世界を信じる

ウクライナ危機をめぐるジュネーブでの米露協議:ライブアップデート

( oneechanblog ) – ウェンディ・シャーマン米国務副長官とロシアのセルゲイ・A・リャブコフ副長官が月曜日にジュネーブで開催された米国ミッションで。クレジット…デニス・バリボーズ/ロイター

ジュネーブ— アメリカとロシアの当局者は、ロシアがウクライナでの軍事行動を脅かしているため、緊張を和らげるための外交経路を見つけることを目的として、月曜日にスイスで激しい交渉を終えた。

ロシアの当局者は、8時間近く続いた一連の会談で、彼らが彼らのアメリカの対応者に彼らがウクライナを侵略する計画はないと言ったと言いました。 ロシアのセルゲイ・リャブコフ副外相は会談後、記者団に対し、「ある種のエスカレートするシナリオを恐れる理由はない」と述べた。

「話し合いは難しく、長く、非常に専門的で、深く、具体的で、鋭いエッジを越えて光沢を出す試みはありませんでした」とリャブコフ氏は言いました。 「アメリカ側はロシアの提案を真剣に受け止め、深く研究していると感じました。」

アメリカの主任外交官であるウェンディ・シャーマン氏は、ウクライナがNATOに加盟しないこと、そして同盟が安全保障協力を終了することを求めるロシアの要求を含め、米国は「米国にとって単なる非スターターである安全保障提案を押し戻している」と述べた。ウクライナと。

シャーマン氏は記者団との電話会議で、「NATO同盟の中心であり続けてきたNATOの門戸開放政策をだれにも非難することは許さない」と述べた。 「私たちは、米国と協力したい主権国家との二国間協力を放棄しません。 そして、私たちはウクライナなしのウクライナ、ヨーロッパなしのヨーロッパ、またはNATOなしのNATOについて決定を下すことはありません。」

双方は、外交の突破口への期待を打ち砕いた。

「今日は話し合いであり、お互いとお互いの優先事項をよりよく理解しました」とシャーマン氏は言いました。 「それは私たちが交渉と呼ぶものではありませんでした。」

リャブコフ氏は、会談の調子は「もう1つ楽観的になる」と述べた。「しかし、主要な質問はまだ空中にあり、ある意味で決定の必要性についてのアメリカ側からの理解は見られない。それは私たちを満足させます。」

シャーマン氏は、米国側は米国とロシアの中距離ミサイルがどこにあるかについての考えを提起し、米国は「軍事演習の規模と範囲に相互制限を設定する方法とそれらの演習についての透明性を向上させるためです。」

双方は、ロシアがその条件に違反していると何年にもわたって非難した後、米国が2019年に放棄した中距離核戦力条約を復活させる可能性について話し合った。

今週ヨーロッパ全土で行われる一連の議論の最初の交渉は、クレムリンが昨年末に目覚ましい外交攻勢で行った西側諸国からの「安全保障」の要求を中心に展開された。

12月、ロシアは、ウクライナおよび東ヨーロッパの他の場所での西側の軍事活動をロールバックし、本質的にはソビエトの一部であったものにロシアの影響力の領域を再確立する、米国およびNATOとの2つの協定の提案を発表しました。連合。

シャーマン氏が指摘したように、提案の多くは、冷戦スタイルの影響力のある地域は過去の遺物であり、各国が独自の同盟を選択できるべきであると主張する西側当局者にとっては先発的ではありません。

「私たちはそこに行って、彼らがテーブルに置いた条約を通過しませんでした」とシャーマン氏は言いました。

ロシアは、その要求は軍備管理をはるかに超えており、ソビエト連邦の崩壊後に西側が弱いロシアに強制したとクレムリンが主張するヨーロッパの安全保障地図の大規模な再描画を伴うと主張している。

ロシアが望むものを手に入れられない場合、ウラジーミル・プーチン大統領は先月、クレムリンはその目的を達成するために軍事的手段に訴える準備ができていると述べた。

あなたはおそらくそれも好きでしょう

より類似した投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー