未分類

呪術廻戦:最も嫌われている10人のキャラクター、ランク付け

( oneechanblog ) –

呪術廻戦 親しみやすいケントナナミや勤勉なマキゼニンから、圧倒的でありながら愛されている五条悟や龍門スクナまで、愛らしいアニメキャラクターが満載です。 ファンは、そのダイナミックな戦闘シーン、そのよく実行されたアニメーション、そしてそのやや予想外の軽快さのためにこのショーに群がります。

関連:呪術廻戦-五条のレベルに近い10人の魔術師

しかし、愛するキャラクターの長いリストの中には、ファンが嫌うのが好きなキャラクターの同じように長いリストもあります。 やめない悪行者から、正しい道をたどることができない英雄になる者まで、 呪術廻戦 軽蔑されている 文字。

10 吉野淳平は自分の持っているものに感謝しなかった


ゆうじと純平が歩みを語る

純平は何よりも誤解を招きましたが、彼の過ちは彼の命を奪いました。 彼は呪われた精神、マヒト(人々をミュータントモンスターに変身させることができた)に夢中になり、マヒトが彼を傷つけるとは思っていませんでした。 いじめにうんざりして友達を作るのに苦労したので、まひとの嘘に堕ちました。

しかし、虎杖悠司は純平の親友となり、純平はまひとを追って虎杖を裏切った。 結局、まひとは純平を怪物に反らせ、虎杖を裏切ることを余儀なくされた。

9 京都の親善アークの間、西宮桃は側のとげでした


モモがトーゲを救う_呪術廻戦

西宮モモと野原くぎさきとの戦いは、野原が彼女のスキルを披露する準備ができていたので、失望のように感じました。 しかし、モモの脱出能力がこれを難しくし、野原はチャンスを失ってしまいました。 その上、モモは野球の試合を含む京都の親善イベントでの主人公の努力を一貫して妨害しました。

モモは何もしていないので、特に野原が競争を破壊するはずだったので、他のキャラクターのスポットライトの邪魔になることがあるのは迷惑です。


8 マイゼニンはいくつかのことを解決する必要があります


アニメでのマイゼニンのデビューは、ファンの口だけでなく、野原の口にも悪い味を残しました。 彼女はマイが彼女と彼女の妹、マキに話す方法を嫌っていました。 マイは、呪われたエネルギーを持たないマキが、非常に問題のあるゼニン一族に虐待されるために彼女を放っておいたことに腹を立てた。 それで、彼女はそれを彼女の妹に持ち出しました。

関連:呪術廻戦-5アニメ先生サトルが勝つことができた(&5彼は負けるだろう)

京都の親善アークの間に、マイはついに彼女の妹と対決しました、そして、彼女の傲慢にもかかわらず、彼女はひどく力不足で準備不足でした。 マイは弱くも悪い性格でもありませんが、自分をファンのお気に入りと呼ぶ前に、やるべきことはたくさんあります。


7 花見が戻ってくる


呪術廻戦でのユウジとトド対ハナミ。

花見は、シーズン1で柔術の魔術師に敵対した呪われた精霊の中で最悪ではありませんでした。 呪術廻戦、しかし花見は何度も戻ってきて、いつも計画と脱出ルートを持っていることにイライラしていました。 花見はまた、京都の親善イベントの間に大きな脅威をもたらしました。

五条(その場合は花見も殺さなかった)がいなかったら、虎杖と東堂愛は深刻な問題を抱えていただろう。 花見は城郷やまひとほど迷惑でも不気味でもありませんが、花見はファンのお気に入りと見なされるキャラクターにとって重大な脅威です。


6 Jogoは傲慢すぎる


Jogo-災害の炎

城郷は自分自身を最強の呪われた精霊の一人と思い込み、彼の力は龍門スクナの力に近いとさえ思っていました。 しかし、彼は最終的に彼がどれほど傲慢であるかを知り、その傲慢さが彼の没落につながりました。

五条悟との戦いを何度も繰り返した後も、(花見の助けを借りて)戻ってきたが、五条やスクナとつま先を合わせるのに十分な力があると思っていた。 JogoはGojoによって破壊されただけでなく、King ofCursesによっても止められました。 ジョゴは強いのでとても嫌いですが、彼はひどい対戦に身を投じますが、彼はそれらがどれほどひどいのか気づいていません。


5 十三は迷惑だった&彼は彼よりもはるかに強力だと思った


十三は長くはありませんでした。 彼は京都の親善イベントで紹介され、人々の骨からアイテムを作ることへの彼の情熱は不安でしたが、マヒトのような他の呪われた霊ほど不安ではありませんでした。 全体として、彼の性格には影響力が欠けているように感じました。

彼は京都魔術師アカデミーの校長である学ガンジ義信に対抗しましたが、障壁が崩れるとすぐに恥ずかしそうに五条に敗れました。 結局、彼は主にコミックリリーフとして、そして校長が生徒を助けないようにするための小さな障害としての役割を果たしました。


4 牟田幸一がみんなを裏切った


呪術廻戦牟田幸吉リアルアピアランス

牟田幸吉(メカマル)は京都ソーサラーアカデミーの一員であり、東堂愛、全人舞、西宮桃などのキャラクターが東京の学校の生徒と戦うのを手伝いました。 コキチの体は虚弱で、他の人と同じように参加することができなかったので、彼は機械化された体を介して戦いました。

関連:呪術廻戦-これまでのアニメで最強の10人のキャラクター

京都グッドウィルイベントでの主人公に対する敵対者の立場に加えて、彼はまた、敵対者のマヒトとケンジャク/スグルゲトと協力していることを証明しました。




3 学ガンジ義信が学生を殺そうとした


吉信はギターを使って呪われたエネルギーを伝えます

吉信学ガンジは、これまでスクリーンを飾るのに最悪の学校関係者の一人でなければなりません。 学ガンジは京都の学生に虎杖悠司を処刑させるだけでなく、東京の校長も処刑させようとしている。

さらに悪いことに、彼は敵対する人々からの尊敬を要求し、京都の親善イベントでの呪われた霊の攻撃の間、彼はほとんど役に立たなかった。 彼の呪われたテクニックのクールでユーモラスな美学は彼の唯一の救いの恵みでした、しかしそれはおそらく彼に有利にファンを揺さぶるのに十分ではありませんでした。


2 Naobito Zeninは、Zenin氏族の多くの問題を担当しています


ナオビトゼニンニヤリ

禅人藩には多くの問題があり、直人はその中の一人でした。 氏族の長の一人として、彼は虐待、憎しみ、そして毒性の伝統を育み、最終的にマキ・ゼニンを追い払った。 彼は、マキの明らかな強さと力にもかかわらず、マキを魔術師として認識しなかったゼニン一族の主要な貢献者の一人でした。

同じく禅人藩から追い出されていた藤黒藤二氏に、息子のめぐみを禅人藩に売るよう説得しようとした。


1 マヒトはいくつかのファンのお気に入りを殺した


虎杖悠がドメイン拡大を破るのを見ている呪術廻戦のマヒト

マヒトは、不気味なことに加えて、殺すのが非常に困難であり、複数の人気のあるキャラクターの死に責任を負っていたため、最も苛立たしいキャラクターの1人でした。

彼は確かに強く、彼の呪われたテクニックは手ごわいものでしたが、それはまた残酷で視覚的に反発的でした。 さらに腹立たしいのは、彼が若い年齢にもかかわらずとても強いという事実です。 ファンは、メジャーを殺す前に彼が死ぬことを期待して何度も何度も罵倒され、そのたびに誰かの悲劇的な死をもたらしました。

NEXT:呪術廻戦-ファンのお気に入りのキャラクタートップ10

ホラーアニメ怖いハッピーシュガーライフ妄想代理人ひぐらしのなく頃にトリオヘッダー



一人で見たくないホラーアニメ10


著者について

あなたはおそらくそれも好きでしょう

より類似した投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー