世界を信じる

他の理由で入院したCOVIDで入院した多くのNYC患者

( oneechanblog ) – 新しい統計によると、州の入院コロナウイルス感染患者の40%以上が「非COVIDの理由」で入院し、ニューヨーク市の比率は「約50-50」であるとキャシー・ホクル知事は金曜日に述べた。

マンハッタンでの記者会見で、水曜日の州全体の42%の数字は火曜日の39%から上昇したとHochulは語った。

Hochulは、「COVIDと非COVIDの理由で病院にいる​​」人々の間には、「州のさまざまな地域で大きな違い」があると述べました。

「…数日前の時点で、COVID以外の理由で入院した人のほとんどは、ニューヨーク市にいます。 それは約50-50です」と彼女は言いました。

「そして、ニューヨーク州中部の北部で、実際のCOVIDのために79%が入院している場所を見てみましょう。彼らは、COVIDに感染しているため、入院する必要があります。別の理由とテスト陽性。

キャシー・ホクル知事は、ニューヨークでCOVID-19に入院した人の「約」50%が他の理由で入院したと発表しました。
ゲッティイメージズ経由のAFP

「それで、それは州全体で起こっていることの非常に興味深いスナップショットです」と知事は言いました。 「しかし、私たちが見ている変化は何でしょう。」

Hochulは月曜日に、州のオンラインHealth Emergency Response Data Systemを介して毎日のCOVID入院レポートを作成する病院に、COVID-19の患者が最初に入院した理由を区別し始めるように命じたことを発表した後、数字を発表しました。

「人々が病院に行く他のすべての理由を考えてください」とHochulは金曜日に言いました。

Hochul知事は、COVIDに感染した患者がウイルスまたはその他の理由で入院したかどうかを記録するよう病院に要求すると述べた。
AP写真/ハンスペニンク、プール

「ご存知のとおり、それは過剰摂取であり、自動車事故であり、心臓発作です。 それで、私はそれらの数字にドリルダウンしたかったのです。」

Hochulは木曜日からの内訳を詳述しなかった、そしてそれらの数はその日の後半に彼女のオフィスによって発表されたデータに含まれていなかった。

木曜日に、州保健局は、当局が「一貫性とデータの完全性を確保する」ために時間が必要であると言って、この問題に関する計算を発表することを拒否した。

また、Hochulの記者会見で、ニューヨーク長老派医療ネットワークのCEOであるSteven Corwin博士は、「私たちの病院システムには約1,200件の症例があり、そのうち約50%がCOVIDに感染し、50%がCOVIDに感染した」と述べました。 。」

「50%はワクチン未接種または部分的にワクチン接種されており、50%はワクチンを2回接種しています」が、COVID-19の症状で入院したのはどれかを特定しませんでした。

彼はまた、「ありがたいことに、子供たちの入院の方法はほとんどなく、今後も続くことを望んでいる」と述べ、これらの症例も「COVIDで50%、COVIDで50%」に分けられたと述べた。

金曜日の数字は、先月米国疾病予防管理センターがコロナウイルスの国内有数の株になったと述べた、伝染性の高いオミクロン変異体の継続的な急増の中で発表されました。

致命的なデルタ変異が優勢になった7月と8月にCOVID-19で入院した915人の子供と青年を対象とした研究では、約78%がこの病気の急性症状で入院し、約20%が「偶発的」感染症でした。

ニューヨーク長老派ヘルスケアネットワークのCEOであるスティーブンコーウィン博士はまた、COVIDを持っていた彼の病院システムに入院した患者の半数が他の理由でそこにいたと言いました。
ゲッティイメージズ経由のAFP

CDC Webサイトに投稿されたレポートによると、残りの2%は、現在または最近のコロナウイルス感染の証拠を含む重篤な病気である「小児多系統炎症性症候群」(MIS-Cとも呼ばれます)を患っていました。

あなたはおそらくそれも好きでしょう

より類似した投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー