未分類

佐々木と宮野はファンが必要とした健全なBLロマンスアニメです

( oneechanblog ) –

佐々木と宮野は、アニメの黎明期からファンが懇願してきた、BLジャンルで最も健全なロマンスの1つを特徴としています。

以下は佐々木と宮野のネタバレ、エピソード1「初めて」で、現在ファニメーションでストリーミングされています。

ボーイズラブのジャンル、またはBLは、季節のアニメ名簿の中でゆっくりとその位置を見つけています。 本質的に、BLは男性間の単なるロマンスであり、異性愛者とハーレムのコンテンツの海で優れた同性愛者の表現を提供する必要があります。 しかし、BLのジャンルは、問題のある比喩を特徴とすることが多いため、非常に評判が悪く、実際に見るのは非常に新鮮です。 佐々木と宮野 この冬の2022年のアニメシーズンで、単純に健康的なBLアニメをご覧ください。

確かに、近年、次のようないくつかの素晴らしいBLアニメがありました 与えられた、深刻な方法で重い主題を扱います。 さらに、 三角窓の外側は 有毒な主人公から始めますが、満足のいく結論でテーマを扱います-一部のBLファンはロマンスが欠けていると感じるかもしれませんが。 のような気楽な運賃を見るのはまだ楽しいですが 純情ロマンチカ 重力 時々、問題のある描写の山を無視することがますます難しくなっています。


関連:ファニメーションの最高の(健康的な)BLアニメ

佐々木と宮野Ep1初対面

幸いなことに、 佐々木と宮野 なんとか健全なロマンチックな関係を提示し、強制的な親密さや有害な不均衡な関係など、ファンが従来のBLコンテンツで抱えていた問題のほとんどを回避します。 また、ベテランのBLファンから笑顔を引き出すのに十分な自己認識もあります。

タイトルが示すように、 佐々木と宮野 高校2年生の剣道2年生佐々木修明と新入生宮野義和を中心に展開。 宮野が学校のいじめっ子を止めようとすると会い、佐々木が助けに来る。 佐々木は、最初は他の男性に対する自分の気持ちに戸惑っていたが、本質的に一目で宮野に堕ちた。 佐々木は自分の気持ちに気づき、こっそりふだんしである宮野、またはBLコンテンツを楽しむ男を追いかけ始める。



佐々木と宮野Ep1公式紹介

確かに、シリーズは一目惚れや苦痛の中で乙女を救うようないくつかの古い比喩から始まりますが、プロットはこれらの要素にとどまりません。 代わりに、佐々木と宮野の新進関係に焦点を当てています。 佐々木はまず、自分の興味に焦点を当てて、宮野をよりよく理解したいと思っています。 宮野のBLコミックを注意深く読んでいることから、宮野が好きなものを心から気にかけていることは明らかであり、彼はコミックを読んで考えられるように努力しています。 接続を確立するための非常に敬意を表する方法。

関連:Crunchyrollで最高の(健康的な)BLアニメ


一方、宮野は非常に自己意識が高く、特に男性の場合、BLを読むことはしばしば汚名を着せられるため、漫画への興味を少し恥ずかしく思います。 したがって、この趣味を公然と共有することへの彼の抵抗は理解できます。 彼は佐々木に彼自身が同性愛者ではないことを納得させようとさえしています。 宮野は本当に孤独ではありませんが、彼の興味をすべての友人から隠さなければならないことは健康的な習慣ではありません。 だからこそ、佐々木さんの宮野への積極的な受け入れは、すでに宮野に前向きな影響を与え始めているのです。

このシリーズのふだんしの描写は、宮野が先輩の平野大河を平野のルームメイトと絶え間なく出荷することから、BLについて聞く人とBLについて話し合いたいという彼の活発な願望まで、陽気でありながら現実的です。 このシリーズの視聴者を含むBLコンテンツの多くのファンは、おそらく宮野の経験に関係している可能性があります。 さらに、この描写は似顔絵ではなく、コメディー効果のために使用されるだけでなく、宮野のキャラクターを構築するために自然に組み込まれています。


BLの利益を共有する佐々木と宮野Ep1

のエピソード1 佐々木と宮野 すでにのような偉大なロマンスとのいくつかの類似点を示しています ホリミヤ君に届け、それはキャラクターが時間とともに成長し成熟するのを見るであろう人生のスライスと組み合わされた高校のロマンスであるという意味で。 ロマンスは純粋で健全であり、関係はあらゆるジャンルの健全な関係の兆候である夢中や欲望ではなく、尊敬と理解に基づいて構築されているようです。

読み続けてください:「男の子の愛」アニメが重要であり、スタジオがより良くする必要がある理由

我妻善逸は鬼殺しで眠っている間にねずこを守る:鬼滅の夜ば映画:無限トレイン

鬼滅の刃:我妻善逸はなぜ眠りに落ちるのか?


著者について

あなたはおそらくそれも好きでしょう

より類似した投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー