命の主な目標は、誰かに自分が自分ではない誰かであると信じさせ、その信念を彼の利益のために使用することです。 しかし、彼の仕事の過程で、チャンスは時々真実を明らかにすることができます。 The ヒューマンターゲット #3(トム・キング、グレッグ・スモールウッド、クレイトン・カウルズによる)。

この号では、地球で最も手に負えないグリーンランタンであるガイガードナーが、かつてガードナーと関係を持っていた元ジャスティスリーグインターナショナルのメンバーであるアイスとロマンチックな時間を過ごしたことでチャンスに嫌がらせをしています。 圧倒的なアルファ男性を背負わせるために、チャンスはガイに別のグリーンランタンが法を制定するようになったと信じさせます:ハルジョーダン。 別のランタン、ジョン・スチュワートによると、ガイはヨルダンに対する生来の恐れを持っており、仲間のランタンに耳を傾けるだけでなく、彼の命令にも従わせます。


関連:ジャスティスリーグがその最も愚かなルールを追加した理由とその時期


ガイのハルに対する生来の恐怖の最も可能性の高い理由の1つは、かつてより由緒あるランタンに対して行われた無愛想なガードナーの挑戦に起因する可能性があります。 ガイは自分がすべてのランタンの中で最高であると信じて、ハルの場所を地球のグリーンランタンとして奪いたいと思っていました。 この挑戦は、1992年に打撃を与えられた2つで最高潮に達しました グリーンランタン #25(ジェラルド・ジョーンズ、ティム・ハミルトン、ジョー・スタトン、マーク・ブライトによる)ジョーダンは、大いに賞賛された対決中にバットマンから受けた打撃を彷彿とさせるパンチで長い乱闘の後に勝利を収めました。 ジャスティスリーグ #5(KeithGiffenとJMDeMatteisによる)。


もう1つのさらに理解しやすい理由は、悪名高い人と関係がある可能性があります エメラルドトワイライト 話。 そのイベントの過程で、ハル・ジョーダン( スーパーマンの治世)スナップしてグリーンランタン隊全体を乗っ取り、そのメンバーのほとんどを殺し、彼らのパワーリングを奪った。 それは結局、ジョーダンが軍団の中央パワーバッテリーの残りの電力を吸収し、その後数年間、悪役の視差としてDCユニバースを恐怖に陥れたことで終わりました。

関連:ジャスティスリーグで最も危険な悪役のチームアップが意味する理由 [SPOILER] ねじ込まれています



視差の時代、ガイは軍団のメンバーではありませんでしたが、これは彼が何が起こっているのかを知らなかったという意味ではありません。 実際、ガードナーはかつて、ハルの変身後、ガーディアンガンセットが唯一のグリーンランタンになるという申し出でどのように近づいたかについての話をしました。 何年にもわたってそのような立場を望んでいた後、ガードナーは誇らしげに彼を断り、「必死の選択」になりたくないと説明した。

おそらくこれは単なる言い訳であり、実際にはガードナーのヨルダンに対する本当の気持ちの最初の兆候でした。 彼が自分自身の恐れのためにガンセットを断ったことは、完全に可能性の領域から外れているわけではありません。 その特定の瞬間に、ガイはハルがグリーンランタン隊全体を間引きし、彼の友人のほとんどを殺し、そして今やすべてのグリーンランタンに彼らの電源、セントラルパワーバッテリー。 それに加えて、彼がパララックスになる前でさえ、ハルは本質的にガイの行動をチェックすることができた唯一の人であり、ガードナーの彼への恐れは正当であるだけでなく完全に理解できるものでした。


次へ:DCの人間の標的には新たな問題があります–嫉妬深いグリーンランタン

X-Menの最も役に立たないミュータントが彼らの最も強力なメンバーになりました

X-Menの最も役に立たないミュータントが彼らの最も強力なメンバーになりました


あなたはおそらくそれも好きでしょう

より類似した投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー