世界を信じる

「ゼロコビッド」中国は制限が厳しくなるにつれてオミクロンを封じ込めるために戦う

( oneechanblog ) –

土曜日に中国で最初のオミクロンのコミュニティ拡散を検出した天津は、水曜日に1,400万人の住民を対象に2回目の集団テストを実施しています。 火曜日の正午の時点で、97人がテストで陽性でした。

発生はすでに河南省の約300マイル(482キロメートル)離れた都市である安陽に広がり、完全な封鎖を促しました。 水曜日に、中国東北部の大連市は、天津からの最近の2人の帰還者が陽性を示したと述べた-新しい亜種が別の都市に広がるのではないかという懸念を引き起こした。

オミクロンの発生は、天津の北西約80マイル、高速鉄道で約30分の距離にある北京の当局者にとって特に心配です。 中国の首都は2月4日に冬季オリンピックを開催する予定です。

天津当局者は火曜日の記者会見で、北京へのすべてのバスサービスが停止されたと述べた。 天津から北京への列車の切符は、日曜日の夜からオンラインで購入できなくなりました。

フライト追跡アプリVariFlightによると、水曜日に天津滨海国際空港で425便が欠航し、予定されている全便の95%を占めています。

日曜日の天津当局は、絶対に必要でない限り、市民に街を離れないように命じました。 去りたい人は、48時間以内に行われた陰性のCovidテストを提示し、雇用主または地方自治体の事務所から承認を得る必要があります。

オリンピックの数週間前に中国の最初のオミクロンクラスターが接近し、北京は警戒を強めている
天津の疾病管理センターの副所長であるチャン・イン氏は、月曜日に国営放送局のCCTVとのインタビューで、「オミクロンと直接向き合うと、その伝達速度が非常に速いことがわかった」と語った。

「したがって、ウイルス起源の追跡、疫学調査、制限と管理のいずれの観点からでも、オミクロンの亜種は前例のないほど大きな課題をもたらしました」と彼女は言いました。

火曜日、河南省の安陽市は、週末に天津の発生に関連した2つのオミクロンの症例が確認された後、厳重な封鎖下に置かれました。 市は合計123件の症例を報告しています。

安陽では、550万人の住民全員が自宅に閉じ込められ、企業や工場は閉鎖されています。 約12人がウイルスの検査で陽性を示した後、4,000人を超える学生と学校の職員が政府が運営する検疫施設に移送されました。 国営メディアのビデオでは、小学校から高校まで、完全な化学防護服を着た生徒がバスにアップロードされていることが示されています。

12月28日に天津から冬休みのために安養に戻った大学生はウイルスを持ち帰ったと考えられています-少なくとも2週間近く天津に亜種がすでに広がっていることを示唆しています。

水曜日、遼寧省大連市の保健当局は、土曜日に天津から戻った2人の大学生が午前中にCovidの検査で陽性を示したと述べた。

当局は学生がオミクロンを持っているかどうかを特定しなかったが、彼らの旅行歴は、彼らが電車で天津を離れる前に、オミクロンの発生が最も深刻だった津南地区で5日間過ごしたことを示した。 彼らは天津を去ったとき、そして大連に到着した後、月曜日に再びテストで陰性でした。

住民は1月10日に天津でのCovidテストに並んでいます。

オミクロンの登場により、SinovacやSinopharmなどの中国の国産ワクチンの有効性について再び懸念が高まっています。

より効果的な西洋製のmRNAワクチンを含むワクチンは、オミクロンに対する防御が弱くなります。 米国のデータによると、完全にワクチン接種された人々がCovid-19で入院する人々の割合を増やしていますが、ブースターショットを受けた人々の入院はまだまれであり、ワクチン接種状況によるリスクのギャップ、特に非ワクチン接種者の間で予防接種を受けた個人-広くなっています。
天津では、オミクロンに感染した80人の疫学調査により、ブースターショットを受けた20人を含む76人が中国製のワクチンで完全にワクチン接種されていたことがわかりました。 3人は1回の接種しか受けていませんでしたが、1人の子供はまだワクチン接種を受けていませんでした。

中国は、西側で製造されたファイザーやその他のmRNAワクチンを承認していません。

オミクロンに加えて、デルタ事件は全国で発生し続けており、地方自治体に一連の制限を課すよう促しています。 北京を含む都市の増加するリストは、旧正月の休暇中に町を離れないように住民に促しました。これは、中国人が家族と再会するための最も重要な祭りです。

河南省の州都である鄭州では、当局は火曜日に、美容院、レストランでの食事の禁止、リスクの高い地域でのバスやタクシーの停車など、必須ではないすべての事業を閉鎖しました。 鄭州は今年100件以上の症例を報告しています。

河南省の別の都市である禹州では、234人が感染したデルタの発生と戦うために1月2日以来120万人の住民が拘束されています。

中国全土で、現在約2,000万人が厳重に封鎖されており、その中には西安市の北西部に住む1,300万人が自宅軟禁の3週目に入っています。

そして、深センの南大都市では、金曜日以来、8つのデルタ症例が報告されています。 深センの保健当局は、輸入品を発生源の可能性が高いと非難している。

中国は水曜日に、河南省で118件、天津で33件、西安で8件、深センで7件を含む、166件の症候性感染症を報告した。

あなたはおそらくそれも好きでしょう

より類似した投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー