小説

大晦日についての考え

( oneechanblog ) – 夜、外では、風が強いか晴れているかにかかわらず、人々の心はまだ嵐のようです。 どういうわけか、目の隅に憂鬱が刻まれていた。

テットの近くでは、ハノイで毎日3,000件近くのCovid-19が発生しています。 朝7時半、夫が腰を下ろして靴を履き、車をゲートまで案内していたところ、「日曜日も行くの?」と聞こうとしたのですが、不平を言いたくありませんでした。朝は女性が忙しかったので静かにしました。

人生において、時々人々はリラックスしたいのにできません。 いつもそうですが、故ナム・カオの「リーダーシップ」のキャラクターであるホーだけでなく、米、服、お金はまだ地面にしがみついています。

誰もが仕事を持っていますが、日曜日は誰もが自由というわけではありません。 一日休憩したいのですが、就業日は20〜30万ドンくらいだと思いますので、残念ながら車で夕方に行きました。 ある日働き、5つの果物のトレイを買うのに十分なお金を持って、妻が家族の両側に与えるために少しのお金を集めようとする人もいます。 今年のテトでは、みんなが夕方早く忙しいです。

階下では、コンクリートミキサー、鉄鋼カッター、労働者が地元のアクセントでお互いを呼んでいる音で、建設は夕方早くに鳴り響きました。 春節を祝うお祭りの準備として、お年寄りは舞台芸術について話します。 口を叩く音、手をたたく音。 流行以来の都市の子供たちは、オンラインで勉強したりビデオゲームをしたりするために家にいるだけです。 そんな中、その時の路上では、子供たちはプラスチックのかごを持って乱れ、痩せていて、雨や日差しに関係なく、太陽や風ですり減ったチューインガム、つまようじ、綿棒、手持ちの傘を売っていました。 同時に生まれると思いますが、一人一人の人生は大きく異なり、誰もが幸運に生まれるわけではありません。 静かな夜、私たちは人生の嘆きを聞くことができません。 彼らの状況では、人生を見るために健康に生まれることはすでに大きな祝福であるように思われます。

日当たりの良い、非常に日当たりの良い、窓からの日差し、隅にあるほこりっぽい本棚を直接照らしています。 私は毎日、12月23日までに家の掃除を利用して、コンオンタオさんを崇拝しています。 私は鍋やフライパンをこすり、皿洗いをし、家の5階を掃除するのに忙しかった。 言うまでもなく、彼らはペンと紙を表示し、大晦日からコーディングまで、ご飯のいくつかのトレイのためにすぐに食べられるメニューの長いページを消去して書き込みます。

私の義母はタイビンです。彼女はハノイに長年住んでいますが、それでも彼女は古い習慣を守り、家と子供たちの世話をし、メイドを雇う必要はありません。 家の中で、私はまだ大きなものから小さなものまですべての世話をしています。 午後、市場を通り抜けると、市場の叔母の避難所の下で、観賞用のキンカン、桃、アプリコット、ドンの葉、タケノコなどを売っているカートがたくさんあり、お香、キャンドル、ビンロウジュ、ビンロウの実が展示されていました。 。、グレープフルーツ。 コン・オン・タオ氏の日が来ると、長年の郷愁はあっという間に過ぎ去りました。 残念ながら、人生の過去に戻ることはできません。 眠れない夜、私は低地の畑で冬のジャガイモを降ろすことを夢見て、愛する人を夢見て、花の車に乗った日のことを思い出し、父は私を見送ることなく背を向け、母はすすり泣きました私たちが食べた日の午後から。 私の心は沈み、人生は続き、多くのことはまだ行われていません。

西暦の1月中旬、夜遅く、冷たい風と小さな霧が降り、窓越しに暗い空に薄い三日月が隠れているのを見て、一口の水を飲み込んだ。大雨が降る。、近くのどこかで雷が鳴った。 家の中では、「もうすぐ雨が降る。今夜は雨が降ると予想されていたというニュースを読んだ」という夫の声が出た。 夜、私の心は嵐のようです。

あなたはおそらくそれも好きでしょう

より類似した投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー